企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14932件   回答数32025

法定休日と法定外休日の振替

弊社は日曜を法定休と就業規則に定めており、
36協定で、法定休出勤回数は2回までと協定しております。

そんななか、法定休出勤回数が3回を超える社員がちらほら出てしまっています。
以前にも相談させていただいたのですが、
ひとつの解決方法として、

「法定休と法定外休を事前に振替える」ことを考えたのですが、

こんなことが可能なのかご意見いただけますでしょうか。

ほとんどの社員は2回以内におさまっており、
少数の社員が年に延べ数回程度、法定休出勤3回を超える現状です。
就業規則を変更して法定休の曜日を変えたり、
36協定で出勤回数の上限を上げたりすると、ほかの社員にも影響が出ます。
そうではなく、
該当者が出てしまう場合のみ、都度上記対応できればと考えております。

よろしくお願いします。

  • 投稿日:2019/07/22 13:27
  • ID:QA-0085733

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/22 17:59
  • ID:QA-0085740

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、振替につきましては労働日と休日との間で行われるものであって、休日間で行われる性質のものではないといえるでしょう。振替休日の場合とは異なり事実上何の制限もなく自由に行えますので、そのような措置については法定休日自体を否定する行為になるものといえます。

対応としましては、ごく少数の社員だけという事ですので、就業規則における休日の定めにつきまして、日曜法定休日はそのままにされた上で、但し書きで業務の都合により別の曜日とする場合がある旨を付け加えられるとよいでしょう。そうすれば、該当する社員のみ事前に法定休日の曜日を変更する事で協定違反を回避出来ますし、今後他の社員で同様な事態が予測される場合でも対応が可能となるものといえます。

  • 投稿日:2019/07/23 10:50
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

①「法定休と法定休日を振り替える」
②「就業規則但し書きに『業務都合により法定休を別の曜日にすることもある』と書いたうえで、別の曜日に法定休を取らせる」

これらは実質的にどう違うのでしょうか?
①はできないが、②の対応なら可能とご回答いただいたかと思うのですが、②も「振替処理」をしているに過ぎないとも感じます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/07/23 07:32
  • ID:QA-0085751

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

休日の振替というのは、労働日と休日を入れ替えることを指しているのであって、法定休日と所定休日間での振替という発想は労基法にはありません。

通常は、こういう場合、新たに法定休日出勤日を増やす協定を結び直し、監督署に届け出ることで対応するのが一般的ではあります。

36協定で出勤回数の上限を上げたからといって、その回数分、必ず出勤しなければいけないということではなく、あくまでもその範囲内でと捉えれば問題はありません。

ただし、その方法は回避したいということであれば、就業規則を改定し、「業務の都合により会社が必要と認める場合は、あらかじめ前項の法定休日を他の日と振り替えることがある。」といった旨の定めを追記することで、対応は可能となります。

  • 投稿日:2019/08/06 15:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

36協定の休日出勤回数は増やさない方向で、検討したいと思っています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/23 11:46
  • ID:QA-0085760

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、
②の「別の曜日に法定休を取らせる」というのが「残業が発生する際に都度別の曜日に変える」というやり方でしたら、おっしゃる通り振替という意味合いと何ら変わらないでしょう。

これに対し私が回答申し上げた件については、そのような突発的な曜日の変更ではなく、日曜休日勤務が多くなる可能性がある社員については当初から法定休日の曜日自体を変えておくという意味です。そうすれば、当該社員につきましては都度振替等といった方法を採られること無しで元から法定休日ではない日曜の勤務を協定に違反することなく命じることが可能となります。

  • 投稿日:2019/08/06 15:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
なるほど、そういうことですね。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/23 15:20
  • ID:QA-0085763

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

事前に振替えると明記しておけば、可能ではあります。
ただし、同一週内に1日の休日があるように留意する必要があります。

その他、法定休日を特定しないという選択肢もあります。

賃金計算の簡易化等を考慮すれば、特定した方が望ましいとはいえますが。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
法定休日出勤回数
・法定休:日曜日、法外休:土祝 ・36協定における、法定休日出勤可能回数は月2回 弊社では上記のとおり、法定休を日曜日と定めていますが、業務の都合上、月に3回以上日曜出勤する場合があります。ただし、その場合でも土曜日は休めており「4週4休」は守れていることが確認できています。 この場合、36協定に...
就業規則の届出について
弊社は社員数300名強。全国に数十箇所の支店を持っていますが、それぞれの支店は社員が10名おりません。 このような場合でも、すべての事業所で就業規則の届出を行なわないといけないのでしょうか?
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/12
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...