企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14433件   回答数30687

フレックスタイム制と半休の併用について

いつも拝見しております。
弊社では会社合併に伴い、合併先で既に導入されているフレックスタイム制と半休制度を
新会社でも導入することと致しました。
現状、合併先ではこの両制度の併用は運用上認めていないとのことでしたが、
年次有給休暇取得促進の流れもあり、併用ができないか検討するよう指示を受けました。
一見、相容れない制度のように思いますが、他社では併用事例もあるとのこと。
合併先の制度を新会社でも承継することを前提に運用上配慮すべき点があればお教えください。

<現行フレックス>
フレキシブルタイム 6:00~14:00、17:00~24:00
コアタイム 14:00~17:00
標準労働時間 7時間45分(9:30~18:15、休憩1時間)

<現行半休制度>
7:45を8時間に繰り上げ、半分の4時間を使用
前半休9:30~13:30(4H)、後半休14:15~18:15(4H)
原則として半休を取得した者には標準休憩時間を付与しない

以上、よろしくお願い致します。

  • 投稿日:2019/06/11 22:29
  • ID:QA-0084978

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/06/12 09:35
  • ID:QA-0084991

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、フレックスタイム制と年次有給休暇は別の制度となりますので、後者の半休制度を併用される事も可能になります。

但し、当日の勤務時間によっては半休利用が困難または不合理となる場合もございますので、例えば半休利用につきましては事前申請は勿論、原則としまして標準労働時間以上の勤務をされる日に限定される等半休の意義が失われないような内容とされるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2019/06/13 14:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/06/12 10:05
  • ID:QA-0084993

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

フレックスですから、始業・終業時刻は自由としなければなりません。

フレックス対象者も半休制度の対象とする場合には、以下2点を決めてください。
1.半休は、(例えば3.75)h勤務したものとみなす。
2.コアタイムについては、(例えば1)h以上勤務することとする。

  • 投稿日:2019/06/13 14:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/06/12 15:03
  • ID:QA-0085000

代表者

フレックスと半休制度の平行実施、特に問題はない

▼フレックスタイム制が労基法の規制対象であるのに対し、半休制度は法規制の対象外なので、労働者に不利を齎さない限り、任意に定めるころができます。
▼半休制度の時間処理として、ご説明の所定労働時間を8時間に繰り上げ、半分の4時間を使用する方式も格別、労働者に不利を齎すものではなく、経験的にも活用実績があれば、却って、採り入れ易いと思います。

  • 投稿日:2019/06/13 14:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム制における半日休暇(有給)について
フレックスタイム制においてコアタイムが10:00~15:00の 場合の半休はどの様に扱えば良いのでしょうか。ちなみに所定労働時間は9:00~18:00の8Hとなっております。
半休制度の「半日」の区切り
半休制度の導入を検討しております。 そこで、まず、有給休暇の定義についてお伺いします。 有給休暇とは午前0時から24時間を指すのでしょうか? それであれば、半休制度を導入するにあたり、「半日」の基準を所定労働時間の半分(具体的に弊社の場合は、9:30~17:30なので、14:00)を半休制度の「半日...
休憩を取る必要があるかどうか
弊社の所定勤務時間は9時から18時で12時から1時間の休憩になっています。特に残業する際の休憩はありません。 弊社には有給の半休制度があり、午前半休が9時から12時まで、午後半休が13時から18時までとなっています。 ある社員が午前半休を取得して、13時に出社して20時まで勤務しました。この場合7時...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
  • 組織活性化制度の実際
    人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。

あわせて読みたいキーワード

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍を...
ホワイトカラー・エグゼンプション 2005
アメリカの労働時間制度において、一定の要件(職種・職務や賃金水準)を満たすホワイトカラー労働者を労働時間規制の適用除外(exempt)とする制度。日本でも導入が検討されています。

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...