企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12755件   回答数26580

社員の休暇中のもらい事故

初めまして。
先日社員が、休暇中に自転車に乗っている際、車に後ろから追突され、二週間程度のけがと診断されましたが、
回復ができず、すでに一月になってしまいました。防犯カメラに映っていたこともあり、完全なる相手車両の問題が指摘され、相手の自賠責保険(任意は入っていない)により休業中の本人給料は、何とかなっています。
ですが、当社のような小さな会社では、代わりを見つけるのは、大変です。さすがに人員バランスが崩れた弊害がかなり出てきております。特殊な仕事で、会社サイドとしても、代替費用負担が苦しいだけでなく、私も現場と経営負担の両立が大きく負担となってきております。何か相手に対し、会社からの被害請求は出来ないでしょうか?今後の事もあり、このような社員休業中に社員が働けなくなった場合の会社の備えで、会社がつぶれないためのするための現在できる対応と備える保険などがあれば知りたいと思いここに記載させていただきました。
万が一、社員たちが同時に個人的な状況で、被害にあったとして働けない状況があったとしたら、小さなわが社では、到底対応しきれず、お客様にも迷惑がかかる上、それに伴う損害請求などあれば、つぶれる可能性が大いにあります。よろしくお願いします。

  • 投稿日:2018/02/14 00:44
  • ID:QA-0074866

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/02/14 11:27
  • ID:QA-0074876

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず会社から第三者に対する損害賠償請求の件は人事労務ではなく民事の問題になりますので、交通事故に精通した弁護士にご相談される事をお勧めいたします。

また任意の損害保険については経営上の補償に関するもの及び従業員の生活補償に関するものがございます。大手損害保険会社であれば、様々なプランが用意されているようですので、直接お問い合わせされるとよいでしょう。

そして、人事労務管理の観点から申し上げますと、休業中の短期代替要員確保であれば労働者派遣を利用するといった事も考えられます。常日頃から派遣会社と接触を図り何かあった際に素早く対応出来るようにされておくことも一つの方策といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/14 11:27
  • ID:QA-0074877

代表者

知恵の絞りだし、客先への理解、協力依頼等で乗切るしか道はない

▼ ご質問のポイントの流れを、次の通り理解致します。
「社員が業務外事故で長期欠勤」⇒「会社は代替要員を補充できず」⇒「損害発生」⇒「保険はあるか」
▼ このシナリオでは、保険対象は、「私傷病事由での欠勤者の不補充による会社の逸失利益の補填」ということになるでしょうが、「受益者としての会社の当事者性」と「不補充の任意性」の観点から、会社を受益者とするような保険商品は提供されてないと思います。
▼ 会社の厳しい苦境は、理解致しますが、矢張り、社内での知恵の絞りだし、客先への理解、協力依頼等で乗切るしか道はないでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/14 16:28
  • ID:QA-0074886

人事・経営コンサルタント

保険

ご状況はたいへんお気の毒と思いますが、保険でカバーできる、損害賠償を求めるのはかなり厳しいと思います。ただ絶対無理といえるだけの確証もありませんので、弁護士と相談の上、訴訟を考えるのは一手だと思います。

補充ができないスタッフということで、十分ご状況理解できます。しかしこれだけは組織の根本であって、仮に事故ではなくとも退職リスクが組織には常に存在します。欠かせないスタッフもいつか辞めることを前提に人事政策、経営を行うことが組織の危機管理だと思っています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
従業員数の記載について
いつもありがとうございます。 従業員数の記載について教えていただきたいのですが、  社員が3月31日付で退職する場合、その社員は 3月31日の社員数として含めるのか含めないのか 何か決まり事(慣習)はあるのでしょうか、 または会社が勝手に決めることでもいいのでしょうか。  お手数をおかけしますが...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
19卒採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...