企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14899件   回答数31934

社員駐車場の確保について

 2017-1-7に同様の相談があり、マイカー通勤のための駐車場の確保には会社は責任が無い旨先生方よりご回答がございました。当社は就業事業所と駐車場敷地が明確に区分されておらず、同一事業所内に駐車場エリアがあります。事業所は子会社を含め900人程度就労しています。
 近年派遣社員の人数も増え、時短の女性正社員が出社する時には駐車スペースが足らず、事業所内の道路に駐車する場合もあります。ここはフォークリフト等も行きかうため危険行為となります。また人事異動により他事業所から転属された社員に駐車場の余裕はないということは現実的に納得されません。
 駐車場の規程はありませんが、通勤距離2km以内の社員は、マイカー通勤を禁止しており、これはルール化され徹底されております。
 また会社に責任がないということで新規や異動の社員に、社外の駐車場を自己負担せよとは、労働組合が承服するとは到底思いません。
 たとえば、①距離制限を2km⇒3kmにして、これに該当してしまう社員は車通勤を認めないが別途通勤手当を加算するという、手当で解決する方法はいかがでしょうか。時限措置もあるかもしれません。
②派遣社員の車通勤を禁止するということは、かなり混乱を招くためこれは避けたいと思います。
③会社に事業所の敷地整理をして駐車場を確保する工事をすることは多額の経費がかかり提言できません。

※会社の近くに公共交通機関がないため苦労します。労働組合や社員とぶつかってでも今の現状を見直すか。今後の社員には理由を問わず権利を与えないか。かなり強硬な対応となります。
それとも巡回する通勤バスを設置しなければならないのでしょうか。
現実的な対応策をご助言いただきたくお願いいたします。

  • 投稿日:2019/05/13 18:28
  • ID:QA-0084306

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/05/15 10:16
  • ID:QA-0084337

人事・経営コンサルタント

判断

たいへん難しいご状況と拝察いたしますが、人事問題ではなく経営問題として取り組む課題かと思います。要は従業員確保に駐車場が欠かせないにもかかわらず、スペース足りないという状況は、事業運営に欠かせない資源が足りない状態です。
社員の努力で何とかなるのであれば対処の可能性もあるでしょうが、ご提示の状況では会社の経営判断が必要なのではないでしょうか。整地されていなくともスペースが確保できれば解決できるのかなど、公共サービスがない場所の地価がどの程度か不明ですので具体的には申し上げられません。

「通勤バス」は現実的ではありますが、通勤対策が経営に欠かせない条件である以上は経営構造自体に問題があり、人事課題に矮小化されるべきではないと思います。

  • 投稿日:2019/06/19 08:12
  • 相談者の評価:参考になった

当初考えていた頃より難題だと認識しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/05/15 23:17
  • ID:QA-0084363

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特殊な交通事情及び御社組織の事情が絡んでいますので、この場で確答は出来かねる旨ご了承下さい。

このような複雑な問題への対応につきましては、まず社内人事担当での詳細検討はもとより、労働組合とも真摯に協議を重ねられ双方の妥協点を探る事によって打開策を見い出すことしかないといえるでしょう。

組合側としましても、問題がこじれて従業員の退職等になればかえって打撃を受けることになりますので、無理を押して強硬な主張を続けるとまでは考え難い(仮にそうであれば、駐車場問題以外で労使関係が悪化している事に問題がある可能性が高いでしょう)ものといえます。

その際、何よりも重要な点は文面にもございます通り安全確保になりますので、そうした観点も踏まえ御社の経営事情もきちんと説明された上で時間はかかっても話し合いでの解決を図られるべきです。どうしても対応が困難の場合には、お近くの労務問題に精通した弁護士にご相談される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/06/19 08:13
  • 相談者の評価:参考になった

弁護士に相談となると大変ですが、ン傾斜の幅を広げ、解決に向け議論していきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
通勤途中に不審者
通勤途中に不審者にあったと相談をうけた場合、会社は何か対処することがありますでしょうか?
自家用車での通勤について
お世話になっております。 従業員の車での通勤について質問いたします。 弊社の規程では車通勤は認めておりません。 しかし、この度、通勤が不便な場所へ出向いて作業する社員がおります。 その社員だけ例外的に自家用車での通勤を認めるつもりでおりますが、 その際に必要な手続きや留意点等をご教授下さい。 宜し...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/07
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...