企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15375件   回答数33191

公休数の設定

現在、公休数が月8~9回、一日の所定内労働時間を8時間と設定しておりますが、これを月6~7回し、週40時間になるよう一日の所定内労働時間を変更したいと考えております。このようなケースは違法になるのでしょうか。また、公休数の設定を役職別や部署別に設定することは可能なのでしょうか。
お手数をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

  • *****さん
  • 京都府
  • フードサービス
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2005/06/18 09:19
  • ID:QA-0000955
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/06/18 09:45
  • ID:QA-0000956

新島 哲
新島労務管理事務所 所長

公休数の設定

毎週1回または4週に4日の休日の休日を与えること、労働時間が週40時間を超えないこと、この2点を守ることができるのなら、質問の内容で制度を変更することも可能と思われます。ただ、フードサービスということであれば、変形労働時間制の方が適しているかもしれません。変形労働時間制を使えば、日によって労働時間を変動させることもできますので、より柔軟なシフト体制を組むことができます。

但し、どちらにせよ、休日数が減ることは不利益変更となる可能性がありますので注意して下さい。従業員が納得するよう、きちんとした説明が必要です。

  • 投稿日:2005/06/18 09:45
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/06/19 00:21
  • ID:QA-0000962

川島 孝一
川島経営労務管理事務所 所長

公休数の設定

1週間に6日出勤する週が発生し、かつ40時間以内にするには、1日の労働時間を6時間40分とせざるを得ません。
また、新島先生がご指摘のように、たとえば変形労働時間制とすると、1日7時間労働とすれば平均して40時間以内に収まると考えられ、こちらのほうが現実的だと思います。
なお、部署別や役職別に変形制と通常勤務、あるいは勤務時間・日数を変えることは特に問題はありません。
いずれにせよ就業規則を変更し、かならずしも不利益変更とは言えないですが、従業員に納得してもらった上、変更するほうがのぞましいでしょう。

  • 投稿日:2005/06/20 11:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

先生方、ありがとうございます。これらのご指導をもとに改定に取り組んで行きたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2005/06/20 09:43
  • ID:QA-0000965

この回答者の情報は非公開になりました

公休数の設定

1日の労働時間が減ることも含めてトータルで見れば不利益にはならないのではないか、と言う考え方もあろうかと思いますが、少なくとも休日数が減少する点において不利益変更にあたることは間違いありません。
仮に月8~9回の休日という点を重視して入社して、月6~7日であれば極端な話退職せざるを得ないという方がいた場合、その方にとっては重大な労働条件の変更になります。
従業員の同意を得て実施するのであれば問題ないと思いますが、そうでないのであれば、無効と判断される可能性も全く無いとは言い切れない、ということは理解しておくべきでしょう。
今回の場合、トータルとしての不利益性は大きくないと考えられますので会社としての変更の必要性が高いのであれば、変更を進めるべき案件と思いますが、従業員への十分な説明は不可欠であると思います。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
所定労働時間について
所定労働時間についてご質問させていただいきます。 弊社は日曜日を法定休日としております。 ある週に、1日有給を取得し、(月)~(金)までの週の所定労働時間が32時間の週がありました。 この場合、法定休日の日曜日に9時間勤務した場合はですが、 ①「(月)~(金)の所定労働時間=32時間」+「(日)...
裁量労働制のみなし労働時間について
基本的な質問で恐縮です。 裁量労働制を導入した場合でも、みなし労働時間分を労働したと「みなす」だけであるから、みなし労働時間は、時間外労働の制限である「1か月45時間」「1年間360時間」ほかを超過しないように設定しなければならないとの認識で正しいでしょうか?
フレックス制での休日設定
いつもお世話になっております。 早速ですが、フレックス制での休日設定についておたずねします。 当社はフレックス制で、1日8時間労働の完全週休2日(土日)としています。 この程、業務負荷の関係で、1カ月の中で、1週間だけ休日を、日曜日と月曜日にしたいと考えています。 具体的に言いますと、2018...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
役職定年制
役職定年制とは、役職者が一定年齢に達したら管理職ポストをはずれ、専門職などに異動する制度。人事の新陳代謝を促し、組織の活性化や若手の育成、モチベーションの向上を図るとともに、年功序列制度のもとでは人件費コストの増加を抑えるねらいもあります。
KPI
「KPI」はKey Performance Indicatorの略で、一般に「重要業績評価指標」と訳されます。企業目標やビジネス戦略の実現に向けて、業務プロセスが適切に実施されているかどうかをモニタリングする目的で設定される業績評価指標(Performance Indicators)のうち、特に重...
PDCA
「PDCA」とは、業務改善や目標達成のために、継続的に生産プロセスを改善していくためのフレームワークです。「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Act(改善)」という英単語の頭文字をとったもので、各フェーズを繰り返し循環させることで改善が進むため、「PDCAサイクル」とも呼ばれ...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか Web採用説明会でエントリー30%UP
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...