企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

従業員アンケート結果 サービス残業があるの対処方法について

大変お世話になります。いつも参考にさせて頂いています。さて、タイトルについてですが、弊社では約3,000名を対象に従業員アンケートを実施致しました。
その中の設問で「あなたはこの1年間でサービス残業をしたことがあるか」との回答で
12%360名もの従業員が「したことがある」でした。
弊社はここ数年サービス残業の撲滅ために内勤者は入退室管理、外勤者はドライブレコーダーと勤怠を連動させる等システム改善を進めてきています。
何故サービス残業をしたのか(しているのか)について、360名全員から自由に要因を記載して頂いたところ、上司からの勤務時間修正指示・勤怠否認等の具体的な行動は100%無く、組織タイムマネジメントの中で従業員自ら虚偽申請をしていることが発見されました。
このような労務管理の中、労働基準監督署等よりの指導や、仮に従業員より告発があった際、賃金未払いに該当するものか、それとも従業員の協力的活動と捉えられるのか、如何なものでしょうか。

このアンケートはもちろん匿名性は完全に担保されており、従業員も忌憚のない意見を記載してくれています。

投稿日:2020/04/16 13:32 ID:QA-0092269

いちしおさん
東京都/商社(専門)

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、いわゆるサービス残業につきましては、労働基準法上の賃金全額払いの原則に反する明白違法行為となります。

従いまして、これが発覚しますと、従業員の協力的活動等と受け止められる余地はなく、労働基準監督署から是正勧告を受け発覚した時間分の残業代を支払う事が命じられることになるでしょう。

アンケートでは「組織タイムマネジメントの中で従業員自ら虚偽申請」されているという事ですが、本当にサービス残業僕滅が各職場で徹底されているのであれば、そのような虚偽申請が発生する事は考えられないものといえます。

恐らくは残業申請を躊躇してしまうような職場の雰囲気が一部で根強く残っているものと思われますので、現場での実態調査をされた上で今一度全従業員に対し啓発・指導を行われるべきといえます。

投稿日:2020/04/16 20:55 ID:QA-0092280

相談者より

ご回答ありがとうございました。
調査を深掘りして、啓発を進めてまいります。

投稿日:2020/04/20 07:14 ID:QA-0092336大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

鈴木 孝裕
鈴木 孝裕
株式会社ウェブサーブ 代表取締役

勤怠管理システムと組織運用で防ぐことが可能です。

「組織タイムマネジメントの中で従業員自ら虚偽申請をしている」という状況の理解はできていませんが、基本はタイムレコーダによる客観的な労働時間把握をベースにすることに加え、弊社の勤怠管理システムBizWork+では、未払い残業請求対策機能を標準で持っております。
ご興味がありましたら、
https://jinjibu.jp/service/detl/6512/
や資料ダウンロードの資料をご参考ください。
導入事例は、
https://biz-work.jp/customer/index.html
にあります。

投稿日:2020/04/17 09:42 ID:QA-0092294

相談者より

ありがとうございます。弊社も大手メーカー系列のシステムを使用していますが、100%どうにゅうではありませんので全てのフェーズを網羅するよう勧めてまいります

投稿日:2020/04/20 07:16 ID:QA-0092337参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

サービス残業は許されないものである一方、1分たりとも完全にゼロにすることも不可能です。問題は実態として継続的、慣習的なサービス残業があるかどうかでしょう。
さすがに今どきサービス残業を強要したり、虚偽のタイムカード申請をさせる上司はいないと信じますが(いれば犯罪行為)、帰りにくい雰囲気を出したりイヤミをいうような管理者意識に欠ける管理職がいないかについては、こうしたデータを元に定期的に調査してはいかがでしょうか。
そうしたサービス残業撲滅への姿勢が問われますので、何もせず無策は最大のリスクです。

投稿日:2020/04/17 10:20 ID:QA-0092298

相談者より

ありがとうございました。お話を頂いたように再度調査の深掘りを実施してまいります。

投稿日:2020/04/20 07:17 ID:QA-0092338参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

従業員アンケート結果をどう見る

▼「上司からの修正指示・勤怠否認等の具体的な行動は100%無し」、「従業員自ら(自主的という意味?)虚偽申請」のお先棒を担いでいるという図式です。
▼当局調査があれば、当然、矛先は、使用者に向けられますが、それにしても、従業員の方々はどのような対応されるのでしょうかね。「及ばざるは、過ぎたるが如し」ですかね。
▼指示もないのに、残業するのは、勝手残業と言われますが、更に実残業時間の水増請求と言った局面の出ないことを願うばかりです。 

投稿日:2020/04/17 12:03 ID:QA-0092313

相談者より

ありがとうございます。お話を頂いたように一方からではなく多面的に分析をしていく必要があります。ありがとうございました

投稿日:2020/04/20 07:18 ID:QA-0092339参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

元労働局・総合労働相談員として、労基署での勤務経験に基づいて言わせていただきますと、従業員の協力的活動などという言い分は労基署には通じません。

また、労基法においても、サービス残業などという発想はありません。

従業員から申告があれば、まず監督官は調査に必要な書類の提出を求め、精査した結果、残業代未払いがあると判断すれば、確実に是正指導に動きますので、未払い分の残業代の支払いを求められます。

従業員には正しく申告するよう啓発し、改めて労務管理の適正化を図ることが急務です。

投稿日:2020/04/18 09:30 ID:QA-0092324

相談者より

ありがとうございました。全くその通りだと考えます。

投稿日:2020/04/20 07:19 ID:QA-0092340大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サービス残業
残業手当をもらわずに働く時間外労働。労働基準法では、法定労働時間を超えて働かせる場合、通常の2割5分以上の割増賃金を支払うことが義務付けられていますが、残業時間を自己申告制にしたり、上限を設けている場合、手当なしで働いたり、残業時間を短く見積もるなどの問題が起こっています。
従業員代表制
従業員の過半数で組織する労働組合がない事業所は、時間外労働に関する協定(いわゆる「36協定」)などの労使協定を締結する際、従業員の過半数を代表する者を従業員代表として締結することが定められています。また就業規則を作成・変更する際にも、従業員代表の意見を求めなければなりません。これを「従業員代表制」と...
持株会
自社の株を従業員が購入・保有できる制度が従業員持株制度です。この制度を運営する常設機関を「従業員持株会」または「社員持株会」といいます。持株会は従業員の福利厚生の一環として位置づけられ、近年では、経営側と従業員をつなぐ施策としての意味合いも持ち始めています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。