人事のQ&A

相談数11769件   回答数24352

社員にストックオプションを渡したい

資本金1億、剰余金5億、売上10億、従業員6名、税引前も2億以上でている中小企業です。
ここ数年非常に業績が良く、役員報酬も上げたのですがそれでも純資産が大きくなってしまっています。
今後も20%近い成長率を数年は維持できる見込もあり、このまま純資産ばかりが大きくなって行くことに疑問と懸念があり、代表よりどうにか対策はないかと相談を受けました。

代表の意向
これ以上大きく役員報酬を上げるつもりも無く、子供もいないため自分の資産が膨らむことに魅力を感じていない
従業員に経営参画してもらいたい
従業員に還元したいが、経常的な収入である給与の大幅アップをして皆の生活ががらっと変わることが良いこととも思えない。(現在従業員平均650万程)
今のところIPOも検討していない。(今後検討する可能性はある)
代表が100%株主であり、IPO以外で株式が分散されることは望んではいない

私の提案①
従業員に取得条項付株式のストックオプションの無償発行
4年後から10年後に渡り、段階的にストックオプションを行使。行使価格はストックオプション発行時の株価(純資産額÷株式総数)とする。(税制適格要件の行使価格1200万円を超えないように)
取得条項により即座に会社が買取り。買取額は、行使時の株価(純資産額÷株式総数)とする。
従業員には発行時の時価と行使時の差額を支払うことで、行使時の金銭負担を無くし、かつ発行時からの努力の成果としてインセンティブを受け取れる。


関連法規もまだあまり調べていませんが、ストックオプションを使えば代表の意向を組んだ対策ができるのではと思います。
税務面、法務面はまた別に検討しなければなりませんが、人事面からみてこのような対策はどう思われますか?
また、他にこんなことができるんじゃないかというようなご提案があればお伺いしたいです。

よろしくお願いいたします。

  • ぷにょんぺんさん
  • 東京都
  • 化学
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/07/13 15:35
  • ID:QA-0071541

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/07/13 20:31
  • ID:QA-0071549

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、人事面から見ますと、ストックオプションは通常労働基準法上の賃金に該当しませんので、いわゆる福利厚生的な施策の手法としまして有用な制度といえるでしょう。

但し、一種の労働条件に該当する事から、就業規則への内容記載は不可欠です。

また、会社運営の元となる株式を直接取り扱う制度であることから、経営・会計面で生じるリスク等を関連分野の専門家のアドバイスを受けられる等十分検討された上で導入されることが重要といえます。

ちなみに、従業員への利益還元という観点からいえば、賞与への金額上積みまたは決算賞与等の臨時賞与にて支給されるという方法が従業員にとりまして分かりやすくモチベーションアップに繋がりやすいですし、一方で会社に取りましても通常の給与アップと異なり賃金の高止まりに繋がらないといったメリットがあることから、有効性が高い手段であるといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/07/19 11:42
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。
やはり他には臨時賞与しかないですよね。その確認ができよかったです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
従業員代表の選出について
当社は、労働組合がありません。 したがって、従業員の中での選出による 従業員代表との間で労使交渉を行うことになります。 従業員代表についてですが、 本社以外に、東京事業所と中部事業所があります。それぞれの事業所毎に従業員代表の選出が必要でしょうか。 従業員の過半数の承認が必要である従業員の中には、契...
海外子会社従業員へのストックオプションについて
弊社では海外子会社の従業員へ対してもストックオプション付与を検討しており、実際に行使する際にかかる課税方法や諸手続きなどで注意すべき点・進め方についてアドバイスをお待ちしております。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 企業のメンタルヘルス対策“十分に活用されている”のはわずか4% ~「ストレスチェック義務化法案」成立を受けた企業の動向を調査 ~
    従業員数50人以上の全ての事業場に、年1回のストレスチェックの実施を義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)」が 2014年6月19日に国会で可決・成立し、より体系的な従業員のストレス状況への対応が求められることになりました(50人未満の事業所は努力義務)。...
  • 常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など
    成果主義やコーポレートガバナンスの高まりの中、役員報酬の業績への連動や退職慰労金の廃止など、役員の報酬制度に関する見直し・再構築の動きが急速に進んでいます。こうした中、労務行政研究所では「役員の報酬・賞与、退職慰労金などに関する調査」を実施しました。本調査は1986年からほぼ毎年行っているものです。...
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
2019年度 新卒採用特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


内定辞退防止・早期戦力化だけが目的ではない<br />
組織活性化や先輩社員の成長につながる「内定フォロー」とは

内定辞退防止・早期戦力化だけが目的ではない
組織活性化や先輩社員の成長につながる「内定フォロー」とは

近年問題になっている若手社員の早期離職を解決する方法として「内定フォロ...


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...