企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13923件   回答数29406

短時間アルバイトさんの交通費について

歯科医院を経営しています。歯科衛生士専門学校の学生アルバイトがおりますが、出勤回数は週に2~3回。1日の勤務時間は3~3.5時間程度です。本人の自己都合により、学校が終わった後、一度、自宅に戻り、再び自宅から自転車で最寄り駅へ向い、電車で通勤しています。クリニックの最寄駅からは徒歩6~8分で到着します。PM 5:00頃から勤務開始。PM 8:00~PM 8:30頃には退社します。交通費が1カ月のアルバイト給与額の10%程度となっています。原因は本人の自己都合の自宅から最寄駅での自転車駐輪所費用です。
顧問税理士の意見は「往復の電車代だけで良いのでは?」と指摘もありました。1カ月のアルバイト給与額が3~5万円程度です。給与額自体が3万円位の場合、それプラス交通費が、3,000円程です。自転車駐輪所費用をカットする場合の適切な事由などを御教え下さい。

  • 投稿日:2018/03/16 20:22
  • ID:QA-0075564

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/03/19 10:11
  • ID:QA-0075578

人事・経営コンサルタント

話し合い

まずすでに認めてしまった交通費を減額するのは、しっかりした就業規則や交通費規定がある会社でも厄介です。それらがおありなら、規定に反しているので修正をお願いすることになります。もちろん戦力として換えの利く人材であれば命令でも良いでしょうが、状況放置した雇用側の責任は少なくないので、まずは話し合いが優先と思います。

こうした労働条件の問題は最初になあなあにしておくことで、後日大きなツケとなります。
採用時にわかっていたことなので、今後の糧として採用時には十分ご留意下さい。

  • 投稿日:2018/03/19 10:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

御丁寧にありがとうございます。再度、顧問税理士と相談してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/19 11:01
  • ID:QA-0075583

代表者

医院側の決定事項だが、駐輪所費用支給は本人には格段の値打ちが。・・・

▼ 通勤手当は、法律上必ず支払わなければならない義務があるものではなく、労使の話し合いや事業主の決定にゆだねられているものです。
▼ 就業規則には何らの定めもないようですね。本人の勤務態様でしたら、顧問税理士さんのご意見「往復の電車代だけ」とするも良し、確認可能な「駐輪所費用」を加算してあげるのも良し、と言った処でしょう。
▼ 給与額自体が3万円程度なら、不可避な駐輪所費用の支給は、本人にとって、格段の値打ちがあると思います。

  • 投稿日:2018/03/19 11:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

御丁寧なアドバイスありがとうございます。とにかく今時の若い学生さんは意思の疎通を取るのも一苦労と言うのが現状で常識以前の問題も多々、あります。当初、現場(クリニック)のスタッフも相当、交通費の件だけでも本人に確認する作業が大変だった様でした。「やはり年度変わり」と言う事で、顧問税理士と相談の上、再検討してみたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/19 11:18
  • ID:QA-0075584

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤費用につきましては就業規則上に定められた支給条件に基づいて支給されるものになります。

従いまして、本来自転者駐輪所に関わる支給の定めがなければその必要はございません。

しかしながら、自宅から出勤するのは一般的な通勤としてはむしろ当たり前といえますので、採用当初からそのようにされているのであれば、専門学校から直接来なくとも必要な通勤費用は支払われるべきといえます。

さらに規定根拠がなくとも現行支給されているとなりますと、明らかに誤っての支給でない限り規定よりも実態の方が優先されますので、これをカットすることは労働条件の不利益変更となり当人の同意がなければ出来ませんので注意が必要です。

以上は人事労務面からの回答になりますので、税務面の詳細につきましては顧問税理士にご確認頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2018/03/19 11:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

御回答ありがとうございました。他の方からのアドバイスも踏まえ、「年度変わりの見直し」と言う事で顧問税理士と相談の上、本人に提案し、無理なようであれば現行のまま。と言う事になる想定で、進めていこうと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
給与課税
弊社はアルバイトへ制服を貸与し、毎月の給与からクリーニング代として1000円を控除しております。この場合、アルバイトの給与が20万円としたら、課税対象額は20万円から1000円を控除した19万9000円とするのか、20万円が課税対象額か教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 発生しうるリスクを意識した管理が必要!従業員の「自転車通勤」をめぐる問題点と社内規程・書式の作成例
    昨今、エコブームや健康を意識して、都市部を中心に自転車通勤を始める人が増えています。それに伴い、自転車通勤によるリスクも高まっています。今回の記事では、通勤中に事故が発生した場合の対応や通勤費の取扱いなどについて、わかりやすく解説しています。
  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

任期制自衛官の就職支援マンパワーグループ 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...