人事のQ&A<解決済み>

相談数10693件   回答数22187

残業代の自己申告制について

フレックスタイムの残業代についてお伺いします。
現在、労使協定にて“1ヶ月における規定労働時間を超過したときは
超過時間を時間外労働とし時間外労働手当てを支給する。”
と定めております。しかしながら実際は日々事前の自己申告制により上長の許可のおりた時間に関しては残業代が支払われていますが、
それ以外の超過時間については支払われておりません。
タイムカード上では1ヶ月の規定時間を超え賃金台帳では残業代が支払われていないという事実は残ってしまいますが、“上長が認めていない残業の為支払われていない”という理由で労働基準監督署などに通用するものなのでしょうか。

  • *****さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2009/07/10 18:42
  • ID:QA-0016764
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2009/07/10 18:55
  • ID:QA-0016766

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

原則として認められない

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

ご質問の「上長が認めていない残業の為支払われていない”という理由で労働基準監督署などに通用するものなのでしょうか」についてですが、これは、原則として認められないと思われます。
というのも、法定上の時間外手当の支払いは、「上長承認云々」ではなく、当該時間に業務を行った実態があるかどうかで判断すべきだからです。

したがって、現実の実務運用としては、
 ①「上長承認なく残業をしない」という原則は、社内に徹底する。
 ②上長承認なき業務が発生した場合は、本人には「そのようなことが以後ないように!」と指導しつつ、残業計上は行う。
 ③次回以降、承認なき残業を行わないよう徹底させる。
以外にありません。

ご参考まで。

  • 投稿日:2009/07/10 18:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2009/07/10 19:58
  • ID:QA-0016770

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、既に田添様から適切な回答がなされていますように、上長の承認がなくとも事実として超過時間が存在する場合には原則としまして時間外割増賃金の支払が必要になります。

但し、単に許可を出していないだけでなく、事前に帰宅するよう当人に促したにも関わらず管理者に気付かれないまま勝手に残って仕事を行ったような場合ですと、もはや会社の指揮命令下で行っている労働とはいえませんので、割増賃金の支払義務は発生しないものといえます。

つまり残業の事実を黙認せず、人事担当または上司等の管理者がその都度きちんとした対応をされるということが重要になりますし、その上で特別な理由も無く勝手残業を繰り返す場合には就業規則違反等で規定に沿った懲戒処分を科すことも当然検討されるべきです。

しかしながら、月内に済ます必要のある業務量が多く所定労働時間でこなすことが困難の場合ですと、会社の対応に関わらず時間外労働割増賃金が認められるとされていますので、明らかに業務量が過剰とならないよう配慮される事も重要といえます。

  • 投稿日:2009/07/10 19:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2009/07/10 20:01
  • ID:QA-0016771

この回答者の情報は非公開になりました

残業の状況

昨今の経済状況から、残業代支給を止める企業は増えています。
しかし業務を行っているにもかかわらず、「サービス残業」としてしまうのは当然違法になりますので、労基対策ではなく、御社の意識改革が必要ではないかと拝察いたします。

残業はすればするほどお金がもらえるもの、ではなく、上長許可無しの残業は大きなマイナス評価になることを、各管理者を通じて今一度社内で通達をされると良いと思います。

全社で意識改革をしませんと、「残業代かせぎ」を狙う社員は出てしまうものだと思います。一方ついでに申し上げますと、恒常的業務過多の場合は、別のアプローチが必要になります。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
「日経の研修」 女性活躍推進のためのダイバーシティ調査
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
藤田 敏克 藤田 敏克
代表
得意分野:法改正対策・助成金、労務・賃金、人材採用、人事考課・目標管理
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


データベースサービス

データベースサービス

『日本の人事部』特別会員なら、「朝日新聞」「日経BP雑誌」の記事横断検索など多数のサービスを年会費無料で利用可能。


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...