企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15075件   回答数32395

運転手当の導入について

いつもお世話になっております。

この度、弊社内で新しく、運転手当の導入を検討しております。
弊社の複数あるうちの1つの事業所が最寄駅から遠く(車で25分程)、
またバスも2時間に1本ほどと交通便が非常に悪いため、会社で車を用意し、
従業員に交互で運転をしてもらおうと考えております。

その際、不公平とならないように、運転者に対し1回○○円程の金額を
支給しようと思います。

そこで質問ですが、
1、1回いくらほどが妥当性がございますでしょうか。
  時給1000円としその半分の500円にしようと思いますが、他社事例がありましたら
  ご教示頂ければ幸いです。

2、運転手当など新しい手当を導入するに当たり、何か考えておくべき要素は
  ございますでしょうか。


よろしくお願いします。

  • たっくくんさん
  • 兵庫県
  • 機械
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2020/01/14 12:55
  • ID:QA-0089606
この相談に回答する(会員登録)
『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/01/14 13:54
  • ID:QA-0089613

代表者

500円は安すぎる ?

▼所定労働時間を超える送迎運転時間は、当然、時間外労働として取扱うものと理解します。
▼この様に、従業員による交互運転の他社事例は耳にしたことはありません。
▼手当の目安は、所定労働時間当たりの賃金だと思います。仮に、2千円前後なら、往復で小一時間、半額の千円が必要ではありませんか?
▼因みに、平均時給が千円というのは、最低賃金に近いのですが、正しいのでしょうか?

  • 投稿日:2020/01/15 19:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答有難うございます。
やはり他社事例は少ない状況ですね。

最低賃金は上回っておりますが、手当での支給は難しいのでしょうか。
定時が8時30分~で、駅から事業所まで30分はかかるので8時から運転をしてもらおうと思っています。
業務時間外なので手当ではなく、時間外として支払う必要がございますでしょうか。

お手数ですが、ご確認頂けますと幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/01/14 21:05
  • ID:QA-0089636

人事・経営コンサルタント

業務性

まず自主的な乗り合いでなく、業務命令による乗り合い運転であれば業務ですので、給与が発生します。手当ではなく勤務時間として計算すべきです。他社では一般的に専門運転手を任じるか、専門サービスを委嘱するので事例は聞いたことがありません。安全確保や事故対応時の保険・補償など、企業リスクの大きさは自主管理でできるものとはいえないので、専門サービス外注との比較検討すべきと思います。

  • 投稿日:2020/01/15 19:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答有難うございます。
やはり他社事例は少ない状況ですね。

専門サービスが非常に高額になるため、従業員に運転をさせるかどうかを検討中です。
業務命令とするので、給与の中の手当の支給でも問題ございませんでしょうか。

お手すきの際にご確認頂けますと幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/01/15 07:59
  • ID:QA-0089639

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

運転手当の新設

このような手当は寡聞にしてしりません。
500円は時間単価から言うと妥当と思います。
仮に1回500円とすると、会社負担は月に朝夕×20日=延べ40回=20000円かかります。
都度、算定すると回数管理も大変なので、総原資をもとに運転手を担当する従業員に月額固定で手当化してはいかがでしょうか?
4名なら、一人当たり、月額5000円となります。
運転担当のシフト管理は担当従業員にまかせてはいかがでしょうか?

  • 投稿日:2020/01/15 19:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答有難うございます。
やはり他社事例は少ない状況ですね。

勿論最低賃金は上回る様に配慮致します。
運転手を固定するとその従業員の負担が大きくなるのでなるべく平均化したいと考えております。

手当として支給しても問題ございませんでしょうか。
お手すきの際にご確認頂けますと幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/01/15 17:37
  • ID:QA-0089661

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、他社事例に関わらず、御社で締結されている労働契約に沿って業務に就かせる必要がございます。

恐らく現状では運転手としての業務は契約内容に含まれていないものと思われますので、個々の労働者とご相談の上、就業規則への定めに加えまして当人から同意を得た場合にのみ新たな労働契約に当該業務内容を盛り込まれ実施する事になります。そして時給額といった具体的な労働条件についても、時間換算で最低賃金を上回る事は勿論、併せて当人の同意も必要になりますが、特段難しい業務態様というわけではございませんので、取り敢えず500円が希望でしたら提示されるとよいでしょう。

また手当新設につきましては、運用で混乱が生じないよう、支給額のみならず発生要件についてもきちんと定めておかれる事が必要といえます。

  • 投稿日:2020/01/15 19:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答有難うございます。

労働契約・就業規則に組み込む、手当の場合における新たな基準の作成、発生要件の確認など
非常に考えることが多岐にわたることが分かりました。

非常に参考になりました。
有難うございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
深夜手当を別の手当で支払う場合について
弊社では、夜間(20:00~27:00ぐらい)に運転する運転手に、運転手当を支払っています。しかし、その手当を支給する代わりに、深夜手当を支払っていなかったので、今回給料改定を行うにあたり、改善しようか、考えています。 運転手当は、深夜手当で計算するよりかなり多くなるため、従業員の方からは不満はあ...
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
営業手当導入について
当社の営業部員は直行・直帰が多いので、みなし労働制による営業手当支給規程を導入したいと思っています。そこで、 1.何時間相当分の時間外手当が妥当か。 2.深夜手当も営業手当に含むという条文を   付けることができるか。 営業手当導入にはいろいろを難しい点があると感じていますがご教示の程宜しくお願...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
継続雇用定着促進助成金
就業規則などによって60歳以上の定年を定めている会社が、その定年年齢の引き上げや、再雇用による継続雇用制度を導入した場合に支給されます。ただし、「65歳定年制」が施行されるまでの助成金と見られています。
マッチングギフト
「マッチングギフト」とは、企業や団体などが社会貢献を目的として寄附や義援金を募る際、寄せられた金額に対して企業側が一定比率の額を上乗せし、寄附金額を増やした上で寄附する上乗せ贈与制度のことです。近年、企業が従業員の募金活動を金銭的にサポートするしくみとして導入するケースが増えており、会社が従業員か...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...