企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

厳選採用時代の中途採用に必要な「企業の意識」とは
厳選採用のもう一つの顔 企業が「厳選」されることもある

連日のように「大学生の厳しい就職活動の状況」が報道されているが、企業による「買い手市場」「厳選採用」が定着しているのは、中途採用でも同じだろう。ある程度以上の企業では、「大量に応募してくる候補者の中から、本当に優秀な人材を見分けるにはどうしたらいいのか」というのが、採用に関する大きな課題になっているようだ。だが、厳選採用時代では、企業も厳選される存在といえる。しかし、企業側ではそのことを忘れてしまうケースもあるようだ。

候補者の数は多いが…

「先月、ホームページをリニューアルされましたが、その後の反響はいかがですか」

医薬品業界の有力企業であるM社の採用マネジャーと直接話す機会があったので、そうたずねてみた。これまでM社は、主に人材紹介会社経由で中途採用を行ってきたが、直接の募集も強化するため、自社のホームページ内で採用コーナーを拡充したのだった。

「思った以上にいいですよ。有望な若手や第二新卒を中心に採りたいと思って始めたのですが、応募が多すぎて、本当にいい人材を見分けることは大変だと気づきました。現在、一次面接を進めているところですが、数が多いため連日面接が続いています」とマネジャーは上機嫌だ。

「最近、若手社員の早期離職が増えているという話をよく耳にしますが、第二新卒クラスの募集にこれだけ応募が多いのはそれが理由なんでしょうね。私たちは数多く採用するのではなく、本当に熱意のある人材だけに絞り込んで採用し、じっくり育てていきたいと思っています。そうなると、どうしても『厳選採用』になってしまいますね」

改めて説明するまでもないだろうが、厳選採用とは、採用予定人数に達しなくても、自社が求めるレベル以上の人材がもういないと判断したら、そこで採用を打ち切るというものだ。特に中途採用では、しばらく間をおいて再募集すれば、新たな転職希望者から応募があると考えられ、無理に採用レベルを下げる必要もない。まさに「買い手市場」の時代ならではの採用スタイルといえるだろう。

数日後、私の手元にM社の若手募集に良いのではないかと思われる転職希望者の情報が入ってきた。先日の話では「自社募集と人材紹介会社からの推薦を併用する」とのことだったので、紹介してみることにした。

「実は、ちょうど内定を出し終わったところなんです。今回はほとんどの人が入社してくれそうなので、また次回にお願いできますか」

M社の自社募集は順調に進んでいるようだった。私はM社の若手募集情報に「いったん終了」のチェックマークをつけた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2011/10/26

質と数はいつも相反する。もちろん優秀な人材が求める数だけ取れればよいのだが、なかなかそうは行かない。売り手市場、買い手市場ではなく、採用計画が質を重視するのか、数を重視するのかを見極めて活動しなければならないと思います。

1件中 1~1件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。