無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

短日勤務社員の月の所定労働日数について

弊社では1週間当たりの労働日数を短縮する、短日勤務社員の導入をしております(フレックスタイム制)。
例えば、週の所定労働日数が3日の社員の場合、
清算期間内(毎月1日から当月末)の所定労働日数は「暦日数÷7日×3日」と計算し、
その月の所定労働日数をもとに総労働時間を割り出し、総労働時間を超えた時間分を残業時間としております。

5月は5日間の祝日があり、単純に暦日数をもとに月の所定労働日数を算出すると、短日勤務労働者にとって不利な状況になるように思うのですが、大型連休があった場合も、暦日数を基準にして月の所定労働日数を算出して問題ないものでしょうか?

お忙しいところ、大変恐れ入りますがご意見いただけますと幸いです。

投稿日:2019/06/06 16:52 ID:QA-0084869

mmsaekiさん
東京都/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則の定めに基づいて計算されている以上、それが正しい所定労働日数の計算となります。

従いまして、祝日等で休日が多くなる場合でも所定労働日数が変わらないのは既定の労働条件であってむしろ当然の扱いですので、何ら差し支えはございません。

そうした取扱いで運営上何か問題があるようでしたら、労使間で協議し現行ルールを変更される事で対応すればよいでしょう。

投稿日:2019/06/06 21:32 ID:QA-0084886

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード