企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14592件   回答数31008

制度説明会は業務時間でしょうか?

いつも大変勉強になっております。

このたび弊社では給与規定を含む人事制度の改定を実施することになりました。
来年の四月から改定となるので、対象となる正社員に対して説明会を実施することしたのですが、
ポジション勤務の従業員が殆どとなるので通常の勤務時間中には集まってもらうことが出来ません。

1日3回(午前中・日中・夕方)約1か月の期間で複数回(20回)の説明会実施を予定していま
すが、ポジションに穴をあけずに参加してもらうには、通常の勤務時間前(早出)勤務後(残業)
休日出勤での参加しかないのでは?と考えています。

重要事項ですので、全正社員に参加させるべきですし当然業務時間だと思うのですが、管轄部署の
営業部長はそれでは人件費が嵩む。自由参加で良いのでは?と言い出しました。

会社の決めで良いことなのでしょうか?
自分の中で今一つ腑に落ちず、アドバイスいただけましたら幸甚です。

  • かちょさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2019/08/19 15:16
  • ID:QA-0086195

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/08/19 18:20
  • ID:QA-0086210

人事・経営コンサルタント

選択肢

ポジション勤務の内容が不明ですが、勤務条件変更のような重要事項は業務の一環として周知徹底しないと、会社の説明責任を問われる恐れがあります。不利益変更などであればやはり業務として説明すべきです。
定時での時間設定が不可能なのであればやはり時間外で残業か早出で対応。説明のために業務時間を通常とは別に設定できるなら時間外手当は不要になります。良いとこだけとるのは無理なので、いずれか選択するしかないと思います。

  • 投稿日:2019/08/20 10:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

増沢先生 ありがとうございます。

通常業務の時間外として説明会に参加してもらうように徹底いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/08/19 21:03
  • ID:QA-0086220

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、勤務に関わる重要な改定事項の説明ですし、度々発生するような事柄でもございませんので、出席者につきましては労働時間扱いされることが必要といえます。

但し、きちんと従業員が理解出来る詳細資料を作成し配布されるならば、業務時間外である事からも参加の要請はされた上で結果としまして欠席される方が出ても差し支えはないものといえるでしょう。勿論、その際欠席者に関しましても後日質問等が可能となるよう配慮される事が必要です。

  • 投稿日:2019/08/20 10:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部先生 ありがとうございます。

詳細資料は全社員に配布いたしますので、やむを得ず不参加となる社員に対しては後日対応する旨も周知することといたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 働くパパママ育休取得応援奨励金
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。



「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...