企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

人事評価制度の最新実態
~制度の改定や評価関連施策の実施状況、処遇への反映~ (1/3ページ)

2014/10/22
労政時報 photo

評価制度の現状はどうなっているのか、また、運用はどのように行われているのか、企業の課題認識にはどのようなものがあるか――。これらを探るべく、一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2014年5月に、企業に対しWEBアンケートを実施しました。本記事では、制度の改定状況、評価関連施策の実施状況などを紹介します。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。


【 調査概要 】
調査名:「人事評価制度の実態と運用に関する調査」
調査時期:2014年5月14~23日
調査対象:『労政時報』定期購読者向けサイト「WEB労政時報」の登録者から抽出した人事労務・総務担当者の計6694人
調査方法:WEBによるアンケート
集計対象:254社(1社1人)

人事評価制度の改定状況

2010年以降における改定状況
一般社員、管理職とも約半数が何らかの改定を実施

2010年以降に人事評価制度に関する改定(見直し、新制度の導入など)を行ったかどうか尋ねたところ、「改定した」企業は一般社員で46.5%、管理職で49.6%でした。

一般社員について規模別に見ると、「改定した」は1000人以上41.4%、300~999人45.5%、100~299人52.6%、100人未満45.0%と、100~299人で多くなっています。管理職は、1000人以上50.0%、300~999人48.9%、100~299人51.3%、100人未満45.0%と、100人未満が少なく、ほかは規模による違いは大きくありません。

産業別では、製造業では一般社員41.5%、管理職43.1%に対し、非製造業は一般社員51.1%、管理職55.7%と、非製造業のほうが製造業よりも10ポイント前後割合が高くなっています。

調査方法や集計(回答)企業が異なるものの、10年10月~11年1月に行った同趣旨の調査(第3797号-11. 5.13参照。以下、前回調査)では、06年から10年にかけて人事考課制度を改定した企業は、一般社員47.8%、管理職51.7%であったので、微減といえます。

制度の改定年は、[図表1]のようになりました。最も回答が集中しているのは、一般社員(33.1%)、管理職(34.9%)とも13年で、翌14年と合わせると、6割以上がこの2年間に改定を実施しています。

【図表1】評価制度の改定年
【図表1】評価制度の改定年
[注]
無回答を除いているので、足し上げても100.0にならない場合がある(以下同じ)。

今後の改定予定 ~6割強は改定の予定なし

今後の改定「予定あり」は、一般社員35.8%、管理職36.2%といずれも3割台の半ば。規模別に「予定あり」の割合を見ると、一般社員、管理職とも1000人以上と100~299人規模で約4割になっています。前回調査では、今後「予定あり」とする割合が、一般社員47.5%、管理職45.5%と、いずれも4割台の後半であったので、改定の意向は下がっているといえるでしょう。

また、10年以降の制度改定状況と、今後の改定予定との関係をクロス集計したところ、制度を改定し、今後も改定「予定あり」と答えた企業は、一般社員で13.0%、管理職で13.8%。反対に10年以降改定を行っておらず、今後も改定「予定なし」とする企業は、一般社員で30.7%、管理職で28.0%となっています。

今後の改定予定の内容はさまざまですが、評価基準・項目の見直し、目標管理制度の見直し、その他人事制度全体の見直し、よりメリハリを付ける――などが複数社から挙げられました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載
本誌特別調査
2017年役員報酬・賞与等の最新実態(労務行政研究所)
社長の年収は4441万円。社外取締役の年間報酬の平均額は643万円
企業役員の年間報酬や、その他処遇はどのようになっているのだろうか?社外取締役の選任状況は?最新の調査結果から、年間報酬に関して役位別の水準と社外取締役について紹...
2018/06/13掲載
本誌特別調査
2017年度労働時間総合調査(労務行政研究所)
所定・総実労働時間、休日・休暇、時間外労働等の最新実態と長時間労働削減への取り組み状況
「働き方改革」で、長時間労働削減など労働時間の見直しが叫ばれる中、労働時間の実態はどうなっているのだろうか?238社の調査結果から、有給休暇、時間外労働など、各...
2018/04/16掲載

関連する記事

注目の「1 on 1」を企業変革の切り札にしていくためには?
リクルートマネジメントソリューションズ、1 on 1実践支援ツールをリリース
企業が厳しく複雑なビジネス競争を勝ちぬくには、現場の社員一人ひとりが創意工夫を凝らして仕事に取り組み、成果を上げていくことが必要です。現場の実践力を高めるために...
2018/06/06掲載注目の記事
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』開催レポート
2016年3月18日(金)お茶の水のソラシティカンファレンスセンターにおいて、株式会社ヒューマンバリューは、『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』を開催...
2016/04/13掲載イベントレポート
株式会社 三越伊勢丹ホールディングス:人事部が変われば、現場が変わる、店頭が変わる とことん“個”に向き合う三越伊勢丹グループの人材戦略とは(後編)
消費市場の回復が鈍く、百貨店各社の中には“脱・百貨店”を摸索する動きも見られます。そうしたなか、「三越」「伊勢丹」という強力なブランド力を活かし、百貨店のあるべ...
2015/12/11掲載となりの人事部
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 管理者が成長するために必要なこと

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...