企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

毎月大幅に勤務時間が変わる方の保険加入について

アルバイトスタッフさんの保険加入につきまして、
繁忙期には加入条件を十分に満たす時間数就業し、
閑散期には場合によっては保険料を給与天引きできないほどに出勤時間が
短くなるスタッフさんがいらっしゃいます。

ちなみに繁忙期は3-4月と9-10月の連続した2か月です。

この場合、加入条件を満たした月のみ保険に加入し、
満たせない勤務時間の場合には喪失というように加入と喪失を繰り返しても大丈夫なのでしょうか。

投稿日:2019/10/21 18:44 ID:QA-0087859

0458229さん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、限られた特定の月のみ労働時間数が多くなるといった場合ですと、社会保険に関わる法定の所定労働時間要件を満たしている状況とはいえないものと考えられます。

従いまして、加入要件を満たさないものとしまして現状非加入で差し支えないものと考えられます。

投稿日:2019/10/21 20:51 ID:QA-0087865

相談者より

ご回答ありがとうございました。

参考にいたします。

投稿日:2019/10/23 09:47 ID:QA-0087877大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/ 

社会保険の被保険者となるためには、1週の所定労働時間および(又は、ではない)1か月の所定労働日数が、通常の労働者(正社員等)の4分の3以上という明確な基準(4分の3基準)を満たさなければなりません。

したがいまして、保険料を給与天引きできないほど出勤時間が短くなるからということではなく、あくまでも4分の3基準を満たしているか否かで考える必要があります。

満たすか、満たさないかのギリギリのラインであれば、裁量の余地もありますが、保険料の天引きもできないといった状況下において、基準を満たしていないのが明らかであれば、満たした月のみ加入し、満たさない月は喪失とすることで、問題はありません。

投稿日:2019/10/22 08:43 ID:QA-0087867

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2019/10/23 09:54 ID:QA-0087879大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

雇用契約次第

▼繁忙期だけの雇用、つまり、季節労働者なら、その都度加入・喪失となりますが、繁閑はあっても継続雇用であれば、週20時間以上の勤務、年収106万円以上など、5つの条件を満たしているなら社会保険の継続加入対象になります。
▼5つの条件とは、次の通りです。
① 週の所定労働時間が20時間以上であること
② 賃金月額が月8.8万円以上(年約106万円以上)であること
③ 1年以上の使用されることが見込まれること
④ 従業員501名以上(厚生年金の被保険者数)の勤務先で働いていること(*2)
⑤ 学生でないこと

投稿日:2019/10/23 09:28 ID:QA-0087876

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2019/11/13 10:03 ID:QA-0088378参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
健康保険組合の加入について
現在政府管掌の健康保険に加入しています。組合保険に加入する方法を教えてください。 (加入条件、メリット、加入先など) ちなみにコンピュータの周辺機器を取り扱っている会社です。
健康保険 加入日について
健康保険の加入について質問です。 11/15に前会社を退職し、11/16付で当社に入社した社員がいるのですが、 自分で11/16~前会社の任意継続保険に加入していました。 「11月分は自分で保険料は払ってきたから12/16~会社の健康保険にいれてください」 と言われました。 通常なら11/16付で...
パートタイムの社会保険・雇用保険の加入資格
パートタイムの社会保険加入資格は一般社員の4分の3以上、雇用保険は週20時間以上ですが、それを下回る場合、加入できるのでしょうか?加入できないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • いよいよ10月から施行!企業担当者が押さえておくべき 「年金一元化」の改正ポイント
    今まで共済年金と厚生年金に分かれていた公務員と会社員の年金は、平成27年10月1日、厚生年金に一元化(統合)されます。一元化による改正の影響は、制度が変わる公務員だけでなく、会社員にも及びます。今回は、会社の人事労務担当者にかかわりがあると思われる、いくつかの改正点をピックアップしました。
  • 通勤・業務における自動車管理の最新実態 ――マイカー通勤の許可条件、社有車に関する取り扱い
    公共交通機関が完備されていない地方の事業所や交替制勤務を行っている企業では、マイカー通勤に依存しているケースが少なくありません。そこで、『労政時報』ではマイカー通勤や業務上使用、社有車管理等の実態に関して「通勤と業務における自動車使用等の実態調査」を実施し、その結果をまとめました。
  • 2. アルバイト・パート雇用における労務上の注意点
    正社員もアルバイト・パートも労働者としての権利に変わりはない。アルバイト・パートの場合は、勤務時間や出勤日数が正社員よりも少なく、時給や日給といった給与形態が一般的だ。勤務条件が個々に異なるため、有給休暇の付与日数や社会保険の加入・非加入にも違いがあり、さらには扶養控除内での勤務も絡んでくるなど、き...
あわせて読みたいキーワード
厚生年金
厚生年金とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続きは企業が行い、保険料は企業と社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料を支払っていれば、一部が国民年金に回されるので、厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払う...
国民年金
「国民年金」とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。「日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方」は、全員が国民年金に加入する義務があります。俗にいう「第1号被保険者」の場合は保険料を自分で全額を直接収める必要がありますが、厚生年金に加入している場合は、保険料の一部が国民年金にまわされるた...
106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...