無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事辞典 掲載日:2018/07/13

【ヨミ】ブラインドサイヨウ ブラインド採用

「ブラインド採用」とは、選考過程において名前や性別、年齢、学歴といった個人情報を取り除き、能力のみで応募者を評価・採用する取り組みのことを指します。ブラインド採用の目的は、評価者自身も気づいていない先入観や偏見を排除すること。これにより、従業員のダイバーシティ推進にもつながると考えられています。

ブラインド採用のケーススタディ

なぜ会社には似たような人材が集まるのか?
ブラインド採用で、社内に新たな風を

会社の中を見渡すと、従業員のさまざまな共通点が見えてきます。特定の大学の出身者が多かったり、なぜか野球部出身者が多かったり。容姿やファッションが似ているといった共通点もあるかもしれません。明確な採用要件ではなかったとしても、選考を進めているうちに「うちの社風に合いそうだ」と、つい似たタイプを採用してしまうケースは多いようです。

スタンフォード大学のクレイマン・ジェンダー研究所が行った、有名な実験があります。70年代、アメリカでは、オーケストラの団員のうち、女性が占める割合はわずか5%でした。そこで、選考の過程でバイアスが働いているのではないかとの仮説に基づき、演奏する姿が見えないよう、幕を挟んでオーディションを実施する実験が行われました。その結果、一次審査を通過した女性の比率は、なんと50パーセントを越えたというのです。

アメリカや韓国などでは、こうしたアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)による従業員が画一化や、雇用機会の不平などを防ぐため、ブラインド採用を導入する企業が増えています。

アメリカでは、日本における学歴や性別などのバイアスに加えて、人種も採用に影響しているのが実情です。しかし、IMBの子会社が実際にブラインド採用を導入したところ、純粋に能力を評価するこの方法で入社した従業員が業務成績の上位を占めるようになったそうです。

韓国は超学歴社会で、名の知れた大学を卒業していないと大企業への就職は難しく、履歴書に貼付する顔写真の良し悪しも、結果を大きく左右するといわれてきました。そこで2017年6月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、若年層に公正なスタートラインを保証するため、公務員や公共団体での選考には「ブラインド採用」を導入するよう指示しました。

採用に多様性が求められているのはなぜでしょうか。それは、産業構造が変わってきているからです。日本の場合、製造業が中心だった高度経済成長期においては、時間をかけて生産すればするほど売り上げが上がっていました。そのため、組織に多様性があるかどうかは重要ではありませんでした。しかし、物を作れば売れる時代は終わりました。今求められているのは、イノベーション。新たなアイデアを生み出すには、違う価値観やバックグラウンドを持つ人との出会いが欠かせないのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード