企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

契約期間が連続しない場合の有休付与

いつもお世話になりありがとうございます。
弊社では、全国に売場があり、商品の販売をしております。

基本は正社員で運営しておりますが、以下のような事情で
週の所定就業時間が少ないアルバイトの方にもご勤務いただいています。
 ・社員の退職で人員欠員の場合、
 ・社員の育児短時間勤務で人員が足りない場合
 ・セールなど特別なイベントの応援

アルバイトの方の契約は半年契約である事が多いです。

社員の入社が必要な時はアルバイトの方からお声掛けしており
ますが、短く勤務したいと希望される方も多く、調整がつかない
場合は他から社員を採用し、アルバイト契約を終了することもあります。

契約を終了しても、場合によってはまた別の店舗で契約をしてご勤務いただく
こともあります。

例えば、半年契約を繰り返していた人の契約をこれ以上出来なくなり
契約を終了した場合、半年後に条件が整いまた契約を始めるようなケース
は、勤続は一旦リセットされたとして有休付与を考えてよいものでしょうか?

他の投稿を見ていますと
「継続勤務に関する一般的な考え方は形式ではなく実態を優先」という回答
なのですが、どのように考えたらよいか、腑に落ち切らないでおります。

例えばですが・・・
無期雇用の勤務の通算のクーリング期間の考え方をあてはめ
  通算契約   、    クーリング期間
  2ヶ月以下         1ヶ月以上
  2ヶ月~4ヶ月以下     2ヶ月以上
   :              :
  10ヶ月超え        6ヶ月以上
のように、、
契約期間通算10ヶ月を超えている場合は、6ヶ月無契約期間があった場合
勤務の通算リセット、有休の勤務年数の考え方もリセット

という運用は可能でしょうか?

大勢の方にご勤務いただき、マネジメントする人間も多くおりますので
特殊なケースは個々に判断することがあったとしても、ある程度の
ルールは決めて運用したいと考えています。

無期雇用の契約年数の通算と考え方を合わせると、ある意味わかりやすい
と思うのですが・・

簡単に人を切っているといった運用はしておりませんが、短い働き方の
方の出入りは比較的発生しますので質問させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。

  • 新井 淳子さん
  • 京都府
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/02/14 17:04
  • ID:QA-0082402

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/14 20:32
  • ID:QA-0082404

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り継続勤務については実態を優先されるべきですが、たとえ空白期間が短くても意図的なものでなくたまたま再雇用の必要性が生じ当人の希望とも合致した結果ということでしたら、実態としましても継続ではなく新たな雇用契約と考えられます。

従いまして、無期雇用のクーリング期間の要件に当たらなくとも全て新規入社の年休付与とされても差し支えはないでしょうが、仮に同じ労働者についてこのような短期間での雇用終了→再雇用を何度も繰り返すようであれば、やはり実態としまして継続雇用と同様に扱われるのが妥当といえますので、そうしたクーリングルールを準用されてもよいでしょう。

  • 投稿日:2019/02/15 13:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部先生
早急にお返事いただきありがとうございます。
人によって取り扱いが違うと、それはそれで平等ではありませんので、無期雇用のクーリング期間で運用しつつ、特殊ケースは個別に対応していくように致します。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/15 13:27
  • ID:QA-0082422

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

有期契約の有休付与についての勤務継続については、「実態に即して判断」し、間隔が空いたとしてもそれだけで当然に継続言勤務が中断しないというガイドラインがあります。

いいところに着眼されたとは思いますが、無期転換ルールとは目的も異なりますので、
実態で判断することですので、一定のクーリング期間があればいいということでもありません。

  • 投稿日:2019/02/15 17:12
  • 相談者の評価:参考になった

小高先生
ご回答をいただきありがとうございます。
「間隔が空いたとしてもそれだけで当然に継続言勤務が中断しない」実態で判断する。
というのはごもっともだと理解しております。
一定のルールを設けて運用しつつも、実態にも目を向けてうんようするようにしたいと思います。
大変ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
日をまたいでの退職日について
例えば深夜の契約で23時から朝の7時までの勤務契約をむすんでいる場合、11/22付け退職の場合は21日の夜23時から次の日の朝7時まででないとまずいでしょうか。それとも契約書を結んでいる限り22日の勤務終了の(実際には23日の朝でよろしいでしょうか)よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/07
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...