企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

派遣元より、派遣社員の休業補償の催促

新型コロナウィルスの影響により、業務が激減しています。
正社員は、原則在宅勤務テレワーク)に移行しました。
ただ、正社員でも社内でしかできない人は諦めて出社しています。
派遣社員に関しては、仕事がない(業務を監督できない。指導できない)ので
休業してもらうように依頼しました。

ここで、派遣元より派遣社員の休業補償を要求されました。

派遣元の言い分
①他社はテレワークを導入している、御社は派遣社員にテレワークを導入する努力を怠った。
これは使用者の責めに帰する事由に該当するので、契約書通り休業補償を支払え

② 損害賠償等に係る適切な措置
◎派遣先が講ずべき措置に関する指針(平成 11 年労働省告示第 138 号)
派遣先は、派遣先の責に帰すべき事由により労働者派遣契約の契約期間が満了する前
に労働者派遣契約の解除を行おうとする場合には、派遣労働者の新たな就業機会の確保
を図ることとし、これができないときには、少なくとも当該労働者派遣契約の解除に伴
い当該派遣元事業主が当該労働者派遣に係る派遣労働者を休業させること等を余儀な
くされたことにより生じた損害の賠償を行わなければならないこと。例えば、当該派遣
元事業主が当該派遣労働者を休業させる場合は休業手当に相当する額以上の額につい
て、当該派遣元事業主がやむを得ない事由により当該派遣労働者を解雇する場合は、派
遣先による解除の申入れが相当の猶予期間をもって行われなかったことにより当該派
遣元事業主が解雇の予告をしないときは 30 日分以上、当該予告をした日から解雇の日
までの期間が 30 日に満たないときは当該解雇の日の 30 日前の日から当該予告の日まで
の日数分以上の賃金に相当する額以上の額について、損害の賠償を行わなければならな
いこと。その他派遣先は派遣元事業主と十分に協議した上で適切な善後処理方策を講ず
ること。また、派遣元事業主及び派遣先の双方の責に帰すべき事由がある場合には、派
遣元事業主及び派遣先のそれぞれの責に帰すべき部分の割合についても十分に考慮す
ること。

この②の条文が適用されるので休業補償をしろ

①、②を根拠に休業補償を支払うよう求めてきております。

弊社としましては
①人数も少ない零細企業であり、監督が出来ない設備導入も厳しい
 (コロナが原因なのに、弊社の責めに帰する事由に該当する?)

②これは、契約期間中に解雇する場合の条文だと思います。
 弊社としては、一時的な休業で契約解除はしません。

③派遣元は雇用調整助成金を申請し、派遣社員に払うようです。
 弊社から休業補償を払うということは、派遣元は二重取りではないですか?


①、②、③の理由から、支払いを拒否しようと思っています。
この場合、弊社に落ち度はあるのでしょうか?
また、どのような対策を講じたらよろしいでしょうか?

投稿日:2020/04/25 20:04 ID:QA-0092570

ほろろんさん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の内容は、現時点では、厚生労働省の見解としてQ&Aにも出ておりますが、

民亊の話であり、派遣元・先間での話し合いによるとされています。

以下、ご参考まで
例えば、一時的な休業といっても先が見えないところがあります。

雇用調整助成金と派遣料金は、別物ともいえますので、二重とりというわけではありません。

立場が違えば、主張も違うと思いますが、今後裁判例など出てくれば、方向性がでてくるかもしれません。

投稿日:2020/04/27 15:59 ID:QA-0092604

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、基本的にはご認識の通りで、少なくとも派遣先の御社に直ちに休業補償分の請求に応じる義務まではございません。

つまり、派遣元による「御社は派遣社員にテレワークを導入する努力を怠った。これは使用者の責めに帰する事由に該当する」等という主張は、文面内容を拝見する限り御社の状況と相違しており、その根拠も明らかになっておりません。それ故、②を適用される根拠も明確でないものといえます。

従いまして、先方の一方的な請求に応じる必要はございませんが、両社間で真摯に協議を行って解決を図る努力をされるべきといえるでしょう。

投稿日:2020/04/27 17:40 ID:QA-0092618

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

貴社は営業禁止命令を受けているのではなく、
>仕事がない(業務を監督できない。指導できない)ので休業してもらうように依頼
とあります通り、派遣労働者を断ったのはやむを得ない事情ではありますが、貴社の決定となります。派遣会社の要求・請求には道理があります。
一方的に拒絶、請求ではなく、他社ではみな話し合いの下、落としどころを探っています。派遣料金全額では無くとも済むような額で妥協できないかなど、真摯に話し合ってみて下さい。

投稿日:2020/04/27 21:56 ID:QA-0092630

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休業と予告解雇の運用について
雇用調整を行うに際し、就業規則に休業規定を盛り込もうと考えています。現在は30日前の予告解雇しか規定されていません。 そうなると、休業を実施せずに予告解雇を行おうとした場合に、当該社員から休業手当付きの休業を要望されると想定されます。休業と予告解雇の運用について、ご教授願います。 今後の運用の参考に...
コロナ対応での休業時の派遣社員の休業補償
本欄で、4/13「派遣労働者の休業補償について」という質問に対して、「コロナ対応で休業した場合、派遣社員への休業補償は派遣元が行う」との明確な回答がありました。 しかしながら、厚労省の「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」では、派遣先にも対応の義務があると書かれています。 さらに、派遣...
労災休業補償について
平成14年12月に業務中負傷した従業員が休業をしております。年齢が当時69歳(現在72歳)ということもあり、現在まで休業が続いており、労災保険による休業補償が継続しております。 休業補償の期間限度はあるのか、打ち切り補償について、会社として雇用解除を含めて、今後はどのような対応を図っていけばいいか、...
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
テレワークマネージャー
「テレワークマネージャー」とは、総務省が主導する「テレワークマネージャー相談事業」において、テレワークの導入を検討している企業・団体などに、アドバイスや情報提供を行う専門家のこと。テレワークの導入コンサルティング実績を持つ人材を総務省がテレワークマネージャーとして認定したもので、支援を必要とする企業...
打切補償
業務上の事由で従業員が負傷したり病気になったりした場合、使用者は従業員に対して全治するまで必要な補償(療養補償)を行う責任を有します。「打切補償」とはこれに対し、労働基準法81条が、使用者負担を軽減する趣旨で規定している免責措置。療養開始後3年を経過しても、負傷または疾病が治らない場合に限り、使用者...
特定目的行為
「特定目的行為」とは、労働者派遣契約の締結に際して、派遣先企業が派遣労働者を特定することを目的とする行為のことで、労働者派遣法26条7項により禁止されている違反行為です。具体的には、労働者派遣に先立つ事前面接や履歴書の送付要求、性別や年齢による派遣労働者の限定などが、これに含まれます。派遣法が特定目...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...