企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

選択制確定拠出年金という仕組みについて

選択制確定拠出年金という仕組みについてお伺いさせてください。

このような仕組みの制度を導入しないかとの、まわりで伺うことが多いのです。
ロジックを見ると問題ないように見えるのですが、感覚的に違法なんじゃないかとも思うのです。

そこで具体的にお伺いします。
1:これは法的に問題ないでしょうか?
2:現状問題ない場合、今後脱法行為にあたる可能性はないのでしょうか?

お手数お掛けしますが、ご回答頂けますと幸いです。

投稿日:2012/07/03 00:41 ID:QA-0050262

kokoronoutaさん
北海道/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

違法、脱法は、「 確定拠出年金法 」そのものとは、無関係

これは、平成13年に施行された 「 確定拠出年金法 」 という法律に基づく制度です。 順法的導入、運営をする限り、最初に、「 違法感覚 」 とか 「 脱法行為 」 ありき、といった性格のものではありません。 《 Defined Contribution 》 は、給付保証がなく、拠出義務だけが確定する、ハイリスク・ハイリターンが、ポイントですので、ご検討されるなら、社会的にも信頼度の高い、専門機関の助言が欠かせません。

投稿日:2012/07/03 11:11 ID:QA-0050268

相談者より

回答ありがとうございました。

投稿日:2012/07/03 12:26 ID:QA-0050275参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

選択制確定拠出年金とは、従業員側が確定拠出の掛金を支払い将来年金を受け取るか否かを選択出来る制度です。

こうした制度自体特に法令違反となるような根拠はございませんので、特に問題はないものといえます。むしろ、従業員のライフプランによって選択出来ることから労働法制の観点からみますとより合理的な制度ともいえるでしょう。

投稿日:2012/07/03 11:48 ID:QA-0050271

相談者より

ご回答ありがとうございます。

確定拠出年金法上の問題点は無いことは承知致しました。
気になった点は企業型の場合において、掛け金を本来企業側とすべきものを就業規則の変更により、従業員の報酬の一部を意図的に基準外賃金として社会保険料の対象外としてこれを掛け金とすること。これは脱法行為ではないのだろうかという疑念をもったのです。(マッチング拠出とは別の話です。)

従業員にとっては報酬を減額させることで、厚生年金の受取額の減額や、雇用保険の基本手当の基本日額が減額されることといったデメリットもあるわけです、

現行制度的には問題ないとは思うのですが、社会保障制度本来の趣旨からは外れているのではないかと心配しているものです。

投稿日:2012/07/03 12:37 ID:QA-0050276大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂きまして感謝しております。

御懸念の点についてですが、まず「従業員の報酬の一部を意図的に基準外賃金として社会保険料の対象外としてこれを掛け金とすること」ですが、何も保険料軽減のみを目的としてこうした手間のかかる制度導入をしているとは到底考え難いはずです。保険料軽減というのはあくまで付随的な結果に過ぎないものといえるでしょう。加えて負担が企業・従業員のどちらであるかに関わらず、こうした掛金がその性質上社会保険料の対象外とされるのも従業員の福祉向上という観点から当然あるべき姿といえます。

脱法行為というのは企業が負担を故意に逃れる為制度の盲点を通常正当視できないような形で利用するような行為を指すはずですし、選択型確定拠出年金制度がこうした行為と同様に扱われるとはおよそ考えられません。

また「厚生年金の受取額の減額や、雇用保険の基本手当の基本日額が減額されることといったデメリット」につきましても、従業員に選択権があり嫌であれば希望しなければ済むだけですので、問題にはならないものといえます。勿論、そうした点について事前に十分説明する事は必要でしょう。

従いまして、こうした制度に関する個人的な感じ方は別としまして、一般的に見て違法・脱法に該当する行為等とはいえないというのが私共の見解になります。

投稿日:2012/07/03 13:32 ID:QA-0050283

相談者より

再度のご回答ありがとうございます。

導入にあたっては、労使間でのメリット・デメリットを含めての十分なコミュニケーションの上での合意が必要こと、配慮していきます。

ありがとうございました。

投稿日:2012/07/03 17:57 ID:QA-0050287大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
選択制確定拠出年金
お世話になります。 当社では、現在、退職金の一部を確定拠出年金に移行して5年が経過しております。そこで、選択制確定拠出年金の導入も検討しているのですが、そもそも、既に企業型を導入している企業が選択制をも導入できるのでしょうか。また、選択制とマッチング拠出との違いはなんでしょうか。 以上、よろしくお願...
確定拠出年金で脱退一時金を受け取れる場合の条件
当社では企業型確定拠出年金を採用しております。 確定拠出年金の脱退一時金を受け取れる条件が平成17年10月1日に緩和されたと聞いておりますが、 「企業型確定拠出年金の加入者でないこと」 「個人型確定拠出年金の加入資格がないこと」 など転職者はほとんどこの条件に当てはまっていたかと思いますが、この条件...
選択制確定拠出年金
こんにちは。いつもとても参考になるご回答を拝読しております。 さて、今回は選択制確定拠出年金の導入に関しまして賃金規定、退職金規定を改定しなければならないと思っています。今までネットや各相談室を調べましたが、ありませんでした。そこで選択制確定拠出年金に特化した規定がございましたらお教えいただきたくお...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
    企業の退職金・年金制度を取り巻く環境は、依然として大変厳しい状況にあります。超低金利政策や株式市場の低迷で、年金資産運用利回りは2000年度から3年連続のマイナス。2001年からは新たな退職給付会計が導入され、多くの企業で退職金の積立不足が表面化しています。一方で、2001年10月から確定拠出年金法...
  • 人手不足で約8割の企業が悩む。技術職で顕著
    『日本の人事部 人事白書2020』から、人手不足の職種や理由、対応策についての調査結果を紹介します。
  • 「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
    「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイントをまとめ、さらに「企業年金」のコンサル...
あわせて読みたいキーワード
確定拠出年金(日本版401k)
公的年金は、定年後の生活を支えるための重要な備えです。しかし、社会構造の変化や長寿化が進む現在の日本で安定した老後を迎えるには、公的年金に加えて、各個人が主体的に資産運用をする必要性があると考えられています。そこで注目を集めているのが確定拠出年金(日本版401k)です。ここでは、確定拠出年金の概要や...
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。
質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...