企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14433件   回答数30687

第3号被保険者に係るマイナンバー本人確認について

いつも大変参考にさせて頂いております。
さて、表記について社内検討している中で具体的に分かりかねる点があったため、ご質問させて頂きます。

表記については、①従業員が配偶者を「代理」して法人に届け出るか、②配偶者からマイナンバーの提供を受けて本人確認を行う事務を事業者が従業員に委託する方法のいずれかになると思います。
①の場合、手間が相当かかること(第3号被保険者作成の委任状、第3号被保険者の本人確認書類の徴求、第3号被保険者に対しての利用目的を通知する文書の作成)を考慮し、当社では②の方向で検討を進めています。

この際、具体的に必要になる工程として、事業所と従業員とで委託契約を締結することが必要になるかと思いますが、この契約書面の中で必要になりうる項目としては具体的にどのような項目が挙げられるでしょうか?

初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくご教示のほどお願い申し上げます。

  • 投稿日:2015/08/25 19:21
  • ID:QA-0063391

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2015/08/26 09:45
  • ID:QA-0063394

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、委託契約に特段の法的規制はございません。従いまして、委託する内容(マイナンバーに関わる本人確認)に加えまして、一般的な契約上必要な事項が記載されていれば問題ないものといえるでしょう。特に、本人確認に不備があった際の責任が従業員に所在する事を明示される事が重要といえます。

但し、未施行の新たな制度ですので、行政情報を随時確認された上で対される事が求められます。

  • 投稿日:2015/08/26 18:00
  • 相談者の評価:参考になった

早々にご回答頂きましてありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/08/26 15:08
  • ID:QA-0063396

特定社会保険労務士・産業カウンセラー・ハラスメント防止コンサルタント

従業員を配偶者の代理として番号の提供を受けることがベストだと思います

マイナンバーについては、まだまだ準備不足の企業も多く大変かと思います。
私も今後6回ほど各地でマイナンバーに関する研修を行い、講師を務めます。

今回の第3号被保険者の番号収集の件ですが、方法としてご指摘のように2つあります。
①従業員が配偶者の代理人としてマイナンバーを提供する方法
②配偶者からマイナンバーの提供を受けて本人確認を行う事務を従業員に委託をする方法。

私は研修や相談に対して事業主には①の方法をお話しています。

今回第3号に関する提出書類のことですが、今後健康保険の高額療養費、傷病手当金等各種給付金の申請にもこの件がかかわってきます。
これらの給付金に関しては、第3号と同じで本人が健康保険組合や協会けんぽに請求をすることが原則です。
現在会社は、従業員にかわって事務手続きを行っているだけです。

そこでこれらの健康保険の給付金申請に関しても、本人の代理人として会社が手続きを行うことになります。
つまり第3号と同じような手続きが必要となるのです。
そこでは委任状が必要となります。

①の手続ですが、最初は面倒に思われるかもしれませんが、従業員を代理人とする委任状を会社が書式として用意しておきます。
その中に利用目的を書きますので別途通知は不要かと思います。
この委任状と、配偶者の通知カードか個人番号カードのコピー(本人の番号確認)、従業員の個人番号カードか運転免許証のコピー(代理人の身元確認)を提出してもらいます。

委任状に関しては下記の内容で大丈夫です。
「私は、国民年金第3号被保険者の届出事務の実施に関して、以下の者を代理人と定め、貴社に個人番号を提供する権限を付与します」
受任者として従業員名を、委任者として配偶者名を書く欄を設けます。

それほど面倒なことはないかと思います。

②の方法に関しては、従業員に本人確認の事務を委託することになるので、番号法第11条に基づき、従業員に対して必要かつ適切な監督を行わなければなりません。
監督義務を十分にはたしていない結果、個人番号の漏洩等が発生した場合、番号法違反として会社も罰則の対象となります。
従業員の個人の家庭だからこそ、情報管理の対応が難しく、会社にとって大きなリスクとなります。(委託先が会社であれば対応がきちんとできるかと思いますが)
本人確認の事務を従業員に委託することは、実務対応としてはお勧めできません。

①は、それほど難しくはありませんので、今一度ご検討をしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに私が知ってる企業は、すべて①の方法です。

