企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12849件   回答数26792

技術部門での外注業者の受け入れについて

いつも明確なご回答を頂き、有難うございます。

さて、今回弊社技術部門より「設計開発工数が不足しているので、設計外注の方に技術部門のフロアに通って頂き、設計開発業をお願いしたい」との申し入れがありました。

詳細を確認したところ、弊社の社内設備の一部を設計外注していた会社の従業員を、弊社設計部門の職場で、弊社のCAD等を使用してもらい、製造現場でも設備を確認しながら設計開発を進めてもらいたいとのことでした。主旨として、「迅速かつ正確に業務を進める上で効率的である」と技術部門は判断しています。

小職としては、派遣や請負と類似しているのではないかと懸念していますが、技術部門はどうしても進めたいとの一点張りです。

上記「設計外注の受入」を進めるにあたり、まずは受入が可能か否か、可能な場合、どのような注意点、手続きが必要となるのか、お教え願えないでしょうか。

わかりにくい事象かもしれませんが、宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2017/06/13 17:10
  • ID:QA-0071060

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/06/13 22:59
  • ID:QA-0071067

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした設計外注につきましては、他社の従業員が業務に従事することから基本的に業務請負に該当するものといえます。

業務請負であれば、御社から指揮命令を下す事が出来なくなりますので、請け負われる業務内容を説明された後は、勤務場所が御社であっても業務の進め方については外注業者及びその従業員に任せることが必要です。

逆にいえば、そうした御社従業員との区別が明確がなされる事で、業務請負としての設計外注も実施が可能といえます。

  • 投稿日:2017/06/19 07:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご回答、有難うございます。

業務の指示命令について、派遣としっかり区別して進めていけば問題ないと認識しました。

担当部署とよく検討し、進めて行きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/06/14 11:30
  • ID:QA-0071085

代表者

「業務委託方式」が最適の選択肢

▼ 「外注」の法的定義はありませんが、通常、「製品を生産する際、その全部または一部を外部企業に発注して生産させること」を幅広く指します。
▼ その観点からは、「派遣」は対象外で、「請負」や「業務委託」(法的には、準委任契約)のいずれかになります。
▼ 製造現場で、御社提供の CAD 等を使用し、問題の「御社ヤード内における設計開発する業務委託」は、「既委託契約への追加」であり、業務遂行面、物理的場所の隔離等の独立性が確保できれば、「設計外注の受入」は可能です。
▼ 尚、「請負契約化」には、外注目的物である「設計開発」が余程、具体的にシッカリ固定化しなければ本件に適用することは難しいと考えられ、結論的には、「業務委託方式」が適していると思います。

  • 投稿日:2017/06/19 07:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご回答、有難うございます。

設計業務を行うエリアなどを明確に区別することは現実的に厳しいと考えており、業務請負にて進めるしかないと考えております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
適正な直間比率について
電子機器商品の設計会社ですが、設計開発部門等の直接部門と管理、営業部門等の間接部門との適正な直間比率(人員比率および人件費比率)の参考資料はありませんでしょうか?
「社内外注」と「請負」の違い
「請負」については理解していますが、「社内外注」というのは 一般的な外注とは違い、社内の設備を利用して業務を請け負うようなイメージがあります。 「請負」との違いはどこにあるのか教えてください。
年休の計画的付与の一部門への導入
年休の計画的付与の導入を全社ではなく、一部門のみで行う、ということは可能でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

就活図書館
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...