企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14452件   回答数30697

労働協約の記載内容について

いつも大変参考にさせていただいております。
表題の件について、ご教示のほどお願いします。

弊社では、長らくほったらかしにされていた労働協約(総則から始まり、
労使協議のルールや労働条件などをまとめた形式のもの)を見直ししようという話になり、
現在見直し作業に取り掛かっております。
実際に見直し案を作ろうとすると、総則や労使協議などの組合とのルールの部分を除いて、
人事や労働条件などの部分は就業規則とほとんど同じ内容になりそうです。
就業規則を改定する際は常に労使で協議して協定を結んでいますが、
そのたびに労働協約も改定となると、就業規則と労働協約の二つを同じように
改定していかなければならなくなり、二度手間になるのではないかと思っております。

ここで質問です。
労働協約の中身は労使で自由に決めてよいとは思いますが、
就業規則と同じ部分については「就業規則による」とすると、何か懸念事項はありますでしょうか。
また、見直し後のメンテナンスも含めて、何か良い方法があればご教示いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

  • Kjellingさん
  • 静岡県
  • 化学
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2019/07/22 11:46
  • ID:QA-0085731

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/07/22 17:42
  • ID:QA-0085738

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働協約は労働組合を通じて労働者側の集団的な意思が直接反映される文書になりますので、その効力は極めて強く、法令の次に優先されるものとなります。すなわち、その内容が就業規則と異なる場合ですと、労働組合員に関しましては就業規則ではなく労働協約に定められた内容を優先して適用しなければなりません。

従いまして、現行の労働協約内容が遵守されておらず就業規則に基づく労務管理が行われているとすれば違法な措置となりますので、直ちに組合側と協議し是正される事が必要です。

その際ですが、労働協約につきましては就業規則と異なり具体的内容に関わる法定の記載事項は定められておりませんので、就業規則によるといったような委任規定を置かれても差し支えはございません。

  • 投稿日:2019/07/23 08:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございます。

就業規則より労働協約が優先されることは知っていましたが、
労働協約があまりにも古かったため、違法状態という認識は欠けておりました。

いただいた回答を参考にさせていただき早速組合と協議していきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
労働契約法
厚生労働省が制定を目指している新たな労働法制。労働条件を決める際の基本的なルールや手続きを明確にすることで、多発する労働契約や解雇をめぐる労使紛争を防止する狙いがあります。
服務規律
服務規律は、企業秩序の維持を図るために社員が遵守すべき義務やルールを定めたもの。就業規則に、労働条件などと並んで明記されるのが一般的です。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...