企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

36協定上の時間外限度時間と代休について

休日労働時間は36協定上の時間外限度時間に参入されますでしょうか。
される場合、代休を取得の場合は代休取得分の時間は限度時間から相殺されますでしょうか。

投稿日:2009/12/17 14:01 ID:QA-0018642

*****さん
大阪府/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

36協定について

休日労働時間は36協定上の時間外限度時間には、参入されません。

投稿日:2009/12/17 17:14 ID:QA-0018644

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

時間外労働と週1日の法定休日における労働は全く別の取り扱いになりますので36協定上の限度時間にはカウントされません。

但し、法定外の休日労働に関しましては、当該週の労働時間が40時間を超える場合時間外労働となりますのでカウントすることが必要です。

そして、法定外の休日労働につき代休を取得した場合には、同一週の場合ですと相殺されますが、翌週以後の取得になりますと原則としまして時間外労働は消えませんので限度時間に含めることになります。

投稿日:2009/12/17 23:05 ID:QA-0018645

回答が参考になった 2

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

ご回答いたします。

「休日労働」という言葉については法律上の意味と一般的に使われる意味に差があります。
法律上は法定休日における労働を意味するのに対して、一般的には法定外休日における労働もひっくるめて休日労働という表現がなされています。

ご質問にある「休日労働」が法定休日における労働を意味しているのであれば、法定休日における労働は休日労働であり、時間外労働ではありません。従って、時間外労働時間には参入されず、休日労働時間として扱われます。故に、ご質問後段の相殺の話も出てきません。この場合には、36協定上の休日労働の限度日数・限度時間を超えないかを意識されると良いかと思います。

これに対して、土曜・祝日の法定外休日における出勤を意味しているのであれば、法定外休日における労働は休日労働ではありません。したがって、法定外休日に出勤した結果、週法定労働時間を超えたのであれば、時間外労働時間として限度時間に算入されることになります。

以下場合分け説明します。
まず、土曜または祝日に労働させたが、同じ週に代休を与えた結果、その週の労働時間が40時間の範囲内にあるという場合、時間外労働とはならず、当然、時間外限度時間にも算入されません。
次に、土曜または祝日に労働させ、その週(A週)の労働時間が48時間となり、次の週(B週)に代休を与えて、その週(B週)の労働時間が32時間となった場合、A週の時間外労働8時間分は限度時間に算入され、B週で代休を与えたからと言って限度時間から相殺されるということはありません。

結局、法定外休日の労働の場合、代休で相殺できるかどうかという話にはならず、当該週で法定労働時間を超えたかどうかが、時間外限度時間に算入されるかどうかの分水嶺ということになります。

なお、時間外限度時間に算入さるのは、所定労働時間ではなく法定労働時間(原則として一日8時間、週40時間)を超える労働時間です。残業(所定労働時間を超える労働)と時間外労働(法定労働時間を超える労働)は必ずしも一致するものではないのでご注意ください。

投稿日:2009/12/22 13:28 ID:QA-0018683

回答が参考になった 6

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
代休の取得について
よろしくお願いいたします。 弊社では、休日に6時間以上勤務した場合には、代休が取れるようになっていますが、休日に4時間の勤務を2回して、合わせて8時間になるので、1日分の代休を取りたいとの申し出がありましので、代休を与えようと思いますが、何か問題があるのでしょうか?
代休の取得時間について
当社では、休日労働だけでなく、時間外労働が50H/月を超えた場合でも、代休を取得することができます。 そこで、もし社員が代休を取得した場合、三六協定上の時間外労働としてカウントする時間から代休取得分の時間をマイナスすることはできるのでしょうか。 ご教示の程宜しくお願い致します。
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
振替休日
「振替休日」には、大きく分けて労働基準法上の振替休日と、カレンダー上の振替休日があります。このうち、労働基準法上の振替休日の意味を理解していないと、給与計算を間違えたり、トラブルになったりすることがあります。また、休日の割増賃金が発生する「代休」との違いについての理解も欠かせません。これらは賃金の増...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...