企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13923件   回答数29406

最低就業期間の設定は可能でしょうか

専門技術職者の採用に際し、スキルの統一を図る為
入社後約2か月間の専門トレーニングを受けていただいております。
研修にかかる費用は1人約100万、宿泊先の費用当社もち、また研修中の給与も支払っております。

同業他社で、同様の条件で研修制度を設けているところは少なく
人財は見つかりやすいのですが、半年~1年程度で退職をしてしまう方も多いです。
労働環境が悪いなどの理由は見受けられず、当社で技術を身につけ
更に良い条件を見つけて転職してしまうというケースです。
退職理由に事情がある場合は仕方がありませんが、研修目的のようにして
とりあえず入社してくるケースを極力回避する為に、何か良い手立てはありますでしょうか。
入社時の契約書に何か条件を設けるということはできるものでしょうか。
出来れば、最低でも2年、できれば3年は就業していただきたいです。

ご助言賜りたく、どうぞよろしくお願いいたします。

  • たきのやさん
  • 北海道
  • 旅行・ホテル
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2018/12/10 20:33
  • ID:QA-0080928

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/11 09:57
  • ID:QA-0080934

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通常の有期雇用契約であれば、その契約期間が最低就業期間と考えてよいものといえます。期間の途中でやむを得ない事情もなく契約解除する事は認められません。

従いまして、当初は2~3年の有期雇用契約を締結し、契約満了時に正社員とされるといった方法が挙げられるでしょう。

  • 投稿日:2018/12/11 11:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ありがとうございます。
募集要項は最初から「正社員」とうたっていますが、
この場合、最初の2年を契約社員のようにして
その間、継続して勤務していただく内容を盛り込めばよいのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/11 10:54
  • ID:QA-0080940

人事・経営コンサルタント

費用貸付

研修費の回収を理由とする退職禁止はできませんので、研修費を有料として費用貸し付け契約を個人と交わすような方法が考えられます。実際には本人負担は無く、3年かけて企業負担で返済が行われるような契約にするなど工夫が要ります。しかし「本人負担」であることを明確に周知する必要があるため、それが原因で採用に影響が出ることは考えられます。両者は二律背反ですのでやむを得ないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2018/12/11 11:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
確かに、応募を躊躇する方がいるかもしれないですね。
よく検討してみます。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/11 11:26
  • ID:QA-0080943

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

100万の研修費用について、詳細に金銭消費貸借契約を締結し、例えば、5年間連続勤務した場合には、貸与した費用の返済を免除するといった条件であれば可能です。

  • 投稿日:2018/12/11 11:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
様々な事情で退職を余儀なくされる方も多いので
まじめな方ほど、プレッシャーに受け取られてしまうかもしれないのですが
当社としても、費用の回収が目的ではなく
最初から、会社の費用で勉強して、少し働いて辞めればよい
というような事を避けられればと希望しております。
参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/11 11:49
  • ID:QA-0080946

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、ご認識の通り就業規則に定めを置かれると共に、採用時においてもきちんと説明されておくことが必要です。

  • 投稿日:2018/12/11 12:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

任期制自衛官の就職支援マンパワーグループ 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...