企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12958件   回答数27076

契約社員の条件が変わる場合の年次有給日数の算出について

お世話になっております。

以下について、質問させてください。

○10年以上勤続している週4日勤務の契約社員がいます。
○毎年3月16日に契約社員の契約を更新しています。
○弊社は、9月16日を有給一斉支給日としています。
○契約社員の都合で、9月1日より週3日の勤務を申し出ています。

質問1.
9月16日の時点では、週3日の契約ですが、1年間の所定労働日数としては169日~216日の範囲内です。
この場合は、週4日で6年6ケ月以上の15日を支給するのが妥当でしょうか。

質問2.
169日~216日について、216日は週4日を54週で数えた日数だと思うのですが、169日は何の数字なのでしょうか。
216日の8割にあたる日数(216 x 0.8 = 172.8?)でしょうか。
週4日を53週で数えた日数(53 x 4 = 169.6 小数切り捨て)でしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

  • 開発者さん
  • 神奈川県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/04/17 17:34
  • ID:QA-0076134

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/04/17 19:53
  • ID:QA-0076138

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問について各々回答させて頂きますと‥

質問1:年休の付与日数につきましては、付与日の労働契約内容に基づいて行われます。
従いまして、付与日の9月16日の時点で週3日の契約内容であれば、週3日の比例付与日数が適用されますので、6年6カ月以上の11日付与になります。
 尚、1年の所定労働日数で判断されるのは、あくまで週の所定労働日数が決められていない場合ですので、いずれにしましてもこの方の場合には適用されません。

質問2:年休の比例付与日数に関わる区分につきましては、労働基準法第39条第3項におきまして厚生労働省令で定めるものとされており、厚生労働省令となる労働基準法施行規則第24条の3第3項におきまして、週4日の所定労働日数に対応する1年間の所定労働日数が169日~216日の範囲と定められています。
従いまして、特に範囲区分の方法が明確に決められているわけではなく、厚生労働省の判断で区分されているものといえます。週4日で単純計算しますと1年でほぼ208日、週3日ですと1年でほぼ156日となりますので、相応の区分になっているものといえるでしょう。いずれにしましても、法令上で確定されている日数ですので、こうした日数区分に従う事が求められます。

  • 投稿日:2018/04/18 09:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

御回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/04/17 21:47
  • ID:QA-0076140

代表者

付与日現在の契約に基づき付与は11日、週所定と年間所定は独立した算定基礎

▼ 付与日数の算定基礎となる「1年間の所定労働日数」は、「週4日」の場合にこそ、54(週)との積算で、216日と合致しますが、それ以外の「週3日~1日」の場合は一致しません。
▼ 従い、「週所定」と「年間所定」とは、個々の契約に応じ、独立した算定基礎と理解すべきだと思います。
▼ ご相談事例では、有休日数は、付与日(9月16日)現在の契約(週3日の契約)に基づきます。依って、付与日数は、11日となります。

  • 投稿日:2018/04/18 09:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

御回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パートタイマーの雇用契約について
パートタイマーの雇用契約を行う際に、週によって勤務日数や勤務時間が変動するケースがあると思います。その場合、例えば週の労働時間を「30時間から39時間」、週の勤務日数を「3日から5日」という契約書を交わしていますが、どのように契約を結ぶのが望ましいでしょうか?
契約社員の更新について
いつもお世話になっております。 現在弊社では数名の契約社員がおりますが、事業の悪化により 契約社員の削減を考えております。 そこで、 ①現在1年契約を6カ月もしくは3カ月契約に変更 ②賃金の削減 以上の2点を行いたいと思うのですが、何か問題はありますでしょうか。 また、1週間後に契約更新1カ月...
契約社員の雇用契約書
はじめて質問させていただきます。無期転換した場合の契約社員との雇用契約書には、契約期間は、初めから空欄にして月日はいれないのでしょうか。また、契約社員就業規則には、無期転換できる旨の条項を必ず設けないといけないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...