企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15746件   回答数34232

契約社員の産休・育休について

弊社の契約社員の産休・育休について、どのように対応すべきか検討中なのですが、アドバイスをいただけないでしょうか。

対象となる契約社員が2名いるのですが、勤続年数に差があり、同じように扱うべきか否か判断に困っております。

Aさん:勤続年数1年未満、契約期間1年、産休取得予定。
産休中に契約期間の終了を迎える。

Bさん:勤続年数3年8ヶ月 契約期間1年(過去2回更新)、産休と育休を取得予定
    育休期間中に契約期間満了を迎える予定


Q1
Aさん、Bさんのいずれの場合も、産休、育休期間中に契約期間を満了するのですが、この2人について、契約を更新しないとした場合、法的な問題は生じるでしょうか。

Q2
産休・育休中に更新しない(雇い止め)とすることが不当である場合、当社は契約社員は1年契約としているのですが、必ず1年を更新しないといけないでしょうか。

その他、産休・育休を取得する契約社員に扱いについて、気をつけるべき点がございましたら、アドバイスを頂けると幸いです。

どうぞ、よろしく御願いいたします。

  • OLDルーキーさん
  • 神奈川県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/07/20 13:47
  • ID:QA-0050520
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/07/20 14:02
  • ID:QA-0050522

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

契約社員の産休・育休

Q1、Q2について
・産休や育休を取得あるいは請求したことだけを理由として雇い止めることは禁止されていますが、その他の理由(業務上など)であれば雇い止めは可能です。
有期契約の場合には雇用契約書に更新の有無や理由を明記することになっています。雇用契約書も再確認して下さい。

その他注意事項
・産前産後休業は、請求があれば、有期雇用契約社員でも認めなければなりません。

育児休業は、有期雇用契約社員の場合に、申出時点で、3つの要件(入社1年以上、かつ子が1歳以降も雇用継続が見込まれる、かつ子が2歳までに更新されないことが明らかでない)
に該当する場合に限り、育児休業を認めなければならないとされています。よって、3つの要件に該当しない場合は、育児休業を認めなくともかまいませんが、その旨、育児休業規程にしっかり明記されていることが必要です。

  • 投稿日:2012/07/20 14:39
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご回答、ありがとうございます。
追加で教えてください。
雇い止めとする理由としては、やはりお休み頂いている間にも仕事は発生し続ける為、その間、新たな契約社員を雇いたい、というのがあります。
と申しますも、A、Bが担当している仕事が、ある程度の専門性を必要とされるもので、休職中に短期アルバイトを雇って対応できる者ではないため、新たに契約社員を雇いたいというのが現場から求められております。
上記のような理由でも、「業務上の」理由になりますでしょうか。
実際のところ、AもBも、能力や勤務態度に問題はありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/07/20 15:03
  • ID:QA-0050527

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

・長期休業を取るという事は、業務にも穴をあける可能性があるわけですが、そこは一般論では語ることができない微妙な側面もあり、本人に誠意を持って説明する等、慎重な対応が必要です。
・ただし、ご質問のように休業を取得される方が、優秀であり、かつ代替要員を雇うのであれば、代替要員の方の契約について、有期雇用にして、更新しないか、条件付きの更新をご検討されてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2012/07/20 16:13
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

--------------------------------------

長期休業を取るという事は、業務にも穴をあける
可能性があるわけですが、そこは一般論では
語ることができない微妙な側面もあり、
本人に誠意を持って説明する等、慎重な対応が
必要です。
---------------------------------------

これは、先ほどのような下記理由で雇い止めをする場合、本人に説明し理解が得られれば問題ない、ということでしょうか?

理由
雇い止めとする理由としては、やはりお休み頂いている間にも仕事は発生し続ける為、その間、新たな契約社員を雇いたい、というのがあります。
と申しますも、A、Bが担当している仕事が、ある程度の専門性を必要とされるもので、休職中に短期アルバイトを雇って対応できる者ではないため、新たに契約社員を雇いたいというのが現場から求められております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員の産休
お世話になっております。 今回、6/1から1年間という期間での契約社員の契約更新(3回目)を予定しています。 この契約社員は今後、9月頃から「産休」の予定をしていますが、今回の契約にあたり産休~育休という流れになれば契約が終了する可能性がありますが、この場合の取り扱いで注意すべき点はあるでしょうか...
契約社員の契約継続について
現在雇用している契約社員が、現在の契約期間中に、産前休暇を取得予定です。 産前休暇中に、契約期間終了を迎えますが、 その場合は契約更新をしないといけないものなのでしょうか。
有期雇用契約社員の契約期間について
当社では現在有期雇用契約社員の契約期間については1年間に定め、契約期間満了時に新たに契約書を交わし更新しています。 この度、諸般の事情から契約期間を更新時に3ヶ月の契約更新に全員変更したいと考えています。この場合、法的に何か問題がありますでしょうか?お教えいただきますようお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
育休切り
妊娠・出産や産休、育児休業(以下、育休)などの取得を理由に、企業が社員に退職を強要したり、降格や異動を命じたりする不当な取り扱いを「育休切り」といいます。2008年秋のリーマンショック以降、経営環境の急速な悪化に伴って、人件費削減のための「育休切り」が横行しているといわれます。
改正労働契約法
「改正労働契約法」とは、平成24年8月10日に公布され、同25年4月1日から施行された「労働契約法の一部を改正する法律」のことです。本改正法では、あらかじめ働く期間に定めを設ける有期労働契約の適正な利用を促し、有期雇用で働く人を保護するためのルールを新しく整備しました。有期労働契約の更新がくり返さ...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...