企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12859件   回答数26823

法定休日の出勤は36協定の時間外から外して管理して問題ないか

当社の36協定では、法定休日の出勤は3回までと定めています。
当社では、36協定の時間管理ではこの法定休日に出勤した時間は除外して管理
していますが、問題はないでしょうか?
尚、安全衛生法で定められています長時間労働の時間管理には、この法定休日に
出勤した時間を含めております。

  • 投稿日:2017/01/25 12:12
  • ID:QA-0068925

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/25 21:09
  • ID:QA-0068934

代表者

ご理解は正しい

▼ 時間外労働には法定休日は含まれていませんが、労基署への「時間外労働・休日労働に関する協定届」には、時間外労働欄には、「延長することができる時間」を、休日労働欄には「休日、始業、終業時刻」を記載するようになっている筈です。
▼ 「法定休日」には、1日24時間通じて時間外労働はなく、在り得るのは、時間帯指定の休日労働だけなのです。協定に定める「延長することができる時間数(限度時間)」には法定休日の労働時間数は含まれません。依って、ご理解は正しいということになります。
▼ 尚、安全衛生法上は、ご指摘のように、時間外労働のみならず、法定休日労働を加えた、総労働時間の管理が必要です。

  • 投稿日:2017/01/26 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
分かりやすい説明で、良く理解できました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/25 22:59
  • ID:QA-0068937

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、36協定上では時間外労働と法定休日労働は区別して各々管理する事が求められます。これは割増賃金の法定金額が異なる事から求められているものです。それ故、御社の時間管理方法で問題ございません。

これに対し労働安全衛生法上の長時間労働の計算については、賃金額が問題ではなく疲労の蓄積が問題となることから両方の労働時間数が含まれることになります。

  • 投稿日:2017/01/26 09:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
長時間労働の管理として、36協定上の時間と法定休日の出勤とを合わせた形で進めて行きます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
1か月の休日日数について
 いつも大変お世話になっております。 当社では1か月(毎月16日~翌月15日)の休日は日曜日を法定休日、土曜日を法定外休日(所定休日)と しております。 仮に1か月の休日日数が、法定休日4日・法定外休日4日とした場合、法定休日4日間全てを 半日振替出勤や休日出勤をした場合は違法になるのでしょうか...
出勤日の数え方について
お世話になります。 当方では、出勤日を1日、0.5日というように、 最小出勤単位を「半日(0.5)」として数え方をして処理しています。 やむを得ず休日に2時間だけなど、半日に満たない出勤がある場合 出勤日数はどのようにカウントすればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。
法定労働時間外
就業規則における法定労働時間外の規定についてお伺いします。 労働基準法第32条に定める1日8時間1週40時間(以下「法定労働時間」という。)を超えて勤務した時間(以下「法定労働時間外」という。) と定義した場合、弊社としては、「法定労働時間外」の中にはその週の休日出勤も含まれてくると言う前提で就業規...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...