企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「社内外注」と「請負」の違い

「請負」については理解していますが、「社内外注」というのは
一般的な外注とは違い、社内の設備を利用して業務を請け負うようなイメージがあります。

「請負」との違いはどこにあるのか教えてください。

投稿日:2010/07/14 20:07 ID:QA-0021729

*****さん
長野県/半導体・電子・電気部品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

基本的考え方

「社内外注」という法的取り決めではなく、基本的には請負と同じと考えていただくのがよろしいかと存じます。
いずれの場合も勤怠管理や勤怠管理と見なされる管理をしたりしていると、「請負」ではなく「雇用」と見なされる恐れが高いので、社内設備を使わないと遂行が事実上出来ない成果を期待する外注で、当然一切勤怠管理もしないことが重要となります。また請負の依頼契約など証拠を残すことも重要です。

投稿日:2010/07/14 21:05 ID:QA-0021730

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

「社内外注」

管理会計で事業部や社内会社があるように社内外注とみなすのではないでしょうか?
これは内部での作業であり、外注ではないと考えます。
したがって、請負とは異なると思います。

投稿日:2010/07/15 06:27 ID:QA-0021733

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

「社内外注」は俗称、派遣との混同が起き易い

■ 「 請負 」 の定義は一つです。実際には、その業務が、発注者の敷地内で行われ、更に、発注者の機械、設備、機材等を使用する場合には、請負契約による「独立性」は、著しく曖昧になってきます。この状態を、「社内外注」と俗称しているものと思います。派遣との混同が大きな社会問題になった原因です。
■ 請負契約の 「 独立性 」 を担保するために、労働省は、機械、設備、機材等に就いても、「 自己調達が原則で、発注者から借入れ・・・たものについては、個別の双務契約による正当なものであること 」 が必要、つまり、「 賃借契約により、ちゃんと使用料を払いなさい 」 告示しているわけです。

投稿日:2010/07/15 09:50 ID:QA-0021736

相談者より

 

投稿日:2010/07/15 09:50 ID:QA-0040661大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
 請負、有給残数表提出
 初めて相談させていただきます。  請負(請負元)を行っているのですが、請負先より「労働者の【有給休暇残数表】を提出して欲しい」と依頼がありました。提出しても良いものでしょうか? その請負元は【履歴書】の提出を求められます。  以上、宜しくお願い申し上げます
請負元と請負先の代表取締役が同一の場合の請負契約は可能か?
お世話になります。 弊社では、この度A社と業務請負契約を締結しようと思いますが、A社と弊社の代表取締役が同一人物なのですが、このような請負契約の締結は可能でしょうか? よろしくお願いいたします。
請負業務に派遣労働者を
請負契約や業務委託契約のもとに、請負先がその会社の従業員以外に派遣労働者も請負・委託業務に従事させることに問題はないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 人材派遣をめぐる「法律」と「対応」
    人材派遣は「禁止の例外」?労働者派遣法のあゆみと派遣労働者をめぐる環境
  • 小杉正太郎さん 急増する「社内うつ」の傾向と対策
    「社内うつ」は本物のうつ病とどこが違うのか。急増の背景は何か。企業はどのような対策を講じたらいいのか?25年前から企業内でカウンセリング活動を続ける小杉正太郎さんにうかがいました。
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
あわせて読みたいキーワード
業務請負
深刻な人材不足を解決する手段の一つとして、アウトソーシングを活用する企業が増えています。一連の業務を一括して外部の事業者に任せる「業務請負」を導入するケースも多いようです。ただし、法律や運用方法をよく理解せずに進めると、偽装請負と判断されることもあるため、注意が必要です。業務請負はアウトソーシングの...
アウトソーシング
従来社内で行われていた業務や機能の一部あるいは全部を、外部の専門会社に委託すること。主にコストダウンやコア事業へのリソース集中を目的としています。
社内預金
「社内預金」とは、企業が従業員の任意により、その給与の一部を預かって貯蓄金を管理するしくみのことです。福利厚生の一環であり、制度の導入にあたっては、労働基準法で利率や保全措置などに関する規制が定められています。企業にとっても、その受入預金を設備投資や運転資金に回せるなどのメリットがあります。 (20...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

メンタル対応可能な産業医を紹介します Withコロナ時代は社内研修をオンライン化!
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...