企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15092件   回答数32451

昼休みの取り方、薬剤師の数について

ネットサーフィンしていたら参考になるサイトを見つけたので、はじめて投稿します。
調剤薬局のグループの一つの薬局の店長、管理薬剤師をしております。新規開店の店舗です。 
2つ質問あります。

1)昼休みとその中断を書き記してあるのですが、どの程度の中断だと労基違反になるのでしょうか?
とりあえず、例として一番中断した例を挙げます。
10:00-15:20投薬調剤
15:20-15:30休憩
15:30-15:35投薬
15:35-15:42休憩
15:42-15:50投薬、調剤
15:50-16:08休憩
16:08-16:12投薬
16:12-16:17休憩
16:17-16:50投薬
16:50-19:45投薬、調剤(残業も含む)
この日の予定勤務時間は10:00-19:00(休憩1時間)です。

2)新規開店ということもあり1年間はそれほど多くはなかったのですが、昨年12月から1日処方箋50枚を超える日が続いてます。昨日は99枚でした。いずれも、一人薬剤師です。
処方は整形、内科、歯科とどれも3-5種類の薬品の処方箋です。
40枚につき1処方箋につき一人の薬剤師は知っているのですが、このような状況がどのくらい続いたら、労基違反または法律違反になるのでしょうか?

  • 孝明マスターさん
  • 山梨県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/01/15 23:03
  • ID:QA-0074385

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/01/16 10:01
  • ID:QA-0074386

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず1)については、休憩を合計40分しか付与しておりませんので、違法な措置となります。労基法上労働時間が8時間を超える場合には1時間の休憩を与えなければなりません。

そして2)については、仕事量(処方箋件数)による規制は労働法令上ございません。規制はあくまで労働時間と賃金支払になりますので、たとえば仕事量が多くなった結果、法定労働時間の1日8時間を超えて勤務させたにもかかわらず時間外労働割増賃金の支払をされていないということであれば、たとえそれがごく僅かの時間であっても労働基準法違反となります。

  • 投稿日:2018/01/16 22:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

例えば、上長や勤怠チェック担当者にこの余った休み時間を翌日以降にとるようにと言われることがあります。これはなしなのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/01/16 11:27
  • ID:QA-0074388

人事・経営コンサルタント

労基法以外

1)8時間を超える労働では1時間の休憩が必須ですので、労基法に反しています。何よりぶつ切りで休みが取れていないように見受けられます。かなり劣悪な職場環境といえ、勤務継続が心配されます。
2)これは労働・人事マターではなく厚労省令ですね。労基法違反にはなりません。薬局許可の問題かと思いますので専門の役所等で確認されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2018/01/16 22:30
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。これは一番ひどい時の例です。続けて1時間取れる時もありました。
手帳に記録をしておきたいと思います。
2)については確かに厚生省令かと思います。そちらに質問してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/01/16 12:45
  • ID:QA-0074395

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

休憩の与え方

文面のような休憩の与え方では、休む時間や昼食事をとる時間もなさそうです。
また、休憩時間は原則として、あらかじめ指定する必要があります。

休憩は分割してもかまいませんが、10分、7分、18分、5分という状況では、単にお客さんが来ていない時間を休憩としているにすぎず、これでは、休憩ではなく、手待ち時間(=労働時間)とみなされる可能性が大きいでしょう。

  • 投稿日:2018/01/16 22:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。できる限り決まった時間を指定して、としたいtころですが、一人薬剤師なのでこのような休みになりやすいです。
一人薬剤師のところはどこも似た感じではないでしょうか?
今後の参考に、業務改善の提案にしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休憩時間について
いつも利用させていただいております。 さて、労基法では8時間超えの労働時間で1時間の休憩を与える義務があります。 その後残業時間が長くなった場合に休憩時間を与える義務は生じますか。 ちなみに当社では以下のように休憩を与えておりますが問題ありませんか。ご回答のほどお願いします。 所定労働時間:9時~1...
休憩時間について
労働時間が6時間超は45分間以上の休憩、8時間超は60分以上の休憩を与えなくてはならないのは承知しているのですが、例えば、9時から12時迄、13時から18時迄の所定内労働の8時間勤務後18時から引き続き22時まで残業した場合は13時以降に休憩時間を設けなければならないのでしょうか。13時から22時だ...
労基法の休憩時間について
労基法の休憩時間について教えてください。 労働時間を6時間超えた場合に少なくとも45分の休憩とあります。 以下のような場合、休憩時間とみなされますか? 就業開始~終了まで8:45~19:15 休憩時間9:00~11:15までで 11:15~19:15までの8時間は休憩なしです。 6時間を超えず...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

喫煙休憩
「喫煙休憩」とは、就業時間中に従業員が喫煙目的で席や持ち場を離れ、オフィスに設置された喫煙コーナーや戸外など、喫煙が許される場所まで移動して休憩をとることをいいます。受動喫煙防止をうたった健康増進法の施行(2003年)以来、社内禁煙・分煙の流れが強まり、喫煙者は肩身が狭い思いをしていますが、一方で多...
休養室
「休養室」とは、職場で従業員が急に体調が悪くなった場合などに休ませたり、救急車が来るまで待機させたりすることを想定して、事業場に設置する施設のことです。労働安全衛生法が定める労働安全衛生規則および事務所衛生規則において、「事業者は、常時50人以上または常時女性30人以上の労働者を使用するときは、労働...
名ばかり管理職
十分な職務権限を持たないにもかかわらず、肩書きだけを与えられて管理職とみなされ、残業代が支払われない従業員のこと。「偽装管理職」とも呼ばれています。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。