企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15741件   回答数34223

試験費用と時間外手当について

会社で英語力UPの施策から「英語を学びたくない・業務上あまり必要としない」という社員を除き、
TOEICの試験を受けてもらうことになりました。(強制はしていない)
試験費用は会社持ちで、試験日も会社が指示しております。

そこで、2点質問がございます。
1.自己都合にて当日不参加となった社員に対し、自費での再受講を指示して問題ないかどうか
2.受験日が土日、祝日の場合、時間外手当を出さなくても大丈夫かどうか

以上、宜しくお願いいたします。

  • デュプレさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2016/06/10 14:18
  • ID:QA-0066406
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/06/10 23:10
  • ID:QA-0066407

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、最初の段階で真に受験を「強制はしていない」という事であれば、あくまで任意参加の受験になりますので、自費での再受講を「指示」するのは論理的に矛盾するものといえるでしょう。また、受験日が土日祝であっても労働時間に該当しませんので、時間外手当を支払う義務もございません。

これに対し、形式上は強制していなくても、受験しなければ今後のキャリアにマイナスの影響が生じる等、何らかの面で受けざるを得ないと思われる場合ですと、実態としては強制参加の受験といえますので、必須のイベントとしまして再受講をさせるのが妥当といえます。その場合ですと、土日祝に受験させる場合は労働基準法に従って時間外または休日労働手当の支給が必要になります。

いずれにしましても、実務上混乱を招かないように強制参加or任意参加のどちらであるかを明確にして運用されることが重要といえます。

  • 投稿日:2016/06/14 17:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ご対応いただきありがとうございます。
大変助かりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/06/11 17:50
  • ID:QA-0066410

人事・経営コンサルタント

業務性

研修や資格試験等を会社が命じる場合、それを行わないことで昇進や評価で不利益を受ける可能性があれば、「業務」と見なされるでしょう。業務であれば給与支払いは欠かせません。休日、残業は当然支払う義務があります。
不受験者に受験を強制する場合、受験そのものを強制していると考えられる可能性があります。英語が出来なければ業務遂行が不可能であれば、業務として仕事中に受講させるのが一番シンプルでしょう。

  • 投稿日:2016/06/14 17:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

お陰様で考えが明確になりました。
本当にありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/06/11 21:03
  • ID:QA-0066411

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.について
 2.にも関連しますが、そもそも受講について、業務上あまり必要としない社員の裏返しで、「業務上必要な社員」は、義務なのかどうかによります。
 受講義務を課すようであれば、再受講を指示しても問題はありません。その場合は、費用は会社もちとすべきです。
 受講が自由であれば、再受講も自由であるはずであり、指示するのは、矛盾します。
 受講自由の場合いついても費用は、会社が立て替え、受講した場合には、返済不要など事前にルール化しておくことです。

2.について
 特定の社員について、受講が義務ということであれば、時間外手当等は発生します。受講が自由であり、受講しないことにより、不利益がなければ、労働時間ではありませんので、時間外手当等は発生しません。

  • 投稿日:2016/06/14 17:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご回答いただき本当にありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/06/12 16:53
  • ID:QA-0066412

代表者

強制されない受講、受験制度の効果は限定的

▼「参加は強制されず、本人の自由」、「参加出欠をとらず、欠席を理由に不利益な取り扱いがなされない」と言った要件が満たされた制度であれば、
1.自費での再受講を指示する権利は会社にはありません。
2.逆に、本人の自由意思による、休日受講に対する賃金支払いの義務もありません。
▼ 効果的な制度を目指すならば、妥当な基準で選定した社員を対象に、業務として、受講、受講を義務付ける制度を検討することが必要だと思います。

  • 投稿日:2016/06/14 17:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

制度をより効果的にするためには、迄ご回答いただきありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定者に対する英検の実施
内定者を一斉に集めて英検などの試験を課した場合、その時間は賃金を支払う義務はありますでしょうか。 一方、集合試験は実施せず、社外で受験した結果を提出させた場合においても、当該試験に要した時間分の賃金を支払う必要はありますか?併せて、その際の試験費用も会社が負担する必要はありますか?
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
会社設立について
ここで相談をしていいものか分からないのですが、相談する場所もわからないので、書き込みをしました。 社長から突然、会社を設立しろ。 と指示をうけました。 会社の形態等は決まっているのですが、とりあえず、急いで登記まで済ませるようにという指示です。 何からはじめたらいいのかわからないので、教えて頂ければ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 転職して1年でまた転職 筆記試験は受けたくない
    転職して1年程度でまた転職準備…というのは、やはりインターバルが短いといわざるをえない。短期間での再転職には何かとハンディが多いものだ。しかし、それでも大きな問題があったからこそ再び転職を考えているのだともいえる。そんな問題のある会社を紹介した人材紹介会社など二度と利用したくないのが普通だと思うが、...
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 坂本光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
あわせて読みたいキーワード
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...