企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13191件   回答数27609

中途採用の内定取り消しについて

お世話になっております。
タイトルの件でご相談させていただければと思います。

弊社では内定の際に採用内定通知を書面で送り、入社承諾書を
返送してもらう、という手法を取っております。

期日を設けて「●月●日までに送ってほしい」と連絡していますが、
「●月●日までに入社承諾書が届かないと辞退とみなす」という旨の
通達はしていないので、期日までに届かなかったということで
内定を取り消すことは難しいでしょうか。

今回、1名に内定を出しており、入社日を決めるに当たって
何度もやり取りをしたのですが、その対応の中でレスポンスが遅かったり、
他にも誠実とは言いがたい対応をされたり、内定者に対して不信感を
持ってしまいました。

現在も入社承諾書が届かない状況ですが、この状況で「お伝えした期日に
入社承諾書が届いていないので、今回はご縁がなかったということで・・・」
とご連絡をしたいのですが問題ありますでしょうか。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

  • しんまい人事さん
  • 東京都
  • 通信
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/01/13 15:35
  • ID:QA-0068752

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/13 23:39
  • ID:QA-0068762

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、内定通知を出された時点で既に解約留保権付の労働契約が成立するものと解されています。

それ故、承諾書に関しては既に契約成立後である事から法的効力はなく、返送がなくとも原則として内定は有効のままであるといえます。

このような場合の対応としましては、内定通知者に対して直接連絡を取り入社を間違いなくされるか意思確認される他ないものといえるでしょう。当人が何らかの事情で返送出来ないでいる事もありえますし、少なくとも自ら内定しておきながらご縁がなかった等と一方的に撤回する文書のみを送りつけて終結とする事は問題がございますので避けるべきといえます。

  • 投稿日:2017/01/16 13:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
今回のケースでは内定取り消しは難しそうですね。
本人に入社の意思を再度確認しようと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/14 20:35
  • ID:QA-0068764

代表者

期限指定の上、「内容証明」にて督促

▼ 堅苦しく云えば、契約は、「当事者間の申込みと承諾という二つの意思表示の合致」によって成立します。日本法では、意思表示だけで契約が成立します(これを諾成主義と云います)。その意味では、入社承諾書の有無に関らず、契約は成立していますが、申込みが書面で行われておれば、承諾も書面で行われるのが慣行です。
▼ 慣行は所詮、慣行なので、法的に当然の権利として、承諾書面の送付がないことを理由に契約取消は難しいと思います。然し、申込が書面で行われた場合、承諾も書面で行うというのが、会通念上の有効要件と考えるのは、あながち、不自然ではないと思われます。
▼ 従って、再度になりますが、更めて、期限指定の上、入社承諾書の返送依頼を「内容証明」にて行うことをお薦め致します。返送がなければ、「縁がなかった」として扱えばよいと思います。

  • 投稿日:2017/01/16 13:30
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
改めて本人に入社の意思を再度確認しようと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/17 00:04
  • ID:QA-0068797

人事・経営コンサルタント

対応

まずは内定通知に期限が無いのは非常に不自然であり、いつまでに受諾しなければ内定を取り消す旨を直ちに導入すべきでしょう。営業の見積りであっても、必ず「発行日より○ヵ月」といった期限を設けなければ永久に有効との誤認を招きかねません。

もっとも永久の内定などあり得ませんので、今できることは直ちに書き留めなどで必ず本人に届く(場合によっては配達証明もあり)方法で、先日の内定の返事をいつまでによこさないと内定を取り消す旨、伝えるしかないでしょう。ただし期限のない内定を送っている以上、手落ちは会社側ですから、送ればそれで一方的に先方が納得というものではありませんので、本人の直接の意思確認ができるまでしっかり追いかけて下さい。

  • 投稿日:2017/01/17 09:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
今後は内定の期限を設けて通知するように致します。
勉強になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 中途採用の「実務」【6】内定後の対応
    優秀人材は逃がさない!内定は出しても油断は禁物。スムーズな入社につなげるために必要な内定後対応とは?
  • 「内定者フォロー」とは ~その目的
    新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....