企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14273件   回答数30295

独身寮の移転について

いつも参考にさせて頂いております。
弊社では長年独身寮については特定の物件を借り上げ、一定の金額を徴収する形で社員に提供をして参りました。
この度、距離的な事もあり、独身寮の移転を決め、会社まで20分程度の物件に独身寮を移転をする事と致しました。

弊社は独身寮の入居について年齢的な要件もなく、20代~40台までの社員が入居しておりました。
今回の件で、個別に従業員にヒアリングを行い、「移転をするか」「自費で好きな物件に住むか」という様な聞き取りを行った結果、ほとんど従業員は移転をする事となったものの、年齢の高い従業員だけが、移転をしたくないと主張を始めました。

独身寮は会社の福利厚生施設であり、移転についてもよほどの不都合がない限りにおいては社員の同意は必要ないと考えております。若い社員は手取りも少なく、自費での借り上げは難しい場合もあると思いますが、当該社員については年齢も高いため給与水準も高い状態です。

本人の主張は以下の通りです。
・移転にあたっての十分な説明がない
・移転期限(2か月)短く、自費で他の物件を探すにも時間がない
 ⇒時間がないという割には移転先を見学に行ったりしている。
・そもそもの自費での負担をさせるのであれば不利益変更ではないか
 ⇒規定ではこの場合には若干の手当が発生します。

こういった主張にそもそも正当性はあるのでしょうか?
独身寮は会社の福利厚生施設であり、個別に従業員の事情を勘案する事や、あまり手厚く対応をする必要を感じておりません。

当該社員は権利主張についてだけは固執しており、業務については著しく問題があります。

アドバイスをお願い致します。

  • 博多の民さん
  • 東京都
  • 商社(専門)
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/01/08 09:12
  • ID:QA-0081409

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/08 10:20
  • ID:QA-0081419

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、福利厚生制度であっても、広義において労働条件の不利益変更に該当するものといえますし、社員寮であれば業務との関連性も強いですので、当該社員の主張にも配慮される必要がございます。

従いまして、社員寮の移転措置まで従業員の個別同意を得る必要性まではないと考えられますが、長年勤務し入寮されてきた経緯を考慮すれば手当の増額等何らかの代替措置を取られるのが妥当といえるでしょう。

恐らくは、配慮をされる際に「業務については著しく問題があります」という点が気になるのでしょうが、そうであれば福利厚生の問題とは切り離して、当人に対しきちんと注意指導を行い、それでも改善されないようであれば懲戒処分や場合によっては解雇も視野に入れられる等で対応されるべきといえます。

  • 投稿日:2019/01/15 11:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご意見ありがとうございます。
大変参考になりました。
とりあえず移転については4か月の猶予を与える事としようと思います。
また問題社員といってもメンタル系という事もあり、対応が難しい部分でしたが、まずはその問題と区分けをして対応を進めようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/08 12:16
  • ID:QA-0081430

人事・経営コンサルタント

対応

今回の移転は会社側の意思で行うことで良いと思いますが、一方不利益変更という申し立てには一定の正当性もあると感じます。要は急な移転ができないということが問題ですので、短くとも半年後、できれば1年後に移転するという計画であればそれに対応する十二分な時間を与えることができるのといえます。
しかし2ヵ月と期限を切ったのであれば、一時金など検討されても良いのではないでしょうか。

尚、社員の服務状況については本件とは全く関係ありません。そうした問題行動を放置する管理者の責任含め、会社として別途対応すべき問題です。「文句を言った者勝ち」という状況はモンスター社員を育てるだけですので、問題行動があった都度明確な指導や改善誓約などさせていく積み重ねがあれば解雇も可能になります。

  • 投稿日:2019/01/15 11:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答の程ありがとうございました。
大変参考になりました。
とりあえず4か月の猶予期間を設ける事と致しました。
ご指摘の通りメンタル系の問題も抱えている社員でございまして、対応が難しい部分もありますが、モンスター社員を育まない様に注意していきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社宅・寮を探す時の不動産会社について
社宅・寮を社員が探す時、どの不動産会社を利用するかは、社員の自由に任せたほうがいいのか、それとも会社が指定する不動産会社しか利用できないようにするのか、どちらがいいのでしょうか? また、どちらを採用している会社のほうが多いでしょうか?
本社移転に伴う派遣社員の交通費について
弊社ではこの春、移転の予定です。 昨年末より派遣会社に対し、移転の旨を通知しておりました。 移転に際し、派遣会社より通勤費が増える派遣社員を対象に、 差額交通費相当分もしくは一定額の補助について要請がありました。 社員対しては差額精算を行いますが、派遣社員については 検討しておりません。 この場合...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...