企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13637件   回答数28716

新卒応募者の断り方(年齢が高い人)

中小企業で人事・総務を担当している者です。

この度、自社で初めて新卒者(2019年3月大卒者)を採用することになり募集しております。

第二新卒が応募しないように①2019年3月に大学を卒業見込みであることを必須条件に掲載したところ、
30代後半の2019年3月大学卒業の候補者が来ました。

こちらの想定と大幅にズレがありますので断りたいのですが、エントリー段階で断ってもいいものなのか?職歴を聞いて何かしら勤務経験があると判断して断ってもいいものなのか悩んでおります。職歴がなかった場合、どう断ればいいかも悩んでいます。年齢が理由で断るのはダメだというのは知っています。

選考フローは、エントリー→会社説明&1日インターン→筆記→面接→内定と書いております。

相手に期待を持たせて会社説明会とインターンにわざわざ来てもらうのも悪い気がしており、こちらの手間も省きたいので、何かいい方法があればアドバイスいただきたいです。

  • 山本さん
  • 東京都
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2018/07/22 15:32
  • ID:QA-0077953
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/07/23 10:27
  • ID:QA-0077967

人事・経営コンサルタント

選考

基本的に新卒条件を満たしているのであれば、エントリー後選考して落とせば良いだけです。
ちなみにエントリーした学生は全員一日インターンを受け入れるのでしょうか?もし全学生をインターン受け入れするシステムであれば、管理上も少々乱暴に思いますが、そのように設定した以上は全員受け入れるべきでしょう。
現実的には結果として全員インターンに参加させるにしても、書類選考の結果進めるような仕組みに、今後は直ちに修正するべきと思います。

  • 投稿日:2018/07/23 18:17
  • 相談者の評価:参考になった

アドバイスありがとうございます。参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/23 18:17
  • ID:QA-0077980

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通常であれば当人も客観的に不利な状況での応募である事は十分承知の上と考えられますので、特にお気遣いは不要でしょう。

一方で、非常に良い人材である可能性も全くないとは言い切れませんので、早々に選考外とされる必要性はないものといえます。わずか1名の事であれば内定を出されるわけではございませんので、さほど事務上の手間もかからないものといえます。

つまり、他の新卒者と同様にインターンや筆記試験での様子を見られてからの判断にされるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2018/07/23 18:35
  • 相談者の評価:参考になった

アドバイスありがとうございます。新卒の教育リーダーが28歳で、同じ資格者ということもあり、採用後の教育が重いと思っております。確かにアドバイスいただいたように1名なので呼んでもいいかと思っています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「新卒採用コンサルティング」とは
    採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
  • 中途採用の「実務」【4】事前準備
    中途採用を行うにあたり必要な事前準備(ツール準備、担当者設置・社内広報、応募対応・連絡)を、項目別に詳しく解説する。
  • 若手採用のパラドックス
    せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いのだが――。

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新春!2019年注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介



新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...