企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スクラムサイヨウ スクラム採用

「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者との接点を増やし、優秀な人材の採用を目指す企業が増えているようです。(2019/5/31掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクラム採用のケーススタディ

出会えなかった人材に出会うために。
スクラム採用に必要な三つの要素

全社一丸となって採用業務に取り組む、スクラム採用。近年、従業員が知人を自社に呼び込む「リファラル採用」が注目されていますが、これもスクラム採用の一つといえます。

こうした新たな採用に取り組む企業が増える一方で、「導入してもなかなかうまく行かなかった」といった声や、「一般の従業員に採用広報を任せて、本当に大丈夫なのか」といった不安も聞かれます。スクラム採用を成功させるためには、何がポイントになるのでしょうか。

スクラム採用を行う上でまず大切なのは、従業員に「採用」が人事だけの仕事ではなく、全社として取り組むべき重要な課題だと認識してもらうことです。いくら人事が採用への協力を呼び掛けたところで、従業員がひとごとだと思っていたら、うまく行きません。そのため、「なぜ実施するのか」「それによって何を実現したいのか」をまずしっかりと説明し、従業員に理解してもらう必要があります。

スクラム採用の目的を社内に共有した後は、実際に業務を行うための体制を整えなければなりません。全社で採用活動を行うといっても、業務の中には人事担当者が行わなければならないものもあります。業務を分解することで、従業員に任せる部分と人事でなければできない部分を整理することが大切です。

業務を一つひとつ分解していくと、人事以外の従業員でも、得意分野を生かして携われる業務が多いことに気付きます。例えば、求人募集のSNS発信。会社の中を見渡すと、実はSNSでフォロワーの多いマイクロインフルエンサーがいるかもしれません。また、会社説明会での司会進行を、トークの上手な人に任せることもできるでしょう。分解した業務を、最適な能力を持った社員に任せていくことが、スクラム採用成功のポイントです。

実際にスクラム採用を開始した後には、成果の可視化を行うことが重要です。社員の働きかけによって、どのような成果を得られたかを全社的にフィードバックすることは、ナレッジの共有や社員の採用に対するモチベーションアップへとつながります。スクラム採用が軌道に乗れば、人事担当者にはそれぞれの従業員をサポートし、採用というプロジェクトをマネジメントする役割が求められるでしょう。

このように全社員を巻き込んだ採用を行うメリットは、採用広報のチャネルが増え、人事担当者だけでは出会えなかった人材にリーチできること。また、業務を社員に権限委譲した分、人事担当者が別の業務に時間を割くことができることも大きなメリットです。

※「スクラム採用」は株式会社HERPの商標又は登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

採用広報
「採用広報」とは、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。
ATS
「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募者受付から採用決定までにかかる人事担当者の業務を一つのシステム上で一元管理し、適時・適切な採用活動を進めるための機能を実装したシステムの総称です。応募者データ...
地域限定型採用
地域で募集・採用し、勤務してもらう採用方法のこと。昇進・昇給のスピードは遅くなりますが、転勤はありません。

関連する記事

採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。このような「成果を上げている」企業は、「採用市場において勝つためのプランニングができている」「採用活動に...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「新卒採用代行・アウトソーシング」のポイントと最新サービス
現代の新卒採用は、厳選採用やグローバル化への対応など、そのすべてのプロセスにおいて、明確な戦略ときめ細やかな対応が求められている。
2010/12/27掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...