企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15375件   回答数33191

有給休暇付与について(特殊な雇用契約の従業員)

業務初心者です。オフィスに当該業務の先輩がいないため、ご相談申し上げます。

弊社スタッフの中に、「月200時間までは固定給(月給)、200時間を超えた業務は時給」という特殊な雇用契約を結んでいる者(以下「特殊契約者」)がおります。
労基法の有給休暇付与の条件(6ヶ月後 10日)は満たしております。
(そもそもこの契約形態がおかしいのかもしれませんが、ここでは触れておりません)

相談内容は、通常の契約スタッフとの公平性をどう保つかという点です。

【現状】
特殊契約者が、月200時間を超えて勤務した月に有給休暇を取得した場合、有給休暇分を月200時間の中には含めずに200時間を超えた業務として申請し、現在は会社もそれを認めています。

(1) 現状では特殊契約者は時間給 × 有休時間数を+αでもらえるため、非常に有利です。しかしこれでは、通常の契約スタッフとの公平性が保てません。

(2) そこで特殊契約者が有給休暇を取得した場合、それを月200時間に含めるという案を検討いたしました。しかし今度は、特殊契約者にとって有給休暇の権利があまり意味のないものになってしまうという意見が出ました。

理由:
この契約形態のスタッフは週○日勤務という固定ではありません。弊社で年間所定労働日数を考慮したうえで、自由にシフトを組めるため、本人がいつでも休暇が取れる契約です。
よって、有給休暇を月200時間に含めると規程したとしても、ただの休みと有給休暇の区別が曖昧になります。
そのため今度は、特殊契約スタッフにとって不利になるのでは?という考え方です。

上記につき、ご意見をいただけますと幸いです。

  • 投稿日:2020/02/19 11:56
  • ID:QA-0090626
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/19 23:20
  • ID:QA-0090651

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず月200時間という労働時間の契約の仕方自体が違法な措置になります。
つまり、法定労働時間は週40時間ですので、月200時間であればほぼ間違いなくこうした法定労働時間を超える状況になります。

従いまして、こうした法令違反となる内容を含む契約は早急に見直しをされ、少なくとも週平均で40時間労働に収まる時間を所定労働時間の上限とされる事が必要です。加えまして、週平均のみならず1日8時間及び週40時間を超える勤務がない旨も定めておく必要がございます。勿論、時間外労働に関しまして36協定及び就業規則の定めがあれば、実際にはそうした時間を超える勤務があっても問題ないですが、その場合も割増賃金の支給をしなければなりませんので注意が必要です。

そして、本題の年休につきましては、労働義務のある日にのみ取得が認められますので、そもそも200時間云々といったように時間に対して取得させるのではなく、勤務予定のあった日について暦日単位で取得させる事が必要になります。

  • 投稿日:2020/02/20 17:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

やはり違法な契約であるということが確認でき、大変助かりました。
スタッフ本人が不利になることなく、かつ法令も遵守するような契約形態を会社に提案したいので、私自身もっと勉強したいと思っております。
そのために、もう1点ご教示ください。有休は労働義務のある日にのみ取得が認められるものということは、バイトのように、好きな日を申告して勤務させること自体がおかしいという理解でよろしいでしょうか(1日8時間、週40時間が遵守されている前提でお尋ねいたします)。労働義務のある日=本人が選んだ「好きな日」=勤務予定のあった日に休みを取る場合、有休取得となるのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/20 09:38
  • ID:QA-0090665

人事・経営コンサルタント

再契約

月200時間という契約は違法であり無効です。残業を前提とした契約はできません。
ただちに適法な雇用契約にし、有休も他社員と齟齬のないものにすべきでしょう。

  • 投稿日:2020/02/20 18:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答くださり、ありがとうございました。
違法かつ無効であることを会社に報告し、早速再契約をすることについては了承を得ることができました。
適法な契約で、尚且つスタッフ本人が「失望」しないような内容はどういうものか調べるように指示がありましたので、私自身、もっと勉強を進めたいと思っております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/21 17:05
  • ID:QA-0090703

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「有休は労働義務のある日にのみ取得が認められるものということは、バイトのように、好きな日を申告して勤務させること自体がおかしいという理解でよろしいでしょうか(1日8時間、週40時間が遵守されている前提でお尋ねいたします)。労働義務のある日=本人が選んだ「好きな日」=勤務予定のあった日に休みを取る場合、有休取得となるのでしょうか。」
― ご認識の通りです。元々勤務予定の無い日に有休を取得することは休日に重ねて休暇を取る事と同じであって論理的に不可能ですので、当人の希望があっても認められません。

  • 投稿日:2020/02/21 21:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

丁寧に分かりやすくご説明くださり、ありがとうございました。とても勉強になりました。本来は労務の実務に精通した方を採用できればよいのですが、その余力もない駆け出しの会社のため、大変助かりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
アニバーサリー休暇
アニバーサリー(anniversary)とは、英語で「記念日」の意味。企業が社員の休暇取得を促すために、本人や家族の誕生日、結婚記念日などの記念日およびその前後の日を休暇とする制度を「アニバーサリー休暇」と呼びます。(2011/6/27掲載)
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY Web採用説明会でエントリー30%UP
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...