  • 投稿日:2015/08/26 18:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

詳細にわたってご回答頂きましてありがとうございます。ご指摘いただいた内容も踏まえ、社内検討を進めてまいりたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/08/26 16:18
  • ID:QA-0063398

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

第3号に係るマイナンバー確認について

ご認識のとおり2つの方法がありますが、
②の方法を選択したとしても、この場合には配偶者が従業員の代理人となる必要があります。

これは、扶養届と第3号被保険者届は複写式ですが、それぞれ共通事項があり、
第3号届にも従業員の情報が不可欠となるからです。

すなわち、どちらかが、代理人とならざる得ない状況ですので、
会社としては、手続きが面倒となるばかりなのですが、
どちらかといえば、①の方がスムーズかと思われます。

  • 投稿日:2015/08/26 18:05
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/09/02 17:31
  • ID:QA-0063483

戦略人財コンサルタント 代表

ご質問の①の”従業員が配偶者を「代理」して法人に届け出る方法”をお勧めします。

マイナンバー制度導入支援をしておりますが、検討事項として企業(主に人事部門)の事務作業の複雑さと責任の両面を常に意識しておく必要があると思います。

①従業員が配偶者を「代理」して法人に届け出る場合は、企業は「委任状」を事前に準備し、配偶者の氏名の記載、捺印をしていただき、写真付きの公的書類などのコピーを添えて、配偶者の個人番号を取得します。
このとき、「就業規則」にも以下のような改訂が必要です。

採用時の提出書類や異動における提出書類の条文に、たとえば
”・前項の定めにより提出または提示した書類の記載事項に変更が生じた場合は、速やかに会社に書面にて変更事項を届けなければならない。変更の内容に応じて、提示を求めることもある。
・会社は、従業員の提出した前二項の届出に虚偽の記述により、または、その提出を怠ることにより生じる不利益に対してその責を負わないものとする。”

の対応を念のためにしておくます。
また、会社説明会も開催されると思いますが、会社として①と②の選択を従業員にさせるのではなく、①で統一しておくことが事務手続きの簡素化にもなります。

②の場合は、会社は従業員に対して安全管理措置のルールに従って本人確認をさせる仕組みが必要になります。この場合は、特定個人情報取扱規程(安全管理措置)を事前に作成しておきます。これに従った従業員教育も必要になります。

このように考えてみると、配偶者の個人番号取得業務は、①がシンプルで自己責任が従業員にあるため、企業としてはリスク軽減にもなります。

①で是非ともご検討くださいませ。

  • 投稿日:2015/09/16 19:35
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
健康保険の保険料率について
健康保険の保険料率の引き上げの動きがありますが、全組合の平均料率(2011年度および2010年度)の情報をご存知でしたら教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。
健康保険被保険者の死亡と被扶養者の健康保険証
政府管掌健康保険のことで質問させて頂きます。健康保険の被保険者が死亡した場合、その被扶養者がもっている被保険者証カードはいつまで有効なのでしょうか。 被保険者が死亡した時点で使えなくなるのでしょうか。よろしくお願いいたします。
介護保険料についてです。
いつもお世話になっております。 加入している健康保険組合が介護保険につき特定被保険者制度というものを採っていましてこの場合被保険者本人が65歳になっても年齢が40歳以上65歳未満の被扶養者が居れば介護保険料は徴収されるかと思います。 そこで1点相談させて下さい。この場合本人は市町村から(恐らく形と...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

メリット制
「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって...
個人情報保護法
現代社会において情報は重要な資源です。情報を得ることでさまざまなビジネスチャンスにつながるため、多くの企業が個人情報の獲得を目指しています。そのなかで、個人情報の漏えいなど情報管理に関する問題を頻繁に耳にするようになりました。企業としても、個人情報が外部に流出すると多大な損害を被る可能性があります。...
労働保険
「労働保険」とは、「労災保険(労働者災害補償保険)」と「雇用保険」を総称した保険制度のこと。保険給付は別個に行いますが、保険料の徴収などは労働保険として原則、一体のものとして取り扱います。また、労働保険は農林水産業や建設業など一部の事業を除き、労働者を一人でも雇用していれば適用事業となります。そのた...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...