企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

社有社宅廃止に伴う社員への説明時期等について

会社の事業が低迷しているため、社有社宅を廃止して土地・建物を売却することを検討して
います。現在の社宅入居者には、売却前に民間アパート等に転居してもらうことを考えて
います。会社からは労働組合(社員代表)に対して社宅入居者に先行して説明をして、
その後に社宅入居者に説明しようと考えています。
会社には、廃止しようとしている社宅以外に社有社宅はありません。

質問内容です。
①社宅廃止に伴って、社宅入居者に明け渡しを求めますが、説明時期に法的な制限(例えば
1年前には入居者に説明をしなければならない)はないと考えていますが、その理解で
宜しいでしょうか?
なお、社宅規則には「建物の修繕、移転売却その他の都合によって転居を求められたとき。」
には1か月以内に明け渡すことを明記されています。
②入居者が家庭の事情(子供の学校や介護等々)を理由に 明け渡しを拒むことはできるの
でしょうか。

宜しくお願いします。

投稿日:2019/11/01 08:37 ID:QA-0088094

kabuさんさん
新潟県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①につきましてはご認識の通りです。但し、重要な事柄ですので出来る限り早期の説明が求められるものといえます。

②に関しましては、社宅の所有者は会社ですし明け渡しの定めもなされていることからも原則として拒む事は出来ないものといえるでしょう。但し、こちらにつきましても、丁寧な説明をされた上で代替住居の手配等によって従業員が引き続き安心して勤務出来る状況を整えられることが必要といえます。

投稿日:2019/11/01 20:22 ID:QA-0088116

相談者より

ご回答ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日:2019/11/05 11:16 ID:QA-0088156大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

阿倍野区民さん
大阪府/その他業種

①社員から徴収する賃料が通常の賃貸とあまり変わらない場合、
借地借家法を準用される可能性が高いです。
この場合、貸主都合による退去は、6ヶ月前通知です。
あと、正当な理由が必要ですが、文面を見る限り一応の理由はあるかと思います。

通常の家賃より大幅に安い場合はこの限りではありませんが、
1ヶ月以内というのはあまりにも猶予がないと思いますので、
不要なトラブルを避けるためにも決定しているなら少しでも早いほうがよいのではないでしょうか

②についても、どうしても立ち退き拒否なら最終的に裁判ということになるのでしょうが
学校や介護ということであれば、近隣の物件であれば問題は解消ということかと思います。
転居のフォローなども可能な限り行って、理解を求めるのがよいのではないでしょうか

投稿日:2019/11/01 22:01 ID:QA-0088122

相談者より

ご回答ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

投稿日:2019/11/05 11:17 ID:QA-0088157大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

「1年前の説明」は、社会通念に沿った妥当な期間設定

▼社宅に関する何らかの社内規則や取決めがあれば、それに従って処理しますが、以下、格別の定めがないものとしてコメント致します。
▼説明時期に関しては格別の法的制限はありません。① のお考え通り、「1年前の説明」は、社会通念に沿った妥当な期間設定だと思います。
▼因みに「移転売却その他の都合によって転居を求められた時の1か月以内の明渡し」という部分は、単独身者は別として、通学、通園子女のいる場合には弾力的な運用が必要ですね。

投稿日:2019/11/02 11:38 ID:QA-0088125

相談者より

ご回答ありがとうございました。
入居者の立場に立って弾力的な運用を考えたいと思います。

投稿日:2019/11/05 11:19 ID:QA-0088159大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

社宅制度は福利厚生ですから、制度廃止を余儀なくされるケースも少なくありません。

特に法的制限や明け渡し拒否の余地はありませんが、会社の事情であり、

通常の退去と異なり、新しい場所を探すことや、今後の家賃等準備もありますので、極力早めにアナウウンスし、3ヶ月~1年程度の猶予は与えるべきと思われます。

投稿日:2019/11/02 13:09 ID:QA-0088126

相談者より

ご回答ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

投稿日:2019/11/05 11:20 ID:QA-0088160大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

対応

①法的な制限ではないものの、非常にデリケートな問題ですからていねいな説明は重要です。1年前であれば十分誠意をもって接していると感じます。
②基本的にはできません。ですが一方的にならないよう、特に通学への配慮などからもっとも早く対応するなど心がけ、誠意を見せましょう。

投稿日:2019/11/05 11:12 ID:QA-0088152

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社有社宅の強制について
当社では社宅について、社有のものと借上げの二種類があります。現在は会社施設ということもあり、借上げ社宅に入る社員が多く、社有社宅の空室が増えている状況です。そこで、社有社宅の家賃を今よりも下げた上で、借上社宅を当面廃止し、今後の社宅希望者は強制的に社有社宅を適用していこうと考えております。この場合、...
社有社宅入居への義務付けについて
当社は社有社宅と借上社宅の2種類があります。現在、社有社宅に空室がありますが、新たに世帯をもった社員に先ずは社有社宅に優先的に入居することを義務付けることは可能なのでしょうか。また、他企業の一般例はどのようでしょうか。ちなみに、当社の場合、転勤はありません。
社宅規程は必要でしょうか
弊社に社宅制度はありませんが、借り上げ社宅に入居させている社員がいます。 適切に課税処理しています。 借り入れ社宅に入居させる際の明確な基準はなく、希望者に対して提供しています。 この場合、社宅規程がないことが問題になることはありますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 社宅管理の最新実態──3割が今後、社有社宅を減少・廃止する意向
    労務行政研究所では、「社宅・寮、住宅融資制度に関する実態調査」を実施しました。本記事では、そのうち、保有の寮・社宅の動向に関する集計結果を中心に取り上げています。社宅については、隔年で調査しているものです。
  • 社宅代行関連サービスの比較と選び方
    『日本の人事部』編集部が取材した、人事サービス、人材ビジネスの最新製品、サービス情報。サービス選びから、導入時の注意、活用の仕方までご紹介。 人事担当者の業務は幅広いが、その中でも、専門知識が必要とされ、なおかつ業務が複雑な社宅管理をサポートしてくれる借上『社宅管理』に関するサービスをご紹介する。
  • 独身寮の運営に関する最新実態 独身寮の使用料は社有1万1302円、借り上げ1万2181円
    時代の流れとして減少傾向にあると思われた企業の独身寮だが、自社のアピールポイントとして、若年層社員の育成・コミュニケーションの場として、再度見直されつつある。入居条件、使用料など独身寮運営における諸取り扱いの現状を、労務行政研究所独自の調査結果から分析する。
あわせて読みたいキーワード
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...