無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

社会保険に加入した方がお得な理由

一定の条件を満たす企業の場合、社会保険(健康保険・厚生年金保険)や労働保険(労災保険・雇用保険)といった公的保険に強制的に加入する義務があります。

加入するかしないかを、社長が判断することはできません。

しかし、現実的には、強制加入の義務がありながら、未加入の企業が存在します。

未加入の一番の理由は、保険料の会社負担の大きさです。労働保険料はそれほど大きくないですが、社会保険料はそれなりに大きな金額になります。

たとえば、20万円の賃金を払う場合、会社が負担する諸々の保険料は、25,000円弱位になります。社員が10人いれば25万円くらいの負担増になるわけです。

社員側にとっても、20万円から社会保険料の個人負担分を差し引かれると手取り金額が減ってしまうため、それを嫌がって保険に入らなくてもいいと考える方もいらっしゃいます。

会社側と社員側の双方で保険料負担を避けたいという思いが一致し、社会保険に未加入の状態が継続します。

これだけ先の見えない厳しい経営環境が続くなかで、保険料を負担したくないという社長の気持ちは良く分かります。会社がつぶれてしまっては、元も子もありません。

しかし、公的保険の加入には、経営面でそれなりのメリットがあります。今日は、企業が健康保険・厚生年金保険に加入するメリットのうち、私が特に大きいと考えているものをご紹介します。


1.健康保険・厚生年金保険に共通する加入メリット

加入メリットというより、良い人材を確保するための最低条件といってもいいかもしれません。応募者が就職先を決める際に、社会保険に加入しているかどうかは賃金と同じくらい重要な要件です。

社長が「良い人材が確保できない」「離職率が高い」などでお悩みの場合、社会保険未加入が原因となっている可能性があります。


2.健康保険加入のメリット

何といっても傷病手当金と出産手当金があることです。傷病手当金は病気や怪我で働くことができない間(最大1年半)、出産手当金は産前産後で働くことができない間について、だいたい賃金の3分の2が支給されるものです。

社員の方はもちろん、社長も病気や怪我で入院する可能性はあります。そのとき、会社からの賃金は0になったとしても、傷病手当金で3分の2がカバーできるのは非常に大きいと思います。


3.厚生年金保険加入のメリット

65歳以降にもらえる年金については、特筆すべきメリットはあまりないです。少なくとも、納めた保険料の合計金額を大きく上回るような年金額をもらえるような時代は、もう終わりました。

ただし、配偶者が専業主婦の場合は、現制度では優遇のメリットがあります。

配偶者の保険料が免除される第3号被保険者という制度によって、保険料は納めなくても将来の年金はもらえるというものです。これは大きなメリットだといえるでしょう。

現行制度で、仮に夫が厚生年金保険加入、妻が第3号被保険者のケースで、納める保険料と将来の老齢年金を試算すると、以下のようになります(年金額は様々な条件によって個別で異なりますので、あくまで概算の例として捉えて下さい)。


ア)厚生年金未加入の場合(国民年金のみ加入の場合)

毎月支払う保険料 ・・・1名14,980円×2名分=約3万円(平成24年度)

40年間で支払う保険料・・・約1440万円

将来もらえる年金額 ・・・1名約80万円(満額)×2名分=160万円

様々な条件を除外した非常に粗い計算ですが、9年で元が取れることになります。

イ)厚生年金加入の場合

毎月支払う保険料
(月給20万円の場合)・・・31,183円(平成24年度)
※企業と社員で折半
40年間で支払う保険料・・・約1500万円

将来もらえる年金額 ・・・夫130万円+妻80万円=210万円(概算)

これも様々な条件を除外した非常に粗い計算ですが、8年で元が取れることにな
ります。


以上3点のメリットを紹介させて頂きました。

もし、御社がまだ社会保険に加入していない場合、上記メリットや今後の発展のためにも、是非加入を検討された方がいいと思います。

「そうはいっても、やはり保険料負担が大きいなあ・・・」という場合、賃金水準の見直しで対応することが考えられます。たとえば、現在社会保険未加入で30万円支払っているなら、社会保険の会社負担分を含めて30万円以内に抑えるように、賃金を見直すのです。

社会保険加入のメリットをきちんと説明すれば、社員の方にも必ず理解してもらえるはずです。

賃金水準見直しの具体的な方法については、お気軽にご相談頂ければ幸いです。
御社が次の新たなステージに上がるのをサポートさせて頂きます。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 法改正対策・助成金
  • 労務・賃金
  • 安全衛生・メンタルヘルス
  • 人事考課・目標管理
  • ロジカルシンキング・課題解決

「人事評価問題」「未払い残業問題」「パワハラ問題」「労働組合問題」を専門とする中小企業診断士・社会保険労務士です。

人事制度(等級制度・評価制度・報酬制度)改革や、目標管理制度を絡めた経営計画策定支援、就業規則等の各種規程作成支援等を通じて、労務トラブルを未然に防止し、経営者と従業員の双方が気持ちよく働ける環境づくりを支援します。

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)(ヒノ マサノリ) 代表取締役

樋野 昌法(中小企業診断士・社会保険労務士)
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

新規事業をスケールアップさせるポイントと推進体制

タナベコンサルティング ストラテジー&ドメインコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

新規事業をスケールアップさせるポイントと推進体制 新規事業開発の目的は、当然ながら新たな収益の柱を確立することや企業価...

2024/05/28 ID:CA-0005378 新規事業開発

敬意を持って学ぶ姿勢 │ 心構えひとつで学びの深さが増す

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

私は、多くの次世代リーダーを育成する研修講師を担当しています。 そして、先日、その9期生になる新しいメンバーを迎えて、2...

2024/05/27 ID:CA-0005375 コミュニケーション