無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

非正社員しかいない職種に関する同一賃金同一労働の扱い

当社において、職種によっては非正社員しかいないものもあります。
この場合、比較対象となる正社員がいない為、いわゆる同一同一問題に対しては対応はしなくても問題はないのでしょうか。

①全社において比較対象となる正社員がいない
②他営業所には同じ職種を行っている正社員がいる

この2つのケースが想定されますが、特に①の場合、比較対象がいなくとも類似業務、もしくは類似でなくとも「何が何でも正社員」と手当や待遇について比較しなければならないものか理解が追い付いていません。
ご教示ください。

投稿日:2020/12/01 12:04 ID:QA-0098715

テンプりんさん
東京都/電気・ガス・水道・エネルギー

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

考え方

同一労働同一賃金の一番の要は「同一労働」です。職位や労働条件はあくまで各社が独自に決めるものであり、正社員という定義自体法的なものではありません。あくまで「無期雇用」「有期雇用」の違いです。いずれにしても①のように、職名を問わず「他に同一業務(労働)が無い」のであれば、問題はありません。一方、②は「同じ法人内で同一業務がある」ことになりますので、改善対応が必要となるでしょう。

投稿日:2020/12/01 14:06 ID:QA-0098731

相談者より

ご教示ありがとうございました。
職域によって、①、②の両方のケースがありましたので迷っていました。②の運用は想定通りでしたが②だけ対応した場合①の従業員から不公平感が出そうで今後はその点が課題かな、と認識しております。

投稿日:2020/12/16 12:36 ID:QA-0099192大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、非正規社員のみの雇用という事であれば、他社の正社員と比較する事は困難ですし、それ故対応も不要といえます。

これに対し他の営業所で同じ業務に従事している正社員がいる場合ですと、当然ながら考慮しなければなりません。

投稿日:2020/12/01 21:28 ID:QA-0098745

相談者より

ご教示ありがとうございました。
職域によって、①、②の両方のケースがありましたので迷っていました。②の運用は想定通りでしたが②だけ対応した場合①の従業員から不公平感が出そうで今後はその点が課題かな、と認識しております。

投稿日:2020/12/16 12:37 ID:QA-0099193大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
同一労働同一賃金とは?ガイドラインを詳しく解説

働き方改革関連法の柱の一つが「同一労働同一賃金」です。
2018年末には、厚生労働省の諮問機関である労働政策審議会の部会で、具体的なルールが承認されました。基本給や賞与、各種手当て等「賃金」に関することだけでなく、教育訓練や福利厚生までが対象となるこの制度について、上野真裕弁護士に伺いました。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード