企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15397件   回答数33255

リファラル採用に対する従業員のモチベーション向上

いつも大変参考にさせていただいております。

弊社では数年前からリファラル採用を実施しているのですが、従業員からの推薦はほぼなく、制度が機能していないのが実情です。

制度の意義については十分に伝え、またインセンティブについてもそこまで悪くない報酬を提示しているとは思っているのですが・・・

報酬については今の水準で十分であると思っていますので、これ以上報酬を高くすることは考えていません。
そこで、インセンティブ以外で、リファラル採用に対する従業員のモチベーションを高める方法があれば、具体的に教えていただきたいと思い、相談いたしました。

また、リファラル採用の成功事例をご存じでしたら、あわせてご教示いただけると幸いです。

以上、何卒よろしくお願いいたします。

  • スッテンコロリンさん
  • 東京都
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2019/07/03 19:40
  • ID:QA-0085405
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/03 20:56
  • ID:QA-0085409

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、リファラル採用につきましては社員による人材紹介であることからも、主たる公募採用に対してあくまで補完的な手法であるに過ぎないものです。

従いまして、基本的には過剰な期待は禁物であってリファラル採用が少しでもあればよい(ゼロでも特に問題はない)といった捉え方が妥当ですし、積極的に制度利用を伸ばす事を考える必要性はないものといえるでしょう。つまり、公募であれリファラルであれ、結果的に優秀な人材を確保出来さえすればよいものといえます。

その上でリファラル採用の誘因になる方策を挙げるとすれば、会社側で考えられた制度利用意義を強調するだけでなく、紹介する社員や応募者側の観点から御社が魅力的と思われるような点を社内アンケート等を実施して探り出し、そうした点をアピールする為の社内見学会のようなイベントを開催されるのもよいでしょう。

  • 投稿日:2019/07/04 19:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご丁寧に回答いただき、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/04 11:29
  • ID:QA-0085418

人事・経営コンサルタント

風土

日本ではそもそも推薦という文化がなく、一般的にもなじみがありません。海外の事例からリファラルと称してシステムが紹介されるようになりましたが、そうした風土・土壌の違いが決定的に大きく影響していると考えられます。貴社以外でも大成功という例はほとんど聞きません。
むしろインセンティブが目的化してしまい、制度の主旨がインセンティブ獲得合戦になるなど、弊害は聞いたことがあります。社員にメリットがなければ、反応も無いでしょうから、金銭以外のインセンティブ、人事考課などでの処遇や、繰り返し呼びかけるなど、地味ですがじっくり取り組むしか無いように思います。

  • 投稿日:2019/07/04 19:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご丁寧に回答いただき、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/04 11:50
  • ID:QA-0085420

株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

ご質問に関して

お世話になります。

答えは、社内にあると思いますよ。

なぜ紹介をしてこないのか?
どうしたら紹介したいと思えるのか?

これらを直接、社員に聞いてみたらいいと思います。

もしかしたら、友人に薦めるほど「良い会社」と思っていないかもしれませんし、お金ではない何かの方が心が動くのかもしれません。貴方が想定していなかったような回答が出てくるかもしれません。

他社さんの事例も役立つでしょうが、社内マーケティング調査が一番正しい答えを得られると思います。

  • 投稿日:2019/07/04 19:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご丁寧に回答いただき、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
インセンティブ規程導入について
ご相談です。 この度、インセンティブ制度を導入する予定になります。 インセンティブ制度導入にあたり、インセンティブ規程として全社員に見える形にする必要はございますでしょうか。 インセンティブ制度を規程とした場合、会社の業績により一部減額や不支給も想定されますが、規程とした場合に、想定外の業績ダウンな...
非常勤の役員報酬について
お世話になります。弊社には税理士の非常勤役員がいるのですが(監査役です)、今回毎月の報酬とは別に税理士としての業務に対して、報酬を支払うことになりました。この場合、この報酬は、「役員報酬」なのか「弁理士等報酬」なのか、ご意見をお聞かせ頂ければと思います。(この報酬は1回限りです)よろしくお願いします...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 社員の「モチベーションアップ」のポイントがわかる記事7選
    社員の「モチベーション」は、個人のパフォーマンスはもちろん、組織の状態にも影響を与える、非常に重要な要素の一つです。モチベーションをいかに高めるかが、企業の成長を左右する、と言っても過言ではありません。しかし、モチベーションは目に見えづらく、測定が難しいため、実施する施策が本当に最適であるのか、悩む...
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
あわせて読みたいキーワード
リファラル採用
「リファラル採用」とは、自社の従業員に採用候補者を紹介してもらう採用方法のことをいいます。縁故採用やリクルーター役の従業員が外部から候補者を呼んでくる採用方法と似ていますが、リファラル採用では知人や友人など、すべての人が採用候補者になり得ます。近年、企業の人手不足感が続いており、新しい採用方法として...
インセンティブ
業績に連動した報酬の意味を持つ「インセンティブ」。しかし昨今では、単なる金銭的な報酬に限定せず、自己実現やモチベーションアップにつなげる施策として、個人の価値観に着目したインセンティブ制度を導入する企業も増えています。ここでは、インセンティブ制度のメリット・デメリットをはじめ、制度設計の注意点や成功...
トータル・リワード
「トータル・リワード」(Total Reward)とは、従業員に対する報酬(=リワード)を総合的な動機づけのしくみと捉える考え方で、金銭的報酬と非金銭的報酬をバランスよく包括した報酬マネジメント体系を指します。働く人の価値観やライフスタイルの多様化に対応するためには、賃金だけでなく、仕事そのものの面...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...