企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ベースアップ ベースアップ

物価の上昇や賃金相場の変動に合わせて会社の賃金テーブルを書き換え、全社員の賃金を一律に引き上げることをベースアップ、略して「ベア」と言います。ベアの引き上げ幅について労使間で交渉する場が「春闘」(春季生活闘争)。かつてベアは慣例のように行われてきましたが、現在ではデフレ経済の進行によって物価が上がらなくなっていること、企業間の業績格差が広がっていること、成果主義の賃金制度を導入する企業が増えたことなどから、春闘による業界横並びのベア要求は難しい環境にあります。
(2010/2/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベースアップのケーススタディ

「2010年デフレ春闘」ではベアより定昇
賃金凍結は景気の二番底を招く恐れも

賃金改定による昇給には、大きくベースアップと定期昇給(定昇)の二つがあります。労使交渉の結果によって、全体の賃金水準を一律に引き上げるのがベア。個人の年齢・勤続年数と賃金額との相関関係を表した賃金カーブに従って賃金が上がるのが定昇で、改定の額や率は各企業固有の賃金制度によって定められます。

2010年1月26日、日本経団連と連合の首脳懇談会が開かれ、10年春闘がスタートしました。前回の09年春闘では、物価上昇を背景に連合が8年ぶりの統一ベア要求を打ち出しましたが、08年秋以降の世界的経済危機のあおりで、自動車や電機などの主要労組では軒並みベアゼロ回答に終わりました。そればかりか、一部の電機大手では春闘妥結直後に定昇凍結を余儀なくされる異例の展開となりました。今春闘では、連合はベア要求を断念する代わりに定昇確保を掲げる現実路線に転換。こうした方針を受け、春闘のリード役であるトヨタ自動車労働組合も早々に5年ぶりのベア要求見送りを決めました。

しかし経団連側は賃金よりも雇用確保を優先し、定昇の凍結やカットも辞さない姿勢を打ち出しています。企業にとっては無理な賃上げをすれば、雇用者数の減少につながり、失業率の悪化を招きかねません。景気の先行きが厳しく“二番底”の懸念も高まるなか、賃上げは難しいのが現実でしょう。かといって、定昇の凍結など賃金の抑制傾向がさらに強まれば、消費は低迷し、企業収益の悪化へとつながります。さらなる賃下げ、物価の下落へと連鎖する「デフレスパイラル」に陥る心配もあります。

連合の古賀伸明会長は「給料の高い団塊世代の退職で、企業の人件費負担は下がっている。定昇は維持できるはずだ」と指摘しています。定昇維持を巡って、労使交渉は例年以上に難航するものとみられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

春闘
毎年春に各産業の労働組合が経営側に対し、一斉に賃上げ(ベースアップ)などの労働条件改善を要求する運動のことです。最近、日本労働組合総連合会(連合)は「春季生活闘争」、日本経団連は「春季労使交渉」と呼ぶようになりました。バブル崩壊後は賃上げが難しくなり、労組側の要求は雇用維持や労働時間の短縮などにシ...
ストライキ
労働条件の維持、向上などのために労働者が集団的に業務を停止すること。ストライキ権は団結権、団体交渉権とともに労働者の基本的権利に属します。労働組合法では、正当な争議行為については犯罪として処罰しない、損害賠償の義務を負わない、不利益取扱いを受けないと3つの保護を与えています。
バンド型賃金制度
「バンド型賃金制度」とは、職務別あるいは役割別に一定の賃金範囲=バンド区分を設定し、社員それぞれの賃金の額を、本人が属するバンドの範囲内で評価に応じて変動させる賃金制度のことです。バンド(band)は「帯」の意味で、上限額から下限額まで幅をもたせた帯状の賃金構造を指します。成果主義型の給与体系を設...

関連する記事

楠田丘さん 「日本型成果主義」の新しい賃金システム
新旧のシステムのいいところをミックスして、今の企業の実情に適した賃金システムを生み出せないものか。日本の賃金システム研究の第一人者であり、「職能資格制度」の生みの親でもある楠田丘さんにうかがいました。
2005/03/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
2012年賃上げの見通し―労使および専門家505人アンケート
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)が実施した『賃上げに関するアンケート調査』2012年の結果より、実際の賃上げ見通し、自社における2012年定昇・ベアの実施などについて取り上げます。
2012/02/20掲載人事・労務実態調査
2011年賃上げの見通し―労使、学識者451人アンケート調査
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、1974年から毎年、来る賃金交渉の動向を把握するための参考資料として、「賃上げに関するアンケート調査」を労・使の当事者および学識経験者を対象に実施しています。
2011/02/21掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

賃金台帳について
社員から自分自身の過去支払われた賃金を月ベースで見せてほしいという要求がありました。当然要求に答えるべきですか?よろしくお願いします。
管理監督者の休日出勤における賃金
年俸制の管理監督者の賃金の考え方について教えてください。 管理監督者の時間外労働・休日労働の割増賃金の支給義務は労基法第41条により適用除外となっていることは理解していますが、割増賃金を除く1.00の賃金は支給する義務はありますでしょうか? 労基法第24条の賃金の支払については適用除外されている...
賃金減給
アルバイトで不正を行ったものがおり、賃金を減給処分にする場合の注意点があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...