企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14433件   回答数30687

派遣社員への食事補助について

いつもお世話になっております。


弊社では社員食堂があるのですが、そこでは食事補助をした金額を社員に請求しております。
(例 会社負担40% 本人負担60%)

派遣社員を雇入れる際に、社員食堂を利用してもらおうと考えているのですが
この場合、食事補助に社員と差を設けることは違法になるのでしょうか。
(例 会社負担0% 本人負担100%)


派遣社員への待遇を良いものにしていきたいとは思っており、食堂利用の利用自体の可否に
差を設けることは違反なことは承知しているのですが、このような補助の金額等も
差を設けることは禁じられたことなのでしょうか。

ご教示をお願いいたします。

  • jindaさん
  • 茨城県
  • 輸送機器・自動車
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/03/06 09:17
  • ID:QA-0082862

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/03/06 10:42
  • ID:QA-0082873

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

派遣社員の食堂利用

同一労働同一賃金の法令においては、派遣社員の待遇の改善は派遣先ではなく派遣元の責任となっております。
よって社員との待遇差があることについて、事業主として責任はありません。食堂の利用料金に差があることも問題はありませんが、派遣元が補助して結果的に本人が6割負担する方法が考えられます。

  • 投稿日:2019/03/06 13:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
派遣元で考慮すべき内容ということを理解しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/03/06 11:25
  • ID:QA-0082877

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、補助についても基本的に差を設ける合理的な根拠がない限り同様に行われることが必要といえます。

但し、食事補助の支給に関しましては、雇用主である派遣元企業において実施されるべき措置になります。従いまして、派遣元企業とご相談の上実際の支給につきましては派遣元から行ってもらうことが求められます。

  • 投稿日:2019/03/06 13:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

派遣元と内容について話していこうと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/03/06 11:48
  • ID:QA-0082878

代表者

派遣社員への食事補助

▼ 派遣社員の待遇改善は善意として良く分かりますが、派遣契約の性質上、金額の多寡に関らず、金銭的補助は、派遣元を通じての支給でなくてはなりません。
▼ 派遣社員自身には異存ないとは思いますが、一度、派遣元と相談して下さい。

  • 投稿日:2019/03/06 13:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

こちらとしては改善したいところですが、まずは原則に則る対応をしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/03/06 20:17
  • ID:QA-0082894

人事・経営コンサルタント

同一労働同一賃金

同一労働同一賃金はあくまで貴社社員に対して措置されるべきことで、派遣社員は貴社社員ではありませんので、この適用はありません。もちろん待遇を良くしてまずいことはありませんが、他社(派遣会社)社員に直接金銭を与えることはできませんので、派遣会社にまず意向を伝え、あとは派遣会社の判断で進めることになります。
派遣社員に直接話をしたりするのは避けなければなりません。

  • 投稿日:2019/03/07 08:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご連絡ありがとうございます。

まずは派遣会社との話し合いをしてみようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
保険料について
弊社では社員の保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料・介護保険料)について、通常折半であるところを会社側負担を大きくしています。 例えば 健康保険 会社負担7  社員負担3 介護保険 会社負担7  社員負担3 厚生年金 会社負担6  社員負担4 雇用保険 会社負担6  社員負担4 となってお...
部門研修>社員の一部負担の負担率について
部門研修において、社員の方で自己負担を希望し、部門では自己負担を希望する社員に対して強制力を行使せず、補助金として一部を負担する形で部門研修を進めようとしています。 その場合、部門と社員が負担する金額の比率に、法的な定めはないと思いますが、何を基準に参考として決めればよろしいでしょうか。 宜しく...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。