企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15405件   回答数33288

会社都合を希望する退職について

先日、B000610の「中途採用者への退職勧告について」質問させていただきました。
その後、本人との面談により合意退職が決まり、退職届けを提出することも了解しておりましたが、退職届けを提出する前に本人から会社都合にして欲しいとの申し出がありました。本人としては会社都合のほうがメリットがあるので分かりますが、会社としてはこれ以上揉めることは避けたいからと簡単に会社都合にするのはどうなのかと思っています。
話し合いで合意した退職で退職届けを出す時になって会社都合とはいかがなものかと割り切れません。
先の質問で本人と会社の内容は記述いたしましたが試用期間内にも関わらず会社都合にするような退職ではないと思います。
そこで、退職者の視点では自己都合や会社都合の違いは分かりますが、会社側からの視点で会社都合にした場合のデメリット(社会保険料や税金その他)について教えていただければ幸いです。
一度でも会社都合の退職者があるとハローワークの求人が数ヶ月出来ないようなことも聞きました?
これから多数採用するのに本当であれば会社の死活問題です。
会社都合にデメリットがなければ辞める人のために誰でも会社都合にしてしまうと思います。
会社都合の規制や注意点とデメリットを伺いたく質問いたします。
よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2007/06/06 18:33
  • ID:QA-0008671
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/06/06 20:33
  • ID:QA-0008674

オフィス代表

お答えいたします

前回回答させて頂いた服部です。

ご利用頂き改めて感謝しております。

ご相談の件ですが、理由はともあれ会社側から退職の話を持ち出した時点でいわゆる「退職勧奨」になりますので、会社都合にするのが妥当と言うのが私の見解です。
話し合いの時点で内容を明確にしておく手もありましたが‥但し、その場合は恐らく本人が合意しなかったと推測されますので結果は同じでしょう。

会社が随分損をしたように思われるかもしれませんが、それにつきましては前回の内容を思い出して下さい‥

発端は上司への非公式な会話からスタートしたわけですので、本来であれば(つまり、そうした情報が伝わっていなければ)当該従業員に突然退職願いを出され、自己都合退職にはなりますが会社にとってははるかに大きな損害を招いたことでしょう。

今回退職合意が出来たことで、解雇予告手当も払わずに済んだわけですから、人材募集の時間的余裕の件も含め、会社都合退職でも会社側の受けたメリットは大変大きいといえます。

あと確実にいえることは、会社都合退職では雇用保険受給で本人に大きなメリットがあるということです。

税務面や求人利用の件については詳しく存じ上げませんので直接税務署及びハローワークに確認して頂ければと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/06/06 23:03
  • ID:QA-0008678

オフィス代表

ご相談の件について‥

ご返事早速頂き有難うございます。

ご指摘の規制の件ですが、助成金等が受けられなくなるといったことは確かに出て来ると思われます。

しかしながらその件になりますと、詳しく調べてみないと実際御社にとってどのようなデメリットがあるかは分かりませんし、当方も助成金・補助金関連はあいにく専門外で豊富な知識を持ち合わせているわけではございませんので、安易にこの場でお答えするわけには参りません。

ただ私が申し上げられることは、人事管理の観点から強引に自己都合退職に持っていくことには非常に問題があり、トラブルを生じやすいことは明らかですので、そうしたことにより会社の評判に傷がつくといったリスクも承知の上で敢えて金銭的勘定から対処する必要が果たしてあるのか?ということになります。

当初(前回)のご質問内容とは論点が変わっており、御社の財務面と絡んだ複雑なご相談内容になっていますので、私共としましては無料掲示板で解決されるよりは直接身近な専門家に事情をお話しされた上で慎重に対処されるのが賢明と感じております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定年退職時の退職金
お世話になります。 定年退職時の退職金支給について質問させてください。 退職金規定支給表に自己都合、会社都合がある場合、定年退職の場合は会社都合支給でよろしいのでしょうか? 
会社都合の退職
近日中に会社都合による退職をされる人がいます。自己都合退職の場合、本人が退職願を提出して、処理をするのが通常ですが、会社都合の場合、本人から出してもらう届出というのはありますか(会社として設定しているのは、退職願のみです)。 以前に会社都合退職があった時は、会社と本人で話し合い、合意した内容を合意書...
希望退職応募による退職
お疲れ様です。 当社では、会社状況厳しく、希望退職を募集しました。35才以上の社員に希望退職に応じるよう勧奨致しました。 この場合は離職票の退職自由は自己都合でなく、会社都合でよろしいのでしょうか? ご教授頂きたくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...