企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

健康診断を受診できなかった場合の費用負担について

健康診断を受診できなかった場合の費用負担についてうかがいます。

年1回の健診は、健診車を利用して会社で日程を1日指定し行なっています。


1.会社指定日に受診できなかった理由として、自己都合、会社都合によって、

  ① 費用負担はどうなるのでしょうか。

   ・ 検診費用 交通費はどうなるのでしょうか。

  ② 業務の一環として行わせるのか、又は有給をとるか、休日に行わせるのでしょうか。

 

2.当日の体調不良(風邪などで病院を受診し必要であれば診断書も出せる場合)で、出社できず受診できな  かった場合は自己都合、会社都合どちらに当たるのでしょうか

3.会社が出社停止にする場合(例 インフルエンザ、ノロウイルス等感染症、食中毒 等)、及び

  検診当日に確定できないが、その恐れがある場合は、自己都合、会社都合どちらに当たるのでしょうか

  (福祉施設のため、上記の例でも利用者様への影響を考えて出社停止となります)  
  
4.家庭の都合(例 家族の看病、子どもの学校への対応)の場合は、自己都合、会社都合どちらに当たりま

  すか

  (職員には主婦の方も多く、上記の例のようなこともありえます)

5.健康診断を拒否した場合解雇にできるのでしょうか。

以上長文申し訳ありませんが よろしくお願いいたします。

投稿日:2012/03/03 11:01 ID:QA-0048592

ひがしやまさん
青森県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

質問内容が多数に渡りますので各々簡潔に回答させて頂きます件ご了承下さい。

1:①原則としましては全て会社が負担すべき費用ですが、自己都合で受診出来なかった場合に後日別途個人で受ける分については自己負担でも差し支えございません。②個々の会社で決める事柄になりますが、有休については本人の希望無くして取らせることは出来ません。
2:個人的な病気による未受診ですので、自己都合といえます。
3:会社の判断で健診を回避した場合は、通常会社都合になりますので費用負担等は行うべきです。
4:2と同様個人的な都合ですので自己都合です。
5:受診拒否だけでいきなりの解雇措置では重すぎます。状況次第で対応も様々に変わりますので、まずは本人と話し合いの場を持ち、個別事情も踏まえた上で受診を基本線としての解決を図ることが求められます。

投稿日:2012/03/03 11:19 ID:QA-0048593

相談者より

アドバイスありがとうございました

投稿日:2012/03/11 21:28 ID:QA-0048755大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

上位の判断基準を、定めておくのが有用

実際には、ご相談以外の、或いは、ご相談に類似したケースが多発しますし、係争に発展する事例も少なくありません。適切な判断をするためには、「 法定の健康診断か否か 」、「 受診不能の事由に会社の関わりががあるか否か 」、「 個人的事由に斟酌すべき事情があるか否か 」、「 公衆衛生など社会的影響への配慮が必要か否か 」 などを、上位の判断基準として、関連規程に定めておくことが、有用、且つ、効果的だと思います。因みに、最後の部分ですが、相当、悪質な事例でない限り、解雇に発展することは、一寸、考えられませんね。

投稿日:2012/03/03 12:51 ID:QA-0048594

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2012/03/11 21:28 ID:QA-0048756大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

健康診断について

■労働者の健康診断は、労働安全衛生法および労働安全衛生規則によって定められています。費用は事業主の負担が原則である。ただし、事業主が実施する健康診断を受けず、本人の都合により各自で受ける場合には、自己負担としてもよい。

■受診時の賃金については、支払うことが望ましいとする厚生労働省の通達があります。大企業では、通常の勤務時間内に事業者指定の病院や健診センターで一般定期健康診断を受診させることが多く、その間の時間は有給であるのが一般的です。
▲中小企業では、勤務時間外に各労働者が選択した病院等で一般定期健康診断を受けさせ、後日、その費用を会社が支給していることもあります。この場合は受診時間は無給となります。

1.~4.について
■いずれも、会社の健康診断を受診する予定であったが、何らかのやむを得ない理由によって、受診できなかったケースですので、会社が費用負担してあげるべきだと思われます。
プライバシー等の自己の都合で会社以外の病院等で健康診断を受ける場合や、無断欠勤、会社が理由とはならないと判断した理由の場合のみ、本人負担とすべきでしょう。
■業務中に行うか、業務外で行うかは、前述のとおり、会社の規模等によります。
5.について
再三の勧告にも従わず、受診拒否した場合は、懲戒処分や普通解雇となりえます。就業規則の記載も確認してみてください。

投稿日:2012/03/03 16:56 ID:QA-0048595

相談者より

ご回答ありがとうございました

投稿日:2012/03/11 21:29 ID:QA-0048757大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

健康診断の費用負担

基本的に会社負担であるべきです。健康診断は労働安全衛生法の定めるところによって実施されています。就業規則にも入社前の応募時に提出するための健康診断書は応募者負担と示されていることが多いですが、それ以外については暗黙の前提として会社が実施し、その費用を会社で負担すると記されています。本人の健康上、あるいは業務上の都合で健康診断が受けられず、後日になった場合などその費用は基本的に会社が負担すべきでしょう。自己都合で受けられないことがあるという反論が考えられますが、その理由となることは限定的になると考えます。

投稿日:2012/03/05 11:49 ID:QA-0048608

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社時の健康診断費用について
こんにちは、入社時の健康診断費用を会社が負担するようなところは、ございますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
健康診断の費用負担について
いつも利用させていただいております。 定期健康診断を受診することが法律や規則等で定められておりますが、従業員が受診する場合は費用を会社が負担するとしている場合、労働組合の専従者の健康診断の費用を会社が負担しなければならないのでしょうか。 会社が負担した場合は、法的に問題があるのでしょうか。 ご...
定期健康診断未受診者の対応
当社では4月から順次各自にて定期健康診断を受診していただくことになっています。しかし、全員が指定日までに受診できず、そのままの状態の方がいます。会社からは何度となく、受診するよう指示するものの受けておりません。その場合会社としての法的責任はどのようになるのでしょうか?また、その者が入院等した場合、受...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
高年齢者等共同就業機会創出助成金
45歳以上の高齢者が3人以上集まって会社を設立し、雇用保険に加入したうえで同じような年齢の人たちに雇用機会を提供すると、会社の成立にかかった費用や設備投資の3分の2が支給される制度です。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...