無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

評価制度の運用はしんどいもの。それでも、やる価値がある理由。

評価制度を導入している企業は多いと思います。

しかし、制度を適正に運用し、効果を出している企業はほんの一握りです。

 

最初に伝えます。

「評価制度の運用はしんどい」です。

そのため、本気で取り組む、やり抜く覚悟がなければ、成果は出ません。

それは、運営側も、評価者も、被評価者もです。

 

しかし、その「しんどさ」を認識し、それでも評価制度が組織にとって

重要であると「覚悟」を決め、本気で取り組んでいる組織は、成長します。

一方、多くの組織はその「しんどさ」を受け止めず、回避しようとするため

評価制度が形骸化してしまうのです。

そして、評価制度を導入している企業の8割はそうなってしまっているように

感じます。(あくまで感覚値ですが)

 

では、どのように「しんどい」のでしょうか。

 

1)経営理念や経営計画に連動した評価制度を構築する「しんどさ」

2)評価制度の目的や意義を全社的に浸透させる「しんどさ」

3)評価者や被評価者に評価制度の教育を行う「しんどさ」

4)評価制度を適切に運用する「しんどさ」

5)適切な評価を行うために期中のフォローをする「しんどさ」

6)目標や評価の目線合わせをする「しんどさ」

7)評価制度を毎年ブラッシュアップしていく「しんどさ」

など

 

評価制度の活用には、これだけの「しんどさ」に挑む覚悟が必要です。

 

その「しんどさ」を乗り越えて、評価制度を活かすために

私はクライアント企業の評価者に対してこう言います。

 

「評価制度は部下育成のツールです。皆さんは立場的に部下育成を

しなくてはいけません。そのためのツールとして、この制度を

活用してみて下さい。便利ですよ。」

 

確かに評価制度は「しんどい」けども、皆さんの業務に役立ち

ますよ。部下育成に使ってみてくださいね。と伝え、

「それなら、やってみようか」と意識させるのです。

(最初から「しんどいもの」と言ってしまうとネガティブに

受け止められるので、利点を伝えてポジティブな受け止め方を

してもらうということ)

 

いずれにせよ、評価制度は「部下育成」が目的であるという

意識をまずは持たせ、「やってみる」環境を作ることが大切です。

(評価制度を導入して1年目で完璧な運用ができる組織はまずありません。

少しずつ運用レベルを上げていくものだと思います)

 

人を育てるのは「しんどい」もの。

なので評価制度も「しんどい」のは当たりまえです

ただ、部下育成をやらなければ、組織は成長しません。

だからこそ、せっかく導入した評価制度をしっかりと運用する

ことが重要なのではないでしょうか。

 

評価制度にもメリット、デメリットはあります。

それでも、人材育成の手段・ツールとして、とても有効なものだと

私は思いますし、「しんどい」けども導入をおススメします。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 人事考課・目標管理
  • キャリア開発
  • チームビルディング

「研修設計のノウハウを広めています」

効果的な研修や人材育成を行なうためのワークショップ開催や資料提供、ファシリテーター派遣を行っています

今までに設計した研修は2000件以上。その満足度は90%以上いただいております。
真剣に人材育成に取り組んでいる企業・自治体や担当者様のパートナーとして
全力で支援し、人材育成で組織を元気にしたいと考えています。

飯島 宗裕(イイジマ ムネヒロ) 一般社団法人日本研修コーディネーター協会 代表理事/人材育成コンサルタント・日本酒コンサルタント

飯島 宗裕
対応エリア 全国
所在地 豊島区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

ジェンダーギャップを解消し会社成長を導く次世代リーダーを育成

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「ジェンダーギャップを解消し 会社成長を導く次世代リーダーを育成する」 について一緒に考えていきたいと思います...

2024/06/19 ID:CA-0005454 ダイバーシティ&インクルージョン