企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12226件   回答数25316

転籍者への賞与支給

グループ会社間で当社より1名(以下A)転籍が11月末付で行われました。
当社では12月末に賞与支給が行われますが、その支給対象期間は4月~9月で、Aに対しても当社から賞与支給を行うことになりました。
但し当社の賃金規程では、賞与支給対象者は支給日に在籍する者と規程されています。
転籍者に対しては特段の規定はないのですが、当社から転籍者に対して賞与を支給しても、グループ会社に在籍ということで問題ないでしょうか。
また、転籍後にAに対して転籍先から賞与支給(賞与支給算定期間は同一)が行われますが、来年6月の賞与支給に当たって、算定期間10月~3月のうち10月11月は当社負担とし、相当額を転籍先に資金を動かすことになる予定です。
その場合の会計上の処理、及び税務上の問題点等をご教示いただければ幸いです。
以上よろしくお願いいたします。

  • ニホンバシさん
  • 東京都
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/12/07 11:27
  • ID:QA-0073873

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/12/07 12:14
  • ID:QA-0073878

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず、前段の件につきましては転籍=退職を意味しますので、賃金規程に基づけば賞与支給無という措置になります。賃金規程を含めた就業規則につきましては、個々の事業所に適用されるものですので、グループ会社に在籍されても御社に在籍されていない以上支給義務は発生しません。

しかしながら、当然ながら賞与支給は転籍者に取りまして有利な措置になりますので、適用対象外であっても特例として任意に支給される措置については差し支えございません。また、今後も同様の措置を取られる意向でしたら、これを機会に賃金規程上にグループ会社へ転籍の場合支給される旨の定めをおかれるとよいでしょう。

そして後段の件につきましては、10月・11月分に関わる賞与は御社での就労に対する支給内容になりますので、合理的な負担費用としまして損金処理の扱いが可能といえます。
その他会計処理及び税務の詳細につきましては、専門家である公認会計士または税理士にご確認頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2017/12/07 22:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答を有難うございます。賞与支給日に在籍してなくても合理的な理由があれば賞与支給は可ということですね。後段についても参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/12/07 13:59
  • ID:QA-0073882

代表者

転籍前に決着させるのが無難

▼ 「支給日在籍主義」の下では、法的には、本人は、支給日には在籍しておらず、賞与の支給対象とはなりません。移籍先がグループ会社であるか否か問いません。
▼ ご相談では、例外として、支給することに合理的な理由があれば格別問題はありません。この局面でも、グループ会社であるか否かは無関係です。
▼ 次に2つ目の問題ですが、来年6月の賞与(対象期間10月~3月)の内、転籍前の2カ月間の実績が不支給となるのを避けるという考えなら、転籍前日に、御社で標準賞与額を支給されるのが話の筋としては通り易いのではありませんか。
▼ 転籍後、御社から「相当額を転籍先に資金を動かす」ことに就いて、正当、且つ、明快な説明が出来ないと税法上、転籍先に対する贈与と看做される可能性が高いと思います。税理士さんに確認して下さい。

  • 投稿日:2017/12/07 22:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答を有難うございます。賞与支給日に在籍していなくても合理的な理由があれば支給可ということですね。2つ目の問題ですが、既に転籍しているため、転籍前の賞与支給は最早できません。転籍先への資金移動が贈与とみなされないよう合理性のある根拠を揃えておくことを考えます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
賞与の支給月変更に関して
いつも参考にさせていただいております。 さて、賞与の支給月変更を検討しておりますが、変更に伴う問題点がありましたらご指摘頂きたく思います。 賞与算定期間・支給月 夏: 1月~6月 →7月支給(現在:12月~5月→7月支給) 冬: 7月~12月→1月支給(現在:6月~11月→12月支給)
1人だけ賞与支給
当方、従業員が10人未満の小さな会社です。 7月と12月に賞与支給をしていますが、このたび設立時より会社に貢献している社員に対し、 一時金を特別賞与と言う形で支給して欲しい、と社長より言われました。 時期は6月ですが、1人だけ賞与支給することは問題ないのでしょうか? よろしくお願いします。
賞与の査定期間と算定期間
賞与の支給は年間2回、半年ごとに査定を行い賞与を支給する会社が多いですが、 賞与査定期間を重複させた場合、問題はありますでしょうか。 例えば以下のように考えています。 ①査定期間4月~ 9月(6か月) → 12月賞与支給 ②査定期間4月~ 3月(1年間) → 7月賞与支給 また、8月に入社した...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
  • 好況時に優秀な人材を採用する難しさ
    景気が上向きに転じると、同じような求人が乱立して競争が厳しくなったり、転職希望者が忙しくなって転職活動をできなくなったりと、難しい問題が出てくるため、好況になったからといって喜んでいられないのが人材紹介。優秀な人材を採用するために、どのような対応をしているのでしょうか――。
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
「注目のセミナー特集」新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学生が選ぶインターンシップアワード 社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「注目のセミナー特集」
課題解決のノウハウが満載!

新たな人事ソリューション導入をご検討の企業様向けに厳選セミナーをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...