企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13637件   回答数28716

2019年からの有休取得義務化に関して

2019年4月以降に付与する有休取得義務化に関して質問です。
10日以上の年次有休休暇が付与される全ての労働者に毎年5日間、年休を取得させなければならないとありますが、弊社は年次有休休暇以外にも以下のような独自ルールを策定した特別休暇がございます。
(実際に採用しているルールではなく、あくまで例になります)

休暇名:夏季休暇
付与時期:2019年6月1日
付与日数:3日間
付与対象:正社員、契約社員
取得可能時期:2019年6月1日〜2019年11月30日の全営業日で利用可能

上記のような特別休暇を取得して休んだ場合、
義務化によって消化しなければならない5日に含めることはできますでしょうか?
例えば上記夏季休暇を3日消化した従業員は、あと2日分の年休を年内に消化すれば5日分の休暇を取得したとみなされますでしょうか?

  • マツダさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/11/18 14:42
  • ID:QA-0080488

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/11/19 09:26
  • ID:QA-0080499

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社が任意で設けている休暇につきましては、当然ながら年次有給休暇とは異なる性質のものになります。

従いまして、文面のような特別休暇に関しましても、年休の5日取得日数にカウントする事は出来ません。

  • 投稿日:2018/11/26 07:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
追加で質問がございます。

仮に2019年3月までに付与された有休(有休Aとします)が20日ある方がいて、2019年4月にさらに有休(有休Bとします)が20日付与されたとします。
その方が、2019年度中に有休Aを5日以上使って休みを取ったとします(有休Aの方が有効期限が短いため)。
その場合、義務化による年休の5日取得日数にカウントされますでしょうか?
それとも、さらに年休Bで最低5日取得しなければならないでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/19 10:05
  • ID:QA-0080503

人事・経営コンサルタント

特別休暇

会社独自のものや夏季休暇や年末年始休暇やなど、特別休暇という形のものは趣旨が違いますので、あくまで正規の有給休暇として増やされたものの消化を促進して下さい。

  • 投稿日:2018/11/26 07:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
追加で質問がございます。

仮に2019年3月までに付与された有休(有休Aとします)が20日ある方がいて、2019年4月にさらに有休(有休Bとします)が20日付与されたとします。
その方が、2019年度中に有休Aを5日以上使って休みを取ったとします(有休Aの方が有効期限が短いため)。
その場合、義務化による年休の5日取得日数にカウントされますでしょうか?
それとも、さらに年休Bで最低5日取得しなければならないでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/19 13:13
  • ID:QA-0080509

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

年次有休以外の会社独自の特別休暇は含まれません。

あくまで法定有休についての取得促進となります。

ただし、ご参考までに、計画的付与の場合は含まれます。

  • 投稿日:2018/11/26 07:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
追加で質問がございます。

仮に2019年3月までに付与された有休(有休Aとします)が20日ある方がいて、2019年4月にさらに有休(有休Bとします)が20日付与されたとします。
その方が、2019年度中に有休Aを5日以上使って休みを取ったとします(有休Aの方が有効期限が短いため)。
その場合、義務化による年休の5日取得日数にカウントされますでしょうか?
それとも、さらに年休Bで最低5日取得しなければならないでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/29 13:31
  • ID:QA-0080721

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

再度ご質問の件ですが、どの年度に発生した年休分であるかまでは現状問われておりませんので、年休を年5日消化させている限りそれで法的義務は果たしていることになります。

この回答は参考になった
参考になった:2名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
有休休暇の付与について
弊社では、入社した正社員には一律に20日の有休休暇を付与しています。これは、勤続年数等に関係ありません。そのうち、5日については、夏季休暇としており、7―9月中に取得することと規定しております。その上で、取得を促すために、7―9月中に取得しない夏季休暇(5日分)は、消滅するという形にし、それを有給休...
有給一斉取得にかかわる初年度の有給休暇付与について
4月1日に入社した場合10月1日に有給を10日付与しています。 8月に一斉取得日として3日使用した場合、 ①10月1日の有給付与は、3日を差し引いて7日の付与でもいいのでしょうか。 ②この3日は特別休暇として取り扱い、10月1日は10日付与しないといけないのでしょうか。 ご教示いただきたくよろしくお...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新春!2019年注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介



新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...