企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

給与支払日について

お世話になります。
当社では、前月11日から当月10日までの給与を当月20日に支払ます。これを、前月1日から前月末までの間とし、当月20日に支払うという形で変更を考えています。一定期日払いの原則その他について違反はありませんでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日:2014/05/02 13:06 ID:QA-0058742

ujiroさん
大阪府/化学

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

一定期日払いの原則には抵触しないが、不利益変更としての対処が必要

変更後も、 「 毎月20日 」 という期日の特定は変わりませんので。 一定期日払いの原則に抵触するわけではありませんが、 対応期間 ( 締め日 ) の面で、 10日間長くなり、 社員に不利益な変更になり、 原則として、 社員の個別同意が必要になります。 他方、 不利益の程度、 変更の必要性、 変更後内容の相当性、 労組等との交渉状況等、 合理的とされる場合には、 個別同意に代えて、 就業規則の変更によって合法的に実施することも可能です。 手続きに就いては、労働契約法第9及び10条を参照して下さい。

投稿日:2014/05/02 14:15 ID:QA-0058744

相談者より

ご回答ありがとうございます。
変更後、新入社員ですと、例えば4月1日に入社した者は、5月20日の支払いになります。この場合でも大丈夫でしょうか?

投稿日:2014/05/02 14:42 ID:QA-0058746大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

給与支払いについて

一定の期日を定めて、毎月1回以上支払えということですので、いったん決めた支払日を変えてはいけないとはなっていませんので、一定期日を変えることは毎月払いに違反しなければ問題はありません。
ただし、従業員にとって、不満をもつ方もいますので、変更理由等よく説明して納得してもらうよう努めることが大切です。
反対意見や生活に困る方などが多ければ、経過措置や、例えば賞与月に変更するなどの配慮の検討も必要です。

投稿日:2014/05/02 14:19 ID:QA-0058745

相談者より

ご回答ありがとうございます。
変更後、新入社員ですと、例えば4月1日に入社した者は、5月20日の支払いになります。この場合でも大丈夫でしょうか?

投稿日:2014/05/02 14:43 ID:QA-0058747大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

4月20日に支払っていれば、他の社員と横一線の筈だが・・

4月1日に入社者に就いては、 厳密には、 4月1日~10日分を、 4月20日に支払っておけば、改訂実施時期に対して、 他の社員と横一線に並んでいる筈です。 「 大丈夫か 」 と言われるのは、 支払っていなかったということでしょうね。 軽視する訳ではありませんが、 一過性の問題でもあり、 十分説明にすれば、了承して貰えることだと思いますが・・・。

投稿日:2014/05/02 20:47 ID:QA-0058750

相談者より

ご回答ありがとうございます。実務の上では、入社前に十分に説明することとさせて頂きます。

投稿日:2014/05/07 09:06 ID:QA-0058792大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、賃金締切日が変わっただけで月1回の支払日の変更はございませんので、賃金支払の原則に直接違反しないものといえます。

但し、締め日切替の際に給与支払額が少なくなる月が生じますので、その点は一時的なものとはいえ一種の不利益変更に該当します。従いまして、労働者に対し丁寧に説明された上で原則同意を得て変更されるのが妥当といえます。

ちなみに、日付からしますと次年度の話と思われますが、4月1日に入社した者が5月20日の支払いになるのは特に差し支えございません。

投稿日:2014/05/02 22:57 ID:QA-0058755

相談者より

ご回答ありがとうございます。弁護士より、新入社員について否定的見解を示されたため、確認の意味も含めてご質問させて頂きました。今一度弁護士に理由を確認させて頂きます。ありがとうございました。

投稿日:2014/05/07 09:08 ID:QA-0058793大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

お答えいたします。

「賃金の締切及び支払いの時期」については就業規則・給与規定にて規定することが義務付けられています。
給与支給日を変更する場合には、就業規則の変更手続きを行うことで一定期日払いの原則違反にはなりません。

法律的には上記で問題はございませんが、社員との関係では特に支給日を変更する月の給与支給についてご注意いただくことがございます。
給与変更後の初月については対象となる賃金計算期間が短くなるため支払われる給与が少なくなってしまいます。
今回の支給日変更について、今までは前月11日から当月10日までの給与を当月20日に支払うとのことで、例えば4月20日支給の給与については3月11日から4月10日分の給与を支払っているかと思います。
こちらを5月20日支給分から前月1日から前月末までに変更する場合、4月支給分にて4月10日までを支払っているため、4月11日から4月末日分のみが5月20日に支給されることになります。
一時的な対応ではございますが、給与が下がることは社員にとっては不利益変更ともとられてしまうため、まずは支給日変更について社員に説明を行ってください。そのうえで不利益変更と感じさせないような措置を取るようにするとよろしいかと思います。
たとえば、賞与支給のある月に変更を行うことで給与での支給が下がったとしてもその月を生活する分の費用を補うことができるでしょう。

また、給与以外では社会保険の定時改定にご留意いただければと思います。
定時改定については4月から6月の給与をもとに保険料を算出しますので、
この期間に変更を行うと正しく保険料が算出できないため、この期間での変更は避けた方がよろしいでしょう。

投稿日:2014/05/12 10:07 ID:QA-0058855

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与の〆日と支払日について
人事給与システムの更新を考えておりますが、その際に給与の〆日と支払日を変えよう思っております。 現在、20日〆当月25日払いですが、末〆翌月10日払いにしようと検討しております。 一般的に多く採用されている給与〆日と支払日をお調べいただきたいと思います。
給与の支払について(大至急)
賃金支払の5原則の1つに毎月払いの原則がありますが、 給与支給日が20日、給与締切日が月末の場合、1日~月末までの給与を翌月の20日に支払う場合。(例えば11/1入社の社員に12/20に支払う)
給与支払の変更について
現在は末締め当月21日払いを来年4月より末締め翌月15日払いへの変更は、できないのでしょうか?労基署によると3月分は3月21日に支払、4月分から翌月(5月15日)となると、まるまる4月が空いてしまうので、労働者の不利益になるとの事。他に方法はないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
あわせて読みたいキーワード
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
給与前払い
従業員が要望した場合に、実際の給与支払い日よりも早く給与が支払われる、給与前払いサービス。労働基準法で禁じられている「前借」ではなく、実際に働いた分の中から、一定の金額が先に支払われます。アルバイトやパートの福利厚生として導入する企業が多く、応募数の増加や離職率の低下に貢献しています。 (2018/...
賞与(ボーナス)
「賞与(ボーナス)」は、一般的には企業が多くの利益を上げたときに、従業員にその利益を還元するために支払われる一時金のことを意味します。「いい」という意味をもつラテン語の「ボヌス」から派生した「ボーナス(bonus)」ですが、「パートタイム労働者には賞与を支給しない、もしくは非常に少額」という企業が多...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/11
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...