企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

職務給におけるモチベーションアップについて

現在、給与体系の見直しを行っており、同一労働同一賃金の流れを考慮して職務給の体系への変更を検討しております。
その中で、以下の点を背景とした給与の固定化を懸念しています。
①ポストが限られているため、昇進できない場合ベースアップ以外での昇給が難しい。
 →とは言えベアで多少なりともインパクトを出すには、かなり原資が必要なのでそれも大変。
②下方硬直性から、給与の変動を伴うジョブローテーションが難しい。

給与の固定化によるモチベーションダウンを避けるためにも、(基本給は職務給として)賞与等で成果に対するインセンティブを与えようかとも考えています。

給与は衛生要因なので当然モチベーションアップにはつながりにくいとは思いますが、職務給を活用したモチベーションアップの施策などあればアドバイスをいただけないでしょうか。

投稿日:2018/07/31 15:30 ID:QA-0078123

あかいひのまるさん
東京都/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

給与とモラール

かなり大きな課題ですが、人事政策の本質に関わる部分ですので私見ながら講演やインタビュー等でお話ししていることを申し上げます。
>給与は衛生要因
たいへん重要な視点です。私も全く同じ認識で、今検討されているボーナスでの処遇は貴社環境では数少ないモチベーションアップになる手段でしょう。この際、その効果を高めるだけでなく、本来のモチベーションの源泉である達成感をいかに感じてもらえるかが重要です。
達成のためには必ず目標設定が必要ですので、画一的なものだったり、効果測定が難しいような目標ではこうした成果が出ません。また目標設定は本人と上司の真剣勝負ですので、それだけ真の管理能力が問われます。プレーヤーとしての成果はあっても管理者能力に疑問がある社員をしっかり認識して、全社的な目標管理体制とともに新給与システムを導入されることをお勧めいたします。

投稿日:2018/07/31 16:31 ID:QA-0078129

相談者より

回答ありがとうございます。
MBOに対する問題意識は私も認識しており、考課者教育はじめ導入の難易度はかなり高く感じています。目的に合致するかはさておいて、正直なところ完全業績連動型の賞与の方がやりやすいなあと、MBOに対しては及び腰です。

投稿日:2018/07/31 17:30 ID:QA-0078130参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、単一設定型の職務給であれば業績の良し悪しに関係なく同じ職務であれば同じ額の給与ということになりますので、モチベーションの低下は避けがたいでしょう。

しかしながら、職務給であっても例えば同一職務におきまして一定の給与幅を設定し評価によって昇降給を実施する事は可能になります。いわゆるブロードバンド型の賃金と呼ばれる制度です。同一労働同一賃金に基づく給与制度であっても、評価によって差がつくことは別の問題ですし特に差し支えございません。

勿論、業務内容や運営状況によりましても様々な方策が考えられますので、どのような制度設計が最適であるかまでは申し上げられませんが、少なくとも余程細かく実際の職務内容を区分されない限り、原則給与変動のないタイプの固定型の職務給制度は避けられるべきといえます。

投稿日:2018/07/31 19:40 ID:QA-0078132

相談者より

回答ありがとうございます。
同じ職務等級にあっても幅を持たせるということだと思うのですが、同一等級内の昇給の根拠は何になるのでしょうか?能力の伸長度や役割期待度などを根拠としたら、職能給との差があまり無いように感じてしまいまして・・・。

投稿日:2018/08/17 17:42 ID:QA-0078417参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
職務給と役割給の違い
職務給と役割給の違いをできるだけわかりやすく解説してください。
職務給と役割給の違い?
職務給と役割給の違いが参考書等を読んでも、職務給が職務分析をして詳細にグレードを区分するのに対して役割給は詳細でないという具合で今一つわかりません。ついては、わかり易い説明をお願いします。
給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 4.モチベーション・組織活性化研修の企画・導入のポイント 
    モチベーション研修、組織活性化研修を導入する際、最大限の効果を上げるために踏まえておきたい4つのポイントを解説。
  • 1. モチベーション研修・組織活性化研修とは
    「モチベーション」は一般的に、「やる気」や「動機づけ」と訳される。モチベーションが個人のアウトプットや生産性に大きく影響するが、個人の集まりである組織でも同様だ。では、一人ひとりのモチベーションを高め、組織を活性化させていくためには、どうすればいいのか。その考え方と具体的な方法であるモチベーション研...
  • 2.モチベーション・組織活性化をめぐる近年の傾向 
    社員のモチベーション向上が経営上の重要テーマとなっているが、多くの日本企業では「モチベーションクライシス」と呼ばれる状況が発生している。右肩上がりの成長が見込めない中、社員はモチベーションが保てず、生産性が著しく低下している。この章では、こうした日本における現状を解説する。
あわせて読みたいキーワード
モチベーション
組織の活性化や目標達成に向けた原動力となるのが、社員一人ひとりのモチベーションです。人事担当および経営層は、モチベーションに影響する要素を理解し、これを事業運営に生かしていくことが求められます。ここでは、モチベーションを構成する要素や低下する要因、向上させるための具体的な方法、事例を説明します。
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
衛生要因・動機付け要因
アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグ(1923―2000年) が、モチベーション理論の中で定義した、人のやる気を構成する2つの要因のこと。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/28
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。