企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14433件   回答数30687

旅費交通費 宿泊費規定について

現在就業規則の見直しを行っており、従来の規定では宿泊費は役職別で全国一律の金額でしたが、変更後は首都圏と首都圏以外で設定する予定です。
この場合、金額の相場がわからず、首都圏は現在の金額のままとした場合、首都圏以外はどれぐらい下げるのが妥当でしょうか。
宜しくお願いいたします。

  • *****さん
  • 京都府
  • 商社(専門)
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/05/10 15:49
  • ID:QA-0084265

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/05/13 18:31
  • ID:QA-0084307

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特に一般的な相場というのはございませんので、各地域毎の宿泊費の実態調査をされ判断されるべきといえます。旅行会社等にお尋ねされますと、目安となる費用も把握出来るものと思われます。

但し、既存の宿泊費を引き下げるとなれば、労働条件の不利益変更となりますので、労使間で真摯に協議され、調査結果も踏まえた上で合理的な変更内容とされる事が求められます。

  • 投稿日:2019/05/15 08:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
いただいた回答を踏まえ、検討していきたいと思います。
ちなみに「既存の宿泊費を引き下げる」は今回質問した内容の細分化に該当しますか?
宜しくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/14 20:34
  • ID:QA-0084325

代表者

変更するなら、格差は1割程度、但し、首都圏なる用語は不適切

▼ビジネスホテル中心に地域別相場を可なり幅広く調べましたが、殆どが、広告的な予約サイトで、ご希望の客観的指針とはなり得ないものばかりです。
▼具体名は控えますが、全展開しているビジネスホテルには、都道府県別「ラックレート」という基本料金表があるらしいのですが、内々の資料で公表されていない様です。
▼客観性と信頼性の観点から、公的資料に依存したい処ですが、東京都:全国平均を、消費者物価地域差指数と地域別最低賃金に求めた処、<全国平均:100%に対し、東京都:104.4%、112.7%>とバラツキました。
▼いづれにしても、東京都と東京都以外の格差は、一割前後と考えて大きな誤りはないでしょう。
▼因みに、「首都圏」とは、関東地方1都6県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県)を含む地域なので、要注意です。

  • 投稿日:2019/05/15 08:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答いただきありがとうございました。
また色々調べていただき大変参考になりました。
いただいた回答を踏まえ、検討していきたいと思います。
例えば、細分化の際に分ける名称としてふさわしいのはどのような感じでしょうか?
宜しくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/15 10:34
  • ID:QA-0084341

人事・経営コンサルタント

判断

特段の規定がある訳ではありませんので、首都圏/名古屋/大阪/福岡/札幌あたりとそれ以外で1割程度差を付けることが多いようです。

  • 投稿日:2019/05/16 08:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答いただきありがとうございました。
地域区分もわかりやすく明記していただき大変参考になりました。
いただいた回答を踏まえ、検討して参りたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/15 11:02
  • ID:QA-0084345

代表者

細分化に際しての名称

「主張先別・宿泊費区分」といった表現ではないでしょうか。

  • 投稿日:2019/05/16 08:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

再度回答いただきありがとうございました。
こちらの質問で言葉が足りておらず申し訳ありません。
質問の内容としては、宿泊費を2つに区分するとして、例えば「主要都市(仮)宿泊費」と「地方(仮)宿泊費」などの名称です。
宜しくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/15 22:29
  • ID:QA-0084358

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「「既存の宿泊費を引き下げる」は今回質問した内容の細分化に該当しますか?」
ー 不利益変更に該当するという事であって、内容の細分化という意味には当てはまらないものといえます。

  • 投稿日:2019/05/16 13:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

再度のご回答に感謝いたします。
いただいた回答を踏まえ、就業規則の改定を進めていきたいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
就業規則の付属規定
 以前、就業規則の変更届を出した際に、付属規定には変更がなかったので、変更した本則のみを提出し、付属規定は提出しなかったのですが、問題ありませんか?付属規定も含めて就業規則であると思いますので、提出しなかったことが心配です。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
懲戒処分
「懲戒処分」とは、企業の秩序と規律を維持する目的で、使用者が従業員の企業秩序違反行為に対して課す制裁罰のことで、処分の種類には戒告、けん責、減給、出勤停止、懲戒解雇などがあります。懲戒処分の前提として、使用者は企業秩序を定立し維持する「企業秩序定立権」を有し、労働者は企業に雇用されることによって、...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...