人事辞典 掲載日:2019/06/28

【ヨミ】コンバージョンレート コンバージョンレート(CVR)

「コンバージョンレート」とは、Webサイトなどに訪れた人のうち最終的な成果に至った人の割合のことをいい、CVRとも略されます。最近ではWebサイトの成果に限らず、企業や団体と何らかの接触を持った顧客のうち実際に顧客やサービス会員に転換した人の割合、という広義の意味でも使用されています。接触がどの程度次のアクションへのきっかけを与えたのかを計り、改善に生かすための尺度として、さまざまなビジネスシーンで使用されています。企業の人材採用においても、活用できる考え方です。

コンバージョンレート(CVR)のケーススタディ

今、採用担当者に求められる
マーケティングスキルとは

世の中にはさまざまなWebサイトがありますが、その目的はサイトによって異なっています。例えば通販サイトであれば、商品を購入してもらうことがゴールかもしれません。しかし、サイトを見ている人が必ず購入に至るとは限らないでしょう。そのため、Webサイトに訪れた人のうち、どの程度の割合が最終的なゴールにたどり着いたのかを、コンバージョンレートという指標で測ることが重要なのです。

コンバージョンレートは、「コンバージョン数(目的に至った人の数) / 訪問数(セッション数)」で求めることができます。コンバージョンレートが0%ならば、サイトへの来訪者が誰もネクストアクションを起こさない状態を表し、100%ならばすべての来訪者がアクションを起こしたことを表します。コンバージョンレートの値が高いほど、見込み顧客を少ないコストで効率よく顧客に転換できていることになります。

こうした考え方は、企業の採用などのシーンにも活用することができます。例えば、採用サイトや求人情報サイトへのアクセス数に対して、実際の応募数をコンバージョン数とした場合。CVRを見ることで、そもそものアクセス数に課題があるのか、アクセスされた後の応募喚起に課題があるのかといった課題把握に役立てられます。前者であれば広告などを使ったアクセス数を増やすための工夫、後者であればサイト内のコンテンツや導線の見直しなどが必要かもしれません。課題がわかれば、それをもとに改善することができるのです。

Webマーケターが広告の内容を考え、出稿し、コンバージョンレートを確認し、次の内容や出向先の改善につなげるといったPDCAは、採用業務にも通じるものがあります。求人情報を書き、求人情報サイトなどに出稿し、応募数や応募者の進捗を確認し、結果を踏まえて求人情報や採用プロセスを改善する採用活動は、まさにマーケティング。面接では一人ひとりと向き合い、個人に応じた対応を心掛けていくべきですが、いかに潜在層にアプローチし、アクションを起こしたくなる接触を作れるかは、データで改善することができます。

では、どうすれば採用担当者はマーケティング感覚を養っていくことができるのでしょうか。まずは、身近なツールを使ってみることです。例えば、Facebook広告やTwitter広告。どの層にターゲティングをするか、どのような文言・写真を掲載するか、そこから見えてくる変化を認識することで、自社に合った発信内容・発信方法を徐々に見つけていくことが大切です。コンバージョンの意識が高まれば、サイトからのエントリーが増えたり、スカウトメールの開封率が増えたり、といった成果が得られるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